タグ別アーカイブ: 省エネルギー

高気密・高断熱住宅で暮らす中で、体で感じること

2020.09.17

大賀でお仕事を始めて、
はや2か月が経ちました。

解体のお手伝いやお引渡し前のお掃除などで
現場にお手伝いに行かせていただく日もありますが、
やはり大賀の事務所で過ごす時間のほうが
多い中で、大賀の家の特徴を日々体感しております。

 

この前、シラス壁の効果について
体感したことをブログ内でお話させて頂きましたが(2020.8/29ブログ参照)
今日は、大賀の家の室温のことで体感したことを
紹介させて頂きます。

 

大賀のホームページ内で事務所の
1階部分のことを紹介している文の中で、
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違いが体感できる造りになっています。」
という一文があります。

 

これを読んで、
率直に、「すごいわかるっ!!」と
思いました。

 

大賀の事務所兼モデルルームに1階には
玄関ホール、事務所、洗面所・トイレ
リビング、キッチン・・・
あと、もう一つお部屋があります。

長野市 地中熱活用 高気密・高断熱

写真の左側の平屋が、一般住宅と同じ施工法で造られた一室になっている。

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱 リノベーション

床下に伝わった地中熱をファンで2階へ搬送しているのが視覚的に見える仕組み(玄関ホール左奥)

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱住宅

キッチン・リビング・廊下は、肌に優しいスギの無垢材を使用している。

大賀の事務所は、
高気密・高断熱住宅ですが、
唯一、一般の住宅と同じ施工法で造られたお部屋があります。↓

外断熱 高気密・高断熱住宅 地中熱

一般の住宅と同じ施工法でつくられた一室は、このドアの先にあります。

一日に何度か、そのお部屋に出入りするのですが
ほんとーーーーーーーっに!!
全然違うのですっ!!(声を大にして言いたい)

 

 

夏のとても暑い日も、外断熱による
高気密・高断熱の事務所やリビング等は、
外の暑さを忘れるぐらいの快適さなのですが、
その感覚のまま西側の、そのお部屋に入ると・・・。

差にびっくりします。 (*_*)←こんな顔になります。

最近涼しくなってきたので、
そんなに、びっくりすることも減りましたが・・・。

 

以前、ご自宅を高気密・高断熱住宅へと改修する前に
大賀にいらしたお客様は、真冬にその部屋に試しに入ってみたところ、
「寒いっ!!ここだけ自分の家と一緒だ!!」
と大笑いしながら、おっしゃっていたそうです。

 

長々と文章を書いてしまいましたが、
結局のところ何を伝えたいかと言うと
「大賀の家は、快適。」ということです。

 

欲を言えば、お客様にも
自分と同じように
大賀の家を体感して頂きたい・・・。

なかなか気軽には、
お出かけできない世の中になってしまいましたが、
大切な大切なお家を、建てようと
考えている方には、一度だけでも
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違い」を
ぜひ、体で感じて欲しいなと思います。

ご相談やご相談がございましたら、
ホームページ内
「お問い合わせ・資料請求」のページから
お気軽にお問合せください。(*^^*)

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

土壁解体!

2020.09.10

改修工事中のK様宅にて、
土壁の解体をおこないました。

 

8/24(月)には、窓を取り付ける為の穴を
開けるために外壁の土壁を一部分解体しましたが、
今回は、内壁の土壁の解体をおこないました!

 

もともと、仕切られていた壁を
解体し、2部屋を1部屋にするという
リフォームをします。
広々とした、1つのお部屋になる予定です(^^♪

 



こ、これは・・・

前回の解体した土壁の範囲の何倍もの大きさです!
「今日は、結構大変だよ~。」ということで
気合を入れて、いざ!!!解体です!

貫と呼ばれる、柱を横に貫いて、
柱と柱を結びつける部材を、
バールで土壁を削りながら探していきます。

ベテランになると、無駄なところを削らず
ほぼ一発で土壁で見えない貫を
見つけてしまうのですごいです!!

露出した貫を前回同様、
ギコギコとのこぎりで切っていくと
土壁がバコッと、外れました!

これが・・・↓

こうなって↓(社長が偶然写っていました(^^))

↑こうなりました!(*^^*)

視界が開けて、開放感のある空間になりました。

土壁の解体は、とても大変な作業ですが
解体をする中で、
土壁の構造などをすることができて勉強になります(^^

 

 

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

 

新築住宅の暖かい家は自然エネルギー利用で省エネを!!

2018.12.27

新築住宅の暖かい家」を長野で計画される方は、自然エネルギー導入で

省エネルギーの住宅が求められます。

【自然エネルギー導入検討制度】

長野県では新築住宅を建てる場合は「自然エネルギー導入検討制度」が平成27年4月1日から実施されております。

築時に、建築主自然エネルギー設備の導入を検討するにあたって設計・建築事業者が自然エネルギーの導入の可能性を説明し、その導入を促す制度です。」と記されております。

平成27年以後住宅を新築された方も、現在新築住宅を計画されている方も、計画段階で設計担当の方と自然エネルギーの導入を検討さますが、住宅の場合はどのご家庭でも太陽光発電設置の検討ではないでしょうか?

戸建住宅に導入を推奨する自然エネルギー設備には以下の4種類が有ります。

  • 太陽熱利用設備(太陽熱温水器・ソーラーシステム等)
  • 太陽光利用設備(天窓・水平ルーバー・太陽光発電設備等)
  • バイオマス熱利用設備(薪ストーブ・ペレットストーブ・チップボイラー等)
  • 地中熱利用設備(ヒートポンプ空調システム等)

「設備の導入検討に当たって、光やを熱をそのまま利用する方法を優先して検討しましょう。」

と成っておりますので、是非検討してはいかがでしょうか。

【住まい造りの現状】

暖かい家を造ろうと展示場等へ行きますと、吹き抜けの大きなリビングにエアコンや床暖房で

部屋全体が暖かい雰囲気の中、汗ばむほどの室温に成っており夢も膨らみます。

実際に一般家庭で展示場並みのリビングに、冬の暖房をされた場合の光熱費の事など考える余裕も

なく、建物の説明をされますので、光熱費の事など考える方は少ない事でしょう。

高額の費用をかけ暖かい家を希望し新築されますので、完成後数十年住む事を考え自然エネルギー

設備を導入する事は、省エネで光熱費のランニングコストの掛からない暖かい家に成ります。

【新築時は目先の事より完成後を考えてみては】

新築時に自然エネルギー設備の導入を考えますと、高額の費用が掛かるように思われますが、材料

費が多少追加に成る程度で、それ程多くは掛かりませんので一度相談してみてはいかがでしょうか?

完成後住んでから、ランニングコストがか掛からない分ローン辺済の負担が軽減されます。

長い目で見ますとかなりの金額がお得に成ります。

信州の寒い冬を、ムダなエネルギー消費をなくした良い環境を、室内外にももたらせましょう。

 

一般住宅も4月から「自然エネルギー導入検討制度」が始まりました。

2017.04.17

表題の件につき長野県では、平成27年7月1日以降に住宅を建てられた方は、

「環境エネルギー性能及び自然エネルギーの導入に付いて」の検討が義務付けられている、

ということだけで履行状況の届け出は必要ありませんでした。

しかし、今年度平成29年4月1日からは『検討義務の履行状況を確認』するため、

確認検査機関や県内の確認申請書堤出の窓口に、検討した書面の写しを堤出する事になりました。

こういう手続きは、お施主様には特別面倒なことではないのですが、設計事務所や工務店にとっては

今までの仕事の上乗せになってきます。(仕事とはいえ結構大変な作業なのです・・汗)

今まで書面の堤出が義務付けられていたのは、床面積が300㎡未満の新築住宅以外でしたが

今回規模の大小に限らず全ての建物で書面の提出が必要となるのです。

長野県では、この様に住宅の省エネルギー対策の取り組みが他県より

先行して取り入れられているのです。(県民としては鼻が高いのですが・・・)

又、平成32年からは、全国全ての新築住宅で省エネ基準の義務化が実施される予定です。

一般住宅が省エネルギー基準に適合されるようになるのです。

これはどういうことかというと、平成32年以降から新築される家すべてに、省エネルギー対策が

必須になるということです。

新築でもリフォームでも省エネ化は必須であり、建物の断熱性能だけでなく、

設備機器類の省エネ性能も求められてくるのです。

1軒の家、総合して・・ということです。

よって、建築コストも上がる事が予想されます。

しかし、建築コストは上がりますが、その後生活してからの住宅にかかる光熱費・冷暖房費は

減少します。

それにより各家庭からの二酸化炭素の排出量は大きく削減されて、地球温暖化防止に

繋がる・・つながって欲しい・・・それが大きな目的なのだと思います。

このような取り組みは、一人だけ頑張っても結果が出ないのです。

国を挙げて、地球規模単位で取り組まなければなりません。

私たち一人ひとりが、今までの家づくりから少しグレードを上げて考えなければなりません。

だったら、住宅コストの上がらない今のうちに家を建ててしまおう・・

それも一つの方法かもしれません。

しかし、先に記したように、「環境エネルギー性能及び自然エネルギーの導入に付いて」の

検討が義務付けられるので、ゆくゆくは省エネルギー住宅にしなければならなくなるのです。

住宅建築費用は少しでも安く抑えたい気持ちはわかりますが、省エネルギー性能だけでも取り入れて

建築しておくか、それとも今、費用が掛からない方を選ぶのか・・・・

今後、省エネルギ―住宅にリフォームでしようとすると高額な出費になると思います。

最低でも、義務基準をクリアーした家づくりをお勧めしたいところです。

これからの家は、家の大きさに関わらず、やがて誰かに住み繋いで行ってもらえる家、

(これは、売買によってほかの誰かに住んでもらうことも視野に入ります)

資産となりえる住宅の建築がとても重要になるということのようです。

地中熱住宅の床下に暖房機は不要です。

2015.11.13

地中熱住宅の床下に、エアコンや蓄熱暖房機を設置する必要は全く有りません。

これからは新築住宅はどの御家庭でも、高気密・高断熱住宅に再生可能エネルギー設備の

設置が義務付けられた省エネ住宅になります。

エネルギーの消費を抑えるため、気密性よ良くし隙間風を無くし、断熱性能を上げ

室内外の暖かい空気等を逃がさない事が大切に成ります。

冬、人は室内でストーブ等炊いてどんなに室内を暖めても、足元が寒いと暖かさを

感じる事は出来ません。

その為、エアコンや暖房機を床下に設置し7~80度の温風を吹き出し、床下を暖めその

暖まった空気は内壁を通して全室暖房をしますが、床下の狭い空間にそれだけ高い温風を

吹き出し、木材等への影響が全く無いとは限りません。

床下に7~80℃の温風を吹き出しますと、基礎の立ち上がりや土間コンクリートの部分が

2~30℃と高温に成りますので、コンクリートの表面温度や地中が14~15℃ですので

しっかりした断熱をしないと、熱は寒い方に逃げ地中を暖める状態に成り多くの熱が、

地面に吸収され逃げてしまいます。

その逃げて行く熱量はかなりの費用に成り、ランニングコストに影響を及ぼします。

もちろん床下空間を部分的に広く取りますが、基礎部分が深くなると言う事は

工事費用も増えてしまいます。

床下で暖房機やエアコンを設置し、暖房する事は基礎や土間の部分で断熱材の

切れた部分が有りますと、そこから熱が逃げますので、断熱施工が非常に重要に成ります。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

 

改修工事は生活水準を上ます。

2015.11.06

環境にやさしく快適に過ごす為に、昔の暮らしを振りかえってみましょう。

現在は、核家族化により親と同居する世帯が少なくなりましたが、その原因の一つに

長男が家業を継がず、会社勤めの転勤族に成っているご家庭も多いのではないでしょうか。

その転勤先で、子供が大きくなり学校へ通うようになりますと、そこで何千万もの借り入れをし

家を建てる事に成ります。

その結果何十年ものローン返済が始まり、建てる家も予算の関係で思い通の家が建たず、

生活もある程度切り詰めるような事に成りま。

この様なご家庭が非常に多く、この繰り返しの為に、一方では空き家が増えもう一方では

新しい家がどんどん増えているような、現象に成って来ています。

これでは、世代がどんなに変わっても同じ事の繰り返しに成ってしまいますので、

この費用を新築をせずに、改修工事で済ませ、約半分の費用で済む事に成れば、

生活も楽に成り、生活水準も上がって来ます。

この様な考えで、改修工事をすると自然素材を使ったり、再生可能エネルギー等を

取り入れた省エネ住宅が出来ますので、光熱費等のランニングコストも掛からない

思いどうりの住まいが出来ます。

そして、室内環境も良く自然素材に囲まれた癒される空間で過ごすという事は、

シックハウス症候群等の病気の心配もない為に、長生きします。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

昔の暮らしから考える家づくり

2015.11.04

環境にやさしく快適に過ごす為には、昔の暮らしを振りかえってみましょう。

昔のように一軒の家に、三世代もの大家族で暮らしていた頃の住まいは、家の中も外も土壁で、

現在の様なサッシも無く、ガラス戸か障子に板戸が有るくらいで、全てが自然素材で出来た家で、

隙間風は入っても当たり前のように暮らしていました。

冬でもストーブも無く、部屋の中心に有る炬燵だけで暖まっていました。これが結構省エネ

に成っていて、大勢の人が一部屋で暮らすという事はそれだけでも省エネです。

又、食事も風呂も家の中で薪を炊いて作っていますので、一度に大勢の食事を作る事は

省エネに成り、一つの風呂を大勢が入る事もそれだけでかなりの省エネです。

もちろん給湯なども有りませんでしたし、風呂もトイレも外に出て別棟に有るご家庭も

有りましたので、その時代を考えますと現在の生活全てが夢の様な出来ごとです。

それでもこの頃のご家庭では、現在のように室内に結露も無く、シックハウス症候群の様な病気も

無く、たまに風邪をひく程度で、お年寄りも子供もみんなで元気に一緒に暮らしていました。

最近、「子供は風の子元気な子」と言う言葉が有りますがあまり聞かれません。私たちが

子供頃のように夏でも冬でも家の周りで、学校から帰った後外で遊ぶ姿が殆ど

見られません、チョット残念なことです。

これも核家族化により、親の両親との同居する家族が少なくなり、子供達の両親が

共働きの家庭が多く、子供の人数が少なくなってきている事も有るのでしょうか?。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

省エネから始まる家づくり

2015.10.30

環境にやさしく快適に過ごす為には、エネルギーの使用法も大切です。

エネルギーの消費を抑えるために、快適性を我慢したり、風呂の回数を減らすような暮らしは、

したくない事です。

その為には、建物の造り方や暮らし方を工夫し、省エネの機器類を選ぶ事で

エネルギーの無駄をなくす事が大切です。

省エネで快適に暮らす為には、冬でも夏でも外気の温度変化による影響を受けない

建物で、「断熱」や「遮熱」等の対策が必要になります。

「断熱」は冬の冷気夏の暖気を入れない為に必要な事ですが、断熱材をただ厚い物を

使う事が良いという訳では有りません。

断熱材の効力を最大限に発揮させる為には、壁に貼り付け時や、挿入時に連続させる事が

大変重要で、材料どうしが離れたり、隙間が出たりする事の無いように取り付けないと

そこから熱が逃げてしまいますので、厚みの有る物を使ってもあまり価値はありません。

隙間風の侵入を無くす為に重要に成るのが気密性です。気密性が良いという事は

「隙間風が無い」と言う事でも有ります。

隙間風が無いと、外部からの空気が出入りしないという事で、外の冷気等が入らない

と同時に室内の空気も排出しませんので、生活臭等が室内にこもってしまいます。

その匂いを無くす為に、計画的な換気が必要に成って来ます。

少ないエネルギーで快適に暮らして行くためには、建物を高断熱化と高気密化を

セットで考えないと効力は発揮されません。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

エネルギー消費から考える家づくり

2015.10.26

家づくりで最初に考える事は、エネルギーの消費を抑える事です。

家庭のエネルギー消費で大な物は、動力・照明他、給湯、暖房、厨房、冷房の順ですが、

2011年度には、動力・照明用とエアコンによる冷房のシェアが増加しました。

これは、家電製品の普及や大型化、多様化によるものと見られているそうです。

家庭の用途別エネルギー消費の推移

「経済産業省資源エネルギー庁の資料より」

省エネルギー住宅とは、一般家庭のエネルギー消費の割合で冷暖房が約30%を占めています。

この冷暖房費を抑えることの出来る住宅です。

冬室内の暖かい空気は逃がさない、夏は室外からの暑い熱を侵入させない事で冷暖房の

エネルギーコストを抑え、快適に過ごす事が出来るようになります。

その為に重要な事は、冬に熱を逃がさない断熱と、夏に熱を侵入させない日射遮蔽です。

ネルギー消費を抑える事の出来る住宅は、断熱や遮蔽によって、冬は室内の暖かい空気が

各部屋全体がほぼ一定の温度の保たれ、夏は室内に外気からの熱気を侵入させない為

エアコンの効きも良くなりますので、「省エネ住宅=快適な住宅」と言う事に成ります。

そして、省エネ住宅は、冬に結露が少ない為カビやダニの発生が抑えられ、室内の温度差

も少ない為に、ヒートショックなどの健康被害も防ぐことが出来、健康的な住宅とも言えます。

省エネ住宅を造るには、冷暖房費のエネルギーコストを抑え、省エネ性能の高い機器類を

選択し、住宅そのものを省エネ住宅にする事で、大きな効果が生まれます。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

住まい造りで絶対に避けたい事は!

2015.10.22

家を建てる前に知っておきたい、絶対やってはいけない事!それは。

誰もが一生に一度は、自分の家を持ちたいという夢を持っています。

その生涯最大の買い物を、余り考えずに買ってしまう人が意外に多いのは、非常に残念な事です。

しかし、現在のようにインターネットの普及により、ある程度の情報を収集する方もいるようですが

情報があふれている為、一般の人達はどの情報が正しいのか判断も付きません。

そこで、これから住宅の新築時やリフォーム時の注意点や、これだけは絶対にして欲しい

お得な情報ですので是非実行してみて下さい。

住宅の新築や大規模なリフォーム工事を行う時には、どうしても資金面で何十年と返済するローンを

組む必要が有り、そのためにランニングコストを余り考えずにイニシャルコスを節約してしまいます。

これが、これから先何十年と住み続けて行く中で、大きく生活にも影響をしてきます。

当然の事のように、家の新築時などに良く「お宅は坪いくらで出来ますか?」と聞かれます。

確かにこの事も大変重要な事ですが、金額だけで判断し内容の確認する事も無い、

と言う事は避けた方がよいです。

最近のように省エネを主に考えた家と、そうでない家の違いはなんですか?

建設費に省エネを考えずに建てた住まいは、住み始めてから冷暖房費のコストが掛かり、

冷ショック等の健康被害も影響して医療費も増大します、その分ローンの上乗せで、

さらに家計が厳しく成る結果に成ります。

次回へ

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス