タグ別アーカイブ: 耐震補強

暖かい家に断熱リフォームを長野市で施工中

2018.12.22

暖かい家の断熱リフォームを長野市で施工中です。

築40年・50年の家でも断熱リフォームで暖かい家にする事が出来ます

【現状の住まい状況】

この頃造られた家はどなたの家も、冬の寒さ対策を考えて

造られておりませんでした。断熱材も土壁で他には有りませんでした。

一般的に冬の暖房は、ガスか灯油ストーブで、部屋ごとに寒しのぎをしておりますが、

これが家庭内事故死のヒートショックや結露の原因成りなります。

浴室等でヒートショックで亡くなる方は、全国で年間1万数千人おるそうす。

この様な事故死は、新聞等で報道されませんので殆ど知られておりません。

特に高齢者の方が住まわれているお宅では、冬の寒さ対策で寝室・廊下・洗面脱衣・

浴室・トイレ等暖かくするために、暖房費のランニングコストもかかります。

結露により、カビの発生やそれによるダニの糞等で、室内の環境も悪くなります。

長い目で見ますと、思い切って断熱リフォームをし家全体を暖めてしまった方が

お得に成るかと思われます。

【改修方法】

1.耐震補強に付きましては現在の耐震基準には及びませんので、断熱リフォームの施工と同時に

耐震診断をし、耐震補強工事も一緒に行いますので、その後は安心して暮らせます。

2.シロアリ腐食等による被害も、今迄施工した何棟ものお宅を見ましても、構造上大切な

柱の部分でほんの一部には被害は見えますが、他はどの部分も構造上の問題は有りませんので、

これからまだまだ現役で使用できます。

3.基礎補強は、地窓(通気口)の部分にクラック(亀裂)が多少有りますが、外断熱で施工の為

全てコンクリートで埋めます、布基礎も床下の防湿コンクリートで補強行されます。

4.外部は外断熱で施工の為、外周部から建物全体を断熱材で覆われますので、構造材が全て断熱材の

内側に成りますので、構造体にも良い影響を与えます。

5.結露防止も含め室内を換気する事で、室内外の空気が入れ替わり家の中全体が良い環境に成ります

築40年・50年の家、こだわりを持って造られた家は良い材料を使われております、解体して大量のごみにしてしまって良いのでしょうか、非常にもったいな話です。

その為、この様な改修工事を行いますと、国から長期優良住宅化リフォーム補助金も最高300万円が受けられます。

この寒い時期に一度断熱リフォームを検討されてはいかがでしょうか?

地中熱を使った断熱改修~木工事

2018.09.12

基礎工事が無事に終了すると、これから本格的に木工事が始まります。

耐震補強工事、サッシ枠取り付け、床張り、断熱の壁内通気、断熱材二重張りの屋根断熱、など

など木工事全てを大工さんが施工するようになります。

高気密・高断熱住宅の一番基本になる高気密の部分ですが、これは大工さんの腕と経験がモノを言います。棟梁の腕と経験なのです。

勿論、棟梁ばかりではなく、どの大工さんでも同じことです。

特に既存住宅を高気密・高断熱住宅にリノベーションする場合は解体(壊し)の部分から手を貸すようになります。

なぜ?・・これから自分の手で工事をしようとする建物は、自分の納得できるように、作業がやりやすいように解体しておく必要があるからです。

「あ~ここ壊されちゃったのか~」、というようなことがあっては、お施主様にとっても、作り手にとっても時間と費用の無駄になるからです。

DSC_0039 (2) DSC_0050

DSC_0037 DSC_0042

(土台と柱の補強金物)            (柱と筋交の補強金物)

既存住宅のリノベーション工事では耐震補強工事は最も重要なチェックポイントです。

部分的に土壁(既存の壁)を削り取り、補強金物を取り付けたり筋交いを足していきます。

(耐震診断のインスペクションを行い、強度の不足分を補っていきます)

タイガハウスのリフォーム事例が放映されました。

2017.07.03

先日、信越放送で放映されました当社のリフォーム事例です。

タイガハウスの「地中熱と太陽光の家」に築40年の家を

長期優良住宅化リフォームの対象建物です。

耐震補強と省エネ改修のすべての部分をクリアし

国からのお墨付きを頂き、補助金も満額対象になりました。

まずはご覧ください。

外観は一見余り変わりません

外壁の仕上げ シラス壁そとん壁

腰板 木調サイディング

屋根瓦 既存和瓦

長野市は耐震補強工事の補助金が増額されました。

2017.04.26

本年4月より、長野市は既存住宅の耐震改修工事の補助額が増額されました。

これにより、今後予想される大規模地震による住宅の倒壊等の被害を、

最小限に抑えようとする長野市の姿勢が感じられます。

昨年度までは、同じ耐震補強工事をされても、最高限度額が60万円でしたが、

今年度から一住戸あたり40万円が増額され、100万円になりました。

そしてさらに、所得に応じ20万円が上乗せされます。

申請手続等は昨年と同様のようです。

又、全国の既存住宅の耐震化率を平成32年までに95%をまでにする為、

税制特例措置による所得税額も最高25万円と固定資産税も控除されます。

「わが家も耐震補強しなくっちゃいけないかな・・」と多少不安に思っていたら

この制度を活用してみてはどうでしょうか・・。