タグ別アーカイブ: 断熱改修

高気密・高断熱住宅で暮らす中で、体で感じること

2020.09.17

大賀でお仕事を始めて、
はや2か月が経ちました。

解体のお手伝いやお引渡し前のお掃除などで
現場にお手伝いに行かせていただく日もありますが、
やはり大賀の事務所で過ごす時間のほうが
多い中で、大賀の家の特徴を日々体感しております。

 

この前、シラス壁の効果について
体感したことをブログ内でお話させて頂きましたが(2020.8/29ブログ参照)
今日は、大賀の家の室温のことで体感したことを
紹介させて頂きます。

 

大賀のホームページ内で事務所の
1階部分のことを紹介している文の中で、
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違いが体感できる造りになっています。」
という一文があります。

 

これを読んで、
率直に、「すごいわかるっ!!」と
思いました。

 

大賀の事務所兼モデルルームに1階には
玄関ホール、事務所、洗面所・トイレ
リビング、キッチン・・・
あと、もう一つお部屋があります。

長野市 地中熱活用 高気密・高断熱

写真の左側の平屋が、一般住宅と同じ施工法で造られた一室になっている。

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱 リノベーション

床下に伝わった地中熱をファンで2階へ搬送しているのが視覚的に見える仕組み(玄関ホール左奥)

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱住宅

キッチン・リビング・廊下は、肌に優しいスギの無垢材を使用している。

大賀の事務所は、
高気密・高断熱住宅ですが、
唯一、一般の住宅と同じ施工法で造られたお部屋があります。↓

外断熱 高気密・高断熱住宅 地中熱

一般の住宅と同じ施工法でつくられた一室は、このドアの先にあります。

一日に何度か、そのお部屋に出入りするのですが
ほんとーーーーーーーっに!!
全然違うのですっ!!(声を大にして言いたい)

 

 

夏のとても暑い日も、外断熱による
高気密・高断熱の事務所やリビング等は、
外の暑さを忘れるぐらいの快適さなのですが、
その感覚のまま西側の、そのお部屋に入ると・・・。

差にびっくりします。 (*_*)←こんな顔になります。

最近涼しくなってきたので、
そんなに、びっくりすることも減りましたが・・・。

 

以前、ご自宅を高気密・高断熱住宅へと改修する前に
大賀にいらしたお客様は、真冬にその部屋に試しに入ってみたところ、
「寒いっ!!ここだけ自分の家と一緒だ!!」
と大笑いしながら、おっしゃっていたそうです。

 

長々と文章を書いてしまいましたが、
結局のところ何を伝えたいかと言うと
「大賀の家は、快適。」ということです。

 

欲を言えば、お客様にも
自分と同じように
大賀の家を体感して頂きたい・・・。

なかなか気軽には、
お出かけできない世の中になってしまいましたが、
大切な大切なお家を、建てようと
考えている方には、一度だけでも
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違い」を
ぜひ、体で感じて欲しいなと思います。

ご相談やご相談がございましたら、
ホームページ内
「お問い合わせ・資料請求」のページから
お気軽にお問合せください。(*^^*)

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

土壁解体!

2020.09.10

改修工事中のK様宅にて、
土壁の解体をおこないました。

 

8/24(月)には、窓を取り付ける為の穴を
開けるために外壁の土壁を一部分解体しましたが、
今回は、内壁の土壁の解体をおこないました!

 

もともと、仕切られていた壁を
解体し、2部屋を1部屋にするという
リフォームをします。
広々とした、1つのお部屋になる予定です(^^♪

 



こ、これは・・・

前回の解体した土壁の範囲の何倍もの大きさです!
「今日は、結構大変だよ~。」ということで
気合を入れて、いざ!!!解体です!

貫と呼ばれる、柱を横に貫いて、
柱と柱を結びつける部材を、
バールで土壁を削りながら探していきます。

ベテランになると、無駄なところを削らず
ほぼ一発で土壁で見えない貫を
見つけてしまうのですごいです!!

露出した貫を前回同様、
ギコギコとのこぎりで切っていくと
土壁がバコッと、外れました!

これが・・・↓

こうなって↓(社長が偶然写っていました(^^))

↑こうなりました!(*^^*)

視界が開けて、開放感のある空間になりました。

土壁の解体は、とても大変な作業ですが
解体をする中で、
土壁の構造などをすることができて勉強になります(^^

 

 

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

 

あったかい家への「断熱リノベーション」完成見学会終わりました。

2019.02.18

減築して、ご両親と暮らすことを決めらたお施主様。二階部分を取り平屋の生活を選択しました。

ご両親にあったかく暮らして欲しい、との願いから一生懸命打ち合わせを繰り返し、時にはご家

族皆様で、また時には妹さんとお出でになったりと、そのひたむきさに胸をうたれました。

 

当社の見学会は予約制であり、午前2組、午後2組のご来場者さましか対応できません。

お出で下さった方々には、精一杯ご対応させて頂きたいと思っております。

ご来場された皆様のお話を伺ってみますと、現在住まわれている我が家の性能を向上さて、

あったかい家に暮らしたい、と希望されている方ばかりです。

 

家は壊さず、断熱リノベーションしてあったかく暮らしたい、そんな方々です。

今まで何度か弊社の工事中の現場や完成見学会にお出でになった方もおられます。

納得のいくまで勉強して下さるのは、とても嬉しく有難いです。

 

DSCF9196 DSCF9226

DSCF9227 DSCF9223

 

16日(土)は、風も強くとても寒い一日でした。この寒い季節の中の完成でしたので床下の温度は

まだ10℃程しかありません。

お施主様がここで生活を始められると、少しづつ床下の温度も上がってくると思います。

そして、これから来る夏の暑さを建て物の下に蓄え一年過ぎる頃には、床下の温度も15~17℃程

になってくるとでしょう。

 

本当に落ち着いてくるのは、3年後くらいからですがこの夏は床下の温度も16℃~18℃くらいの涼

しさを、天井に廻してエアコンの効きやすい室内環境が得られると思います。

私たちの住んでいる、事務所がそのようであったようにY様邸もそのようにだんだん暮らしやすい環

境になるでしょう。楽しみですね。

娘さんのご両親を思う気持ちが伝わる、あったかい家リノベーションはまたお伝えします。

 

暖かい家に断熱リフォームを長野市で施工中

2018.12.22

暖かい家の断熱リフォームを長野市で施工中です。

築40年・50年の家でも断熱リフォームで暖かい家にする事が出来ます

【現状の住まい状況】

この頃造られた家はどなたの家も、冬の寒さ対策を考えて

造られておりませんでした。断熱材も土壁で他には有りませんでした。

一般的に冬の暖房は、ガスか灯油ストーブで、部屋ごとに寒しのぎをしておりますが、

これが家庭内事故死のヒートショックや結露の原因成りなります。

浴室等でヒートショックで亡くなる方は、全国で年間1万数千人おるそうす。

この様な事故死は、新聞等で報道されませんので殆ど知られておりません。

特に高齢者の方が住まわれているお宅では、冬の寒さ対策で寝室・廊下・洗面脱衣・

浴室・トイレ等暖かくするために、暖房費のランニングコストもかかります。

結露により、カビの発生やそれによるダニの糞等で、室内の環境も悪くなります。

長い目で見ますと、思い切って断熱リフォームをし家全体を暖めてしまった方が

お得に成るかと思われます。

【改修方法】

1.耐震補強に付きましては現在の耐震基準には及びませんので、断熱リフォームの施工と同時に

耐震診断をし、耐震補強工事も一緒に行いますので、その後は安心して暮らせます。

2.シロアリ腐食等による被害も、今迄施工した何棟ものお宅を見ましても、構造上大切な

柱の部分でほんの一部には被害は見えますが、他はどの部分も構造上の問題は有りませんので、

これからまだまだ現役で使用できます。

3.基礎補強は、地窓(通気口)の部分にクラック(亀裂)が多少有りますが、外断熱で施工の為

全てコンクリートで埋めます、布基礎も床下の防湿コンクリートで補強行されます。

4.外部は外断熱で施工の為、外周部から建物全体を断熱材で覆われますので、構造材が全て断熱材の

内側に成りますので、構造体にも良い影響を与えます。

5.結露防止も含め室内を換気する事で、室内外の空気が入れ替わり家の中全体が良い環境に成ります

築40年・50年の家、こだわりを持って造られた家は良い材料を使われております、解体して大量のごみにしてしまって良いのでしょうか、非常にもったいな話です。

その為、この様な改修工事を行いますと、国から長期優良住宅化リフォーム補助金も最高300万円が受けられます。

この寒い時期に一度断熱リフォームを検討されてはいかがでしょうか?

築42年のあったかい家づくり「長期優良住宅化リフォーム」進行中!

2018.12.19

ご高齢のご両親にあったかい家で健康に過ごして欲しいと願っていたY様ご夫妻。

築40年以上のご両親の家を、

あったかい家に改修して一緒に住まわれることに決めました。

9月6日から解体工事が始まった長野市柳原のY様邸も、

10月にお引き渡しの済んだ長野市篠ノ井T様邸と同様に2階部分を取り除き、

平屋のお住まいに断熱改修する工事です。

DSC_0026 DSC_0029

この「長期優良住宅化リフォーム」で、国からの補助金を受けようとすると、

まず初めに行うことが、インスペクションです。

インスペクションとは改修しようとする家の状態のチェックです。

耐震診断も含め家の健康診断のようなものと考えて下さい。

健康診断を行った結果によって、

長期にわたり住み続けるため建物の性能を向上させる目的で改修するのですが、

その改修部分の費用が補助金の対象になるのです。

又、高度省エネルギー住宅で申請する場合は、

最初に家の性能を数値化するために専門機関にその計算を依頼するのですが、

どんな計算をするのかというと、

家の消費エネルギー量をUA値nA値で算出します。

(難しい書類や計算といっても、お施主様がするわけではないので心配しないで下い。)

その後、建築計画に係る技術的な審査を、

第三者評価機関にBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)申請をして認定後、

長期優良住宅の認定申請を各自治体に提出します。

各自治体から認定申請承認を受けると、

やっと国の「長期優良住宅化リフォーム」の申請書の提出となります。

その際、家の性能が目で見てわかるように数値化されます。

この為、築42年の家でも建物の維持管理や温熱環境等は、

改修後新築同様の建物になるのです。

申請が受理され許可が下りると最大300万円~200万円の補助金を受けることができます。

でもこの補助金の差(最高300万円~200万円)は何だと思いますか?

300万円の補助金を受けるには

高度省エネルギー住宅に加え親、子、孫の3世代同居が対象となります。

250万円の補助金対象は住宅では

高度省エネルギー住宅とBELS(ベルス)の性能を持った家に改修する必要があります。

タイガハウス仕様ですとこの300万円~250万円の住宅に該当します。

DSCF9093

◆長期優良住宅化リフォーム」の補助金受付期間が延長されました

本来であれば平成30年11月30日で受付終了となっていたこの制度ですが、

今年度の予算枠の中での受付が延長されることになりましたのでお知らせいたします。

これにより、来年度の申し込み開始を待たなくても申請することができるようになりました。

ちなみに過去タイガハウスに断熱改修されたお施主様のうち、

このような補助金のない時に施工された方も多くおられますので、

これからあったかい家に建て替えることを検討されているのであれば、

国からこのような補助金を頂きながら、

住宅の性能を向上させた「長期優良住宅化リフォーム」を視野に入れて

検討してみるのもいいかと思います。

また、ゼロエネルギー住宅の新築では最高165万円の補助対象となりますが、

既存住宅を購入したり、ご両親との同居での「長期優良住宅化リフォーム」も

視野に入れてみてはどうでしょう。

増え続ける空き家対策の一つとして、

国が推し進めているこの制度を上手に活用して下さい。

築35年の家をあったかい家に・・「長期優良住宅化リフォーム」完成内覧会

2018.09.30

築35年の家をあったかい家にするための断熱改修、「長期優良住宅化リフォーム」完成内覧会の開催のお知らせ」

長い間お待たせいたしました。

お施主様には、酷暑の夏~秋の始まりと長い間ご不便をお掛け致しました。

特に今年の夏は暑くて離れでの生活は大変だったと思います。

ようやく木工事もまもなく終わり、続いて内装、左官、塗装などの職人さんたちが入り、調整しながら電気、水道の仕上工事となり、建具、畳工事などとなります。

最後にハウスクリーニング、床下清掃を行いお引き渡しとなります。

床下清掃は一般の住宅にはないものだと思いますが、地中熱活用住宅では床下の清掃が必要になります。

今回のお宅は、太陽光発電システムのほかに家庭用蓄電池を設置しました。

弊社も蓄電池の設置を扱うのは初めてですので、これからお施主様が使ってみてどうなのか、是非お聞きしたいと思っております。

10月下旬には新しくなったあったかい母屋での生活が待っております。

新居にお引越しする前にお施主様のご厚意によりリノベーションされた「あったかい家」の内覧会を下記のように開催させて頂くことになりました。

一日限りの内覧会です。

見た目だけのリンベーションではない、断熱改修された住宅を是非ご覧ください。

ー記ー

日程:2018年10月20日(土)1日のみです。

時間:午前10:00~午後4時頃まで

場所:長野市篠ノ井

(※詳細はご予約の時にご案内致します)

お申込み電話番号・・026-293-3709

・大切なお宅をお借りして拝見させて頂きますので、予約制とさせて頂きます。

また、勝手ではありますが、こちらからお時間を指定させて頂く場合が御座います。

ご了承下さい。

地中熱を使った断熱改修~木工事

2018.09.12

基礎工事が無事に終了すると、これから本格的に木工事が始まります。

耐震補強工事、サッシ枠取り付け、床張り、断熱の壁内通気、断熱材二重張りの屋根断熱、など

など木工事全てを大工さんが施工するようになります。

高気密・高断熱住宅の一番基本になる高気密の部分ですが、これは大工さんの腕と経験がモノを言います。棟梁の腕と経験なのです。

勿論、棟梁ばかりではなく、どの大工さんでも同じことです。

特に既存住宅を高気密・高断熱住宅にリノベーションする場合は解体(壊し)の部分から手を貸すようになります。

なぜ?・・これから自分の手で工事をしようとする建物は、自分の納得できるように、作業がやりやすいように解体しておく必要があるからです。

「あ~ここ壊されちゃったのか~」、というようなことがあっては、お施主様にとっても、作り手にとっても時間と費用の無駄になるからです。

DSC_0039 (2) DSC_0050

DSC_0037 DSC_0042

(土台と柱の補強金物)            (柱と筋交の補強金物)

既存住宅のリノベーション工事では耐震補強工事は最も重要なチェックポイントです。

部分的に土壁(既存の壁)を削り取り、補強金物を取り付けたり筋交いを足していきます。

(耐震診断のインスペクションを行い、強度の不足分を補っていきます)

地中熱を使ったあったかい家の断熱改修工事~基礎工事

2018.09.01

「長期優良住宅化リフォーム」・地中熱を利用したあったかい家への断熱改修工事の基礎工事が終わりました。

書類申請で思った以上に時間がかかり、BELS(ベルス)星★五つランクの承認を受けのちに長野市に「長期優良住宅(増築・改築)の認定申請」を提出しその後工事が始まる関係で、基礎工事等を進めることが出来ず基礎工事が遅れてしまいました。(国からの補助金を受ける必須事項です)

工事のローテンションが狂うと、その後の工事にずれ込んできて調整するのに時間がかかります。工事が一時中断してしまうので、お施主様にもご心配とご迷惑をお掛けしてしまいます。どのように段取りをつけるのが一番いいのか考え悩んでいましたが、現況をそのままお話するしかありません。遅れた理由をお施主様にご説明させて頂きますと、快くご理解頂きまして感謝するばかりです。

基礎屋さんをはじめとしてどの職種でも、この時期本当に忙しいようで一度予定を外すと次は明日から、というわけにはいかなくなってしまうが一番辛いところです。

 

DSC_0087 DSC_0116

猛暑の中、基礎工事も無事終了いたしました。既存の布基礎を補強し防湿コンクリートの工事です。地熱を活用するには床下を蓄熱用の防湿コンクリートにする必要があります。この工事により地中の熱及び冷熱を床下に蓄積することが可能になります。(ここまでは一般的な住宅の基礎施工と変わりません)

リフォームの場合のコンクリート打設は、屋根の下での作業ですのでコンクリートの固まり状況においては非常にベストでした。

炎天下でのコンクリート打設になると、暑さで一気にコンクリートの表面が乾いてひび割れの原因になってしまう場合があるので、基礎の表面に静かに水を張ってコンクリートの表面が一気に乾くのを防いでやる、というような養生が必要になってきます。

この夏のように、とくべつの暑さの中では作業する人も大変ですが、コンクリートも仕上がりや強度の点で細心の注意が必要になります。

ですから特別暑い炎天下でのコンクリート打設は、できれば避けた方が賢明かと思います。

DSC_0078  DSC_0109

《基礎の外断熱工事及び敷設断熱工事終了》

基礎外部の立ち上がり部分に防蟻用の断熱材を貼り付け、断熱材の劣化防止とシロアリ被害から守るためのモルタルを塗ります。

敷設断熱材の下には、シロアリ防御(タームガードシステム)用の配管が施工されています。

既存土壁は自然の断熱材としてそのまま活用します。

その後、通気を取りながら建物全体~屋根(小屋裏)まで外断熱工事に入ります。

写真のように、基礎外周部を埋め戻して基礎工事が終了していきます。

地中熱を使ったあったかい家の断熱改修工事~解体工事

2018.08.28

木造二階建の既存住宅を平屋にし、星★五つ・BELS(ベルス)の家に改修し、国からのお墨付きを頂く断熱改修工事です。あったかく暮らしやすい家になるでしょう。

DSC_0141  DSC_0034

二階部分の屋根を外し取り壊して行きます。

一階部分の柱などは傷つけないよう慎重に解体していきます。大工さんも既存部分をうまく生かしながら造作をしていくため、自身で納得しながら丁寧に解体する部分もあります。

DSC_0014 DSC_0037

外壁を取り除いていくと、このようにシロアリに食害されている部分も出てくる場合があります。傷んだ部材を取り除き防蟻処理を施して行きます。

 

DSC_0028 DSC_0007

既存の浴室も丁寧に解体していきます。

外断熱の家にするためには、犬走りをはがさなければなりません。

建物外周部の犬走りを剥ぎ取っていくのですが、この暑さの中では大変な仕事ですし、ご近所様にもご迷惑をお掛けしてしまいます・・。

ご近所の皆様、ご協力ありがとうございました。

二階が解体され、一階の床が取り除かれるとこの後、基礎工事に入っていきます。

私たちが行っている「断熱改修」とは、サッシを二重にする。単板ガラスをペアガラスにする。といった、簡単な工事のことではありません。

地中熱住宅を造ることで培った技術を生かし、既存の住宅を極力残しながら、その建物を高気密・高断熱化することによって、家中温度差の無い快適な空間として生活のランニングコスト(光熱費)を減らし、猛暑の中でも厳寒にさらされる季節の下でも、家の中だけはゆったりと暮らせる我が家にしていくのが目的です。

基本的には築何十年と経つ住宅をリフォームするわけですから、当然それに伴い耐震の問題などクリアしなければならないこともあります。それぞれの状況によっては、できる工事できない工事と出てくることもあります。

でも、今までのように、何でもかんでも古いものはいらないものとして壊して建て替える、の繰り返しではいけない、と皆様(お施主様)が考え初めてきていることが実感できるようになってきました。

世の中には、壊してしまってはいけない家が沢山あります。

思い出の詰まった家をやすやすと壊したくない、という方々が増えてきているのです。そんな方々のためににも、このような施工方法がある、ということを更に浸透させていきたいと思っております。

 

 

◆今年度の長期優良住宅化リフォーム(断熱)工事が始まります。

2018.06.01

建て替えるか、リフォームするか・・・決めかねていたT様ご家族。

あるハウスメーカーで見積もりを取り、建て替えの話でほぼ話が進んでいたようですが、ご主人はどうしても我が家を廃棄処分してしまうことに納得できず「リフォームで暖かい家に断熱改修を第一に考えていたようです」。

「長野市・断熱リフォーム」で検索、 えっ、こんな近くにあったんだ・・。という訳で新しいご縁を頂きました。(ちなみに自転車で行ける距離なので、社長は復活自転車で時々行ったりしています)

ご家族皆様で来社され、ここに至るまでの経緯をお話下さいました。

まず、地熱とはどのようなシステムなのか、それを活用するにはどうするのか・・、工事の概要や過去の事例を写真でご説明させて頂きました。

この間、当社の事務所が地中熱を活用した「既存住宅断熱リフォーム工事」の家であるため、打ち合わせをしながら実感していただけたようです。

今回、OBお施主様宅をご訪問したいとのご希望でしたので、お近くのK様にご都合をお聞きすると気持ちよくご承諾下さり、家中余すことなく公開して下さリこちらが恐縮するほどでした。

K様こだわりの収納などを説明頂きながら、当時の思い出話など交え色々な会話をされておりました。

K様その節はお世話になり、本当にありがとうございました。

いつも思うことですが、女子同士は本当に打ち解け合うのが早いです。

何度もの打ち合わせ期間は、お互い分かり合うための大事な時間になります。

色々な話をして、お互いに信頼し合いながら家は出来上がっていくものですので、今後とも宜しくお願い致します。

長期優良住宅化リフォームの補助金申請をするには、推進事業室に住宅登録をし、その後、既存住宅のインスペクションを済ませ、申請書類の作成となります。

また本年度より、長野市に新築同様の長期優良住宅の認定申請書を提出し、同時にベルスの認証が合わせて必要になったので、認証機関にも書類を提出することになりました。

その後、ベルスが認証されて長野市から国交省に書類が廻り、初めて工事に着手出来るのです。

長期優良住宅とか長期優良住宅化リフォームの補助金申請には、厳しい決まりごとがあり年度により提出書類にも違いがありますので、何度やっても書類と現場の状況の兼ね合いが難しいです。

国の予算ですので、いっぱいになればそこで受付終了となってしまうわけですが、皆様にはできるだけ利用して欲しいです。

DSCF8569 DSCF8565

T様、今日は愛犬と床材選びです。

初対面なのにとてもおとなしいワンちゃんで、抱っこしても嫌がる様子もありません。

うちの孫達がいたら大騒ぎしてよろこぶんだろな~・・。

スギの床材がお気に召したか、「お家に帰るよ~」といっても、のんびり動きません。

やっぱりスギの無塗装材で決定です。

T様邸は長期優良住宅化リフォームの補助金は「高度省エネルギー型」での申請をします。

その為に築35年のお住まいが、完成後の性能基準は新築住宅なみに成ります。

T様邸の性能基準結果は以下の通です。

1.外皮性能基準のUA値=0.41

2.改修後のエネルギー削減率はBELS評価値0.47(53%削減)

3.補助金額も総額250万円が受ける事が出来ます。