タグ別アーカイブ: 断熱性能

高気密・高断熱住宅で暮らす中で、体で感じること

2020.09.17

大賀でお仕事を始めて、
はや2か月が経ちました。

解体のお手伝いやお引渡し前のお掃除などで
現場にお手伝いに行かせていただく日もありますが、
やはり大賀の事務所で過ごす時間のほうが
多い中で、大賀の家の特徴を日々体感しております。

 

この前、シラス壁の効果について
体感したことをブログ内でお話させて頂きましたが(2020.8/29ブログ参照)
今日は、大賀の家の室温のことで体感したことを
紹介させて頂きます。

 

大賀のホームページ内で事務所の
1階部分のことを紹介している文の中で、
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違いが体感できる造りになっています。」
という一文があります。

 

これを読んで、
率直に、「すごいわかるっ!!」と
思いました。

 

大賀の事務所兼モデルルームに1階には
玄関ホール、事務所、洗面所・トイレ
リビング、キッチン・・・
あと、もう一つお部屋があります。

長野市 地中熱活用 高気密・高断熱

写真の左側の平屋が、一般住宅と同じ施工法で造られた一室になっている。

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱 リノベーション

床下に伝わった地中熱をファンで2階へ搬送しているのが視覚的に見える仕組み(玄関ホール左奥)

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱住宅

キッチン・リビング・廊下は、肌に優しいスギの無垢材を使用している。

大賀の事務所は、
高気密・高断熱住宅ですが、
唯一、一般の住宅と同じ施工法で造られたお部屋があります。↓

外断熱 高気密・高断熱住宅 地中熱

一般の住宅と同じ施工法でつくられた一室は、このドアの先にあります。

一日に何度か、そのお部屋に出入りするのですが
ほんとーーーーーーーっに!!
全然違うのですっ!!(声を大にして言いたい)

 

 

夏のとても暑い日も、外断熱による
高気密・高断熱の事務所やリビング等は、
外の暑さを忘れるぐらいの快適さなのですが、
その感覚のまま西側の、そのお部屋に入ると・・・。

差にびっくりします。 (*_*)←こんな顔になります。

最近涼しくなってきたので、
そんなに、びっくりすることも減りましたが・・・。

 

以前、ご自宅を高気密・高断熱住宅へと改修する前に
大賀にいらしたお客様は、真冬にその部屋に試しに入ってみたところ、
「寒いっ!!ここだけ自分の家と一緒だ!!」
と大笑いしながら、おっしゃっていたそうです。

 

長々と文章を書いてしまいましたが、
結局のところ何を伝えたいかと言うと
「大賀の家は、快適。」ということです。

 

欲を言えば、お客様にも
自分と同じように
大賀の家を体感して頂きたい・・・。

なかなか気軽には、
お出かけできない世の中になってしまいましたが、
大切な大切なお家を、建てようと
考えている方には、一度だけでも
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違い」を
ぜひ、体で感じて欲しいなと思います。

ご相談やご相談がございましたら、
ホームページ内
「お問い合わせ・資料請求」のページから
お気軽にお問合せください。(*^^*)

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

一般住宅も4月から「自然エネルギー導入検討制度」が始まりました。

2017.04.17

表題の件につき長野県では、平成27年7月1日以降に住宅を建てられた方は、

「環境エネルギー性能及び自然エネルギーの導入に付いて」の検討が義務付けられている、

ということだけで履行状況の届け出は必要ありませんでした。

しかし、今年度平成29年4月1日からは『検討義務の履行状況を確認』するため、

確認検査機関や県内の確認申請書堤出の窓口に、検討した書面の写しを堤出する事になりました。

こういう手続きは、お施主様には特別面倒なことではないのですが、設計事務所や工務店にとっては

今までの仕事の上乗せになってきます。(仕事とはいえ結構大変な作業なのです・・汗)

今まで書面の堤出が義務付けられていたのは、床面積が300㎡未満の新築住宅以外でしたが

今回規模の大小に限らず全ての建物で書面の提出が必要となるのです。

長野県では、この様に住宅の省エネルギー対策の取り組みが他県より

先行して取り入れられているのです。(県民としては鼻が高いのですが・・・)

又、平成32年からは、全国全ての新築住宅で省エネ基準の義務化が実施される予定です。

一般住宅が省エネルギー基準に適合されるようになるのです。

これはどういうことかというと、平成32年以降から新築される家すべてに、省エネルギー対策が

必須になるということです。

新築でもリフォームでも省エネ化は必須であり、建物の断熱性能だけでなく、

設備機器類の省エネ性能も求められてくるのです。

1軒の家、総合して・・ということです。

よって、建築コストも上がる事が予想されます。

しかし、建築コストは上がりますが、その後生活してからの住宅にかかる光熱費・冷暖房費は

減少します。

それにより各家庭からの二酸化炭素の排出量は大きく削減されて、地球温暖化防止に

繋がる・・つながって欲しい・・・それが大きな目的なのだと思います。

このような取り組みは、一人だけ頑張っても結果が出ないのです。

国を挙げて、地球規模単位で取り組まなければなりません。

私たち一人ひとりが、今までの家づくりから少しグレードを上げて考えなければなりません。

だったら、住宅コストの上がらない今のうちに家を建ててしまおう・・

それも一つの方法かもしれません。

しかし、先に記したように、「環境エネルギー性能及び自然エネルギーの導入に付いて」の

検討が義務付けられるので、ゆくゆくは省エネルギー住宅にしなければならなくなるのです。

住宅建築費用は少しでも安く抑えたい気持ちはわかりますが、省エネルギー性能だけでも取り入れて

建築しておくか、それとも今、費用が掛からない方を選ぶのか・・・・

今後、省エネルギ―住宅にリフォームでしようとすると高額な出費になると思います。

最低でも、義務基準をクリアーした家づくりをお勧めしたいところです。

これからの家は、家の大きさに関わらず、やがて誰かに住み繋いで行ってもらえる家、

(これは、売買によってほかの誰かに住んでもらうことも視野に入ります)

資産となりえる住宅の建築がとても重要になるということのようです。

30年前の断熱材は要注意。

2015.11.11

35年前のグラスウールは、家に悪い影響を与えているので注意が必要。

35年位前の家造りは、断熱材のグラスウールが出回り始めたところで、

現在のように、どなたのご家庭でも使われているわけでは有りません。

その頃のグラスウールはビニールに包まれた物ではなく、ガラス繊維のままで

厚さは50mm、密度が10Kの薄い物が主でした。

その後100mm厚の物が出回り、ビニールに包まれた物も出はじめました。

当初、床用は有りませんでしたので、主に外壁面と屋根面に敷き詰めて施工

していましたが、これが後にかえって建物に悪い影響を与えてしまったのです。

グラスウールの断熱材は、冬断熱材と間柱等の隙間部分で結露をお越し、その水分によって

壁の中の断熱材が重くなり、施工時の状態では無くほとんどが下に落ちてしまいます。

この下に落ちてしまった断熱材が、土台の上に塊となり、その水分が悪い事に土台を

腐らす原因に成っています。

グラスウールは水分を含んでしまうと、断熱材としての性能が落ちてしまいます。

現在はグラスウールも袋状に成っていますので、間柱などに丁寧にタッカー止めをして

いますので、その様な心配は全く有りません。

今に成って考えますと当時の材料は、使用しない方が良かったのかもしれませんね。

その後、板状のスタイロフォーム等、色々な種類の断熱材が出来てきました。

材料の選択には、使う方法や場所によって、特性を生かした使い分が必要になります。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

断熱の良い家は自然エネルギーの効率も良い。

2015.10.10

これからの住まいは創りは、自然エネルギー設備の導入は必須に成ります。その3

自然のエネルギーの導入は、建物自体がその効力を十分に生かされるような、

家づくりをする事が必要に成ります。

その為断熱性能の良い建物にする事が特に大切です。寒冷地は冬室内に結露が発生し

それによるカビやダニ等で健康には悪い影響を与えてしまいます。

結露を防止するためには、真冬でも換気をすると良いのですが、一般的には石油ストーブ等で室内の

空気を暖めている為、換気をしてしまうと暖まった空気が、逃げてしまい寒くなり

なかなか実行出来ません。

結露は、室内の暖まった空気が窓などに触れて冷やされる事により、空気中の水分がそこに触れて

水滴に成ります。

押入の中・家具の裏・床下等も、空気の流れが悪く、同じような状態に成ります。

夏は、外壁の南面や西面が太陽の熱で暖められ、壁面の温度が約70~80℃位に成っていますので

その熱が室内への侵入を防ぐためにも、ヨシズを張ったり植栽等で少しでも多く

日除けを作る事が大切です。

この様に、一年間を通すと内部と外部ではかなりの温度差が出て来ますので、外壁や窓の断熱性能が

とても重要に成ります。

室内環境や熱効率を良くし、ランニングコストを抑えるた家は、断熱性能の効率が

右左しますので、自然エネルギー設備の導入は質の良い家づくりが必要です。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

リフォームリノベーション・建替えどちらがお得

2015.08.03

家の建替えかリフォームリノベーションかで検討中の方その1

当時はまだ30代の、現役で働いていた頃建てた家も

築2・30年位建ちますと、水回りの設備機器が傷み

外壁等の外回りも傷んできます。

それと同時に子供達が成長し

家族構成も変わってきますので、子供部屋等がいらなくなり、

物置に成っている家庭も多いのではないでしょうか。

その後、定年に成り退職金も入りますので、思い切って建て替えか、

それとも傷んだ部分だけ直し、その都度リフォームで

このまま住み続けるかと悩む事に成ります。

そんな時、出て行った子供達が帰り、一緒に住む事にでもなれば

良いのですが、 一度出た子供達は戻らないご家庭が多いく部分的に修理をし、

我慢しながら以後又、30年間も住み続けてます。

しかし、この頃建てた住宅は、断熱性能が低い為、冬寒く夏は暑く

特に冬は結露に悩まされ、その事によって発生するカビ・ダニなどが

室内環境に悪い影響を与え、健康にも悪影響を及ぼします。

光熱費等のランニングコストも結構な費用に成っていますが

長年住んでいますと、その事に気付いている方が殆どいません。

又、最近はあちこちで大きな地震が発生している為、現在お住まいの家

身近で大地震が起きた時に本当に大丈夫なのか、不安の方も

多いのではないでしょうか。

その様な方の為に、現在各市町村では

昭和56年6月以前の木造住宅を無料で耐震診断を行っております。

築30~40年位の住宅はこれからどうするかが一番の悩み所です、

思い切ってここで費用を掛けて建て替えるか、それとも今まで

住み慣れた愛着のある家、思い出やこだわりの部分を残し

現代の性能や耐震に対応し、室内環境の良い住まいに大規模な改修

をするかは、以後のご家庭の家族構成等によっても変わってきます。

そして、子供達帰りたく成るにする事も、大事ではないでしょうか。

次は、日本の住宅事情等のお話をさせて頂きます。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使った省エネ改修等も行う

タイガハウス