タグ別アーカイブ: 外断熱

高気密・高断熱住宅で暮らす中で、体で感じること

2020.09.17

大賀でお仕事を始めて、
はや2か月が経ちました。

解体のお手伝いやお引渡し前のお掃除などで
現場にお手伝いに行かせていただく日もありますが、
やはり大賀の事務所で過ごす時間のほうが
多い中で、大賀の家の特徴を日々体感しております。

 

この前、シラス壁の効果について
体感したことをブログ内でお話させて頂きましたが(2020.8/29ブログ参照)
今日は、大賀の家の室温のことで体感したことを
紹介させて頂きます。

 

大賀のホームページ内で事務所の
1階部分のことを紹介している文の中で、
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違いが体感できる造りになっています。」
という一文があります。

 

これを読んで、
率直に、「すごいわかるっ!!」と
思いました。

 

大賀の事務所兼モデルルームに1階には
玄関ホール、事務所、洗面所・トイレ
リビング、キッチン・・・
あと、もう一つお部屋があります。

長野市 地中熱活用 高気密・高断熱

写真の左側の平屋が、一般住宅と同じ施工法で造られた一室になっている。

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱 リノベーション

床下に伝わった地中熱をファンで2階へ搬送しているのが視覚的に見える仕組み(玄関ホール左奥)

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱住宅

キッチン・リビング・廊下は、肌に優しいスギの無垢材を使用している。

大賀の事務所は、
高気密・高断熱住宅ですが、
唯一、一般の住宅と同じ施工法で造られたお部屋があります。↓

外断熱 高気密・高断熱住宅 地中熱

一般の住宅と同じ施工法でつくられた一室は、このドアの先にあります。

一日に何度か、そのお部屋に出入りするのですが
ほんとーーーーーーーっに!!
全然違うのですっ!!(声を大にして言いたい)

 

 

夏のとても暑い日も、外断熱による
高気密・高断熱の事務所やリビング等は、
外の暑さを忘れるぐらいの快適さなのですが、
その感覚のまま西側の、そのお部屋に入ると・・・。

差にびっくりします。 (*_*)←こんな顔になります。

最近涼しくなってきたので、
そんなに、びっくりすることも減りましたが・・・。

 

以前、ご自宅を高気密・高断熱住宅へと改修する前に
大賀にいらしたお客様は、真冬にその部屋に試しに入ってみたところ、
「寒いっ!!ここだけ自分の家と一緒だ!!」
と大笑いしながら、おっしゃっていたそうです。

 

長々と文章を書いてしまいましたが、
結局のところ何を伝えたいかと言うと
「大賀の家は、快適。」ということです。

 

欲を言えば、お客様にも
自分と同じように
大賀の家を体感して頂きたい・・・。

なかなか気軽には、
お出かけできない世の中になってしまいましたが、
大切な大切なお家を、建てようと
考えている方には、一度だけでも
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違い」を
ぜひ、体で感じて欲しいなと思います。

ご相談やご相談がございましたら、
ホームページ内
「お問い合わせ・資料請求」のページから
お気軽にお問合せください。(*^^*)

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

土壁解体!

2020.09.10

改修工事中のK様宅にて、
土壁の解体をおこないました。

 

8/24(月)には、窓を取り付ける為の穴を
開けるために外壁の土壁を一部分解体しましたが、
今回は、内壁の土壁の解体をおこないました!

 

もともと、仕切られていた壁を
解体し、2部屋を1部屋にするという
リフォームをします。
広々とした、1つのお部屋になる予定です(^^♪

 



こ、これは・・・

前回の解体した土壁の範囲の何倍もの大きさです!
「今日は、結構大変だよ~。」ということで
気合を入れて、いざ!!!解体です!

貫と呼ばれる、柱を横に貫いて、
柱と柱を結びつける部材を、
バールで土壁を削りながら探していきます。

ベテランになると、無駄なところを削らず
ほぼ一発で土壁で見えない貫を
見つけてしまうのですごいです!!

露出した貫を前回同様、
ギコギコとのこぎりで切っていくと
土壁がバコッと、外れました!

これが・・・↓

こうなって↓(社長が偶然写っていました(^^))

↑こうなりました!(*^^*)

視界が開けて、開放感のある空間になりました。

土壁の解体は、とても大変な作業ですが
解体をする中で、
土壁の構造などをすることができて勉強になります(^^

 

 

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

 

クリーンエネルギーを取り込む「伝導型地中熱住宅」セミナー開催

2019.12.07

これからの家は家族が快適に暮らすためだけではなく、環境に対する影響も考えなければ

なりません。

古代の人びとが厳しい自然の中で生き抜くために身につけた知恵は、土の断熱性と熱を伝える性質

を利用した竪穴式住居として受け継がれてきました。

この地面の熱は、太陽からのふく射熱です。だれの家の床下にも存在する太陽の恵みです。

でもこの地面の熱を利用できるのは約半年後、夏の熱は冬に冬の冷気は夏に取り込むことがで

きるのです。

夏、太陽の燃えるような熱は地面表面から少しずつ約半年かけて地中深く蓄えられます。

冬、凍るような冷気はやはり約半年かけて地表から地面の中を冷やしていきます。

その自然の流れをうまく床下から室内に取り込んで利用できるようにしていくのが

「タイガハウス」の原点である、伝導型の地中熱です。

大きな工事は必要ありません。ただ、地面のわずかな熱を利用するため家の造りにとても気を使う

必要があります。それは何かというと、完全な外断熱工法をとることです。

基礎の外側から小屋裏まで、途切れることの無い外断熱施工です。

この季節にご自身で「タイガハウス」はどんなものなのか、じっくり体感して下さい。

勿論、新築ばかりではありません。既存の住宅にこそ活用して欲しいと思っております。

大事なわが家をもう一度、暮らしやすく自然環境を考えた家にリノベーションすることができま

す。取り壊して建て替えを考えている方一度「タイガハウス」を体感してください。

 

毎月セミナーは下記のように開催します。

 

◆ 日時・・毎月第三土曜日

会場・・タイガハウスのモデルルーム内

内容・・1)伝導型地中熱の取り込み方

・・・・2)地中熱を活用した家づくり、外せないポイト

 

  • →メールでのお申込みはコチラから
  • お電話でのお問合せ:026-293-3709当日お越しになる予定の人数をコメント欄にご記入の上、お申込み下さい。尚、ご予約は第二(水)までにお願い致します。また、当日どうしてもご都合のつかない場合もお気軽にご相談下さい。

地中熱を使ったあったかい家の断熱改修工事~基礎工事

2018.09.01

「長期優良住宅化リフォーム」・地中熱を利用したあったかい家への断熱改修工事の基礎工事が終わりました。

書類申請で思った以上に時間がかかり、BELS(ベルス)星★五つランクの承認を受けのちに長野市に「長期優良住宅(増築・改築)の認定申請」を提出しその後工事が始まる関係で、基礎工事等を進めることが出来ず基礎工事が遅れてしまいました。(国からの補助金を受ける必須事項です)

工事のローテンションが狂うと、その後の工事にずれ込んできて調整するのに時間がかかります。工事が一時中断してしまうので、お施主様にもご心配とご迷惑をお掛けしてしまいます。どのように段取りをつけるのが一番いいのか考え悩んでいましたが、現況をそのままお話するしかありません。遅れた理由をお施主様にご説明させて頂きますと、快くご理解頂きまして感謝するばかりです。

基礎屋さんをはじめとしてどの職種でも、この時期本当に忙しいようで一度予定を外すと次は明日から、というわけにはいかなくなってしまうが一番辛いところです。

 

DSC_0087 DSC_0116

猛暑の中、基礎工事も無事終了いたしました。既存の布基礎を補強し防湿コンクリートの工事です。地熱を活用するには床下を蓄熱用の防湿コンクリートにする必要があります。この工事により地中の熱及び冷熱を床下に蓄積することが可能になります。(ここまでは一般的な住宅の基礎施工と変わりません)

リフォームの場合のコンクリート打設は、屋根の下での作業ですのでコンクリートの固まり状況においては非常にベストでした。

炎天下でのコンクリート打設になると、暑さで一気にコンクリートの表面が乾いてひび割れの原因になってしまう場合があるので、基礎の表面に静かに水を張ってコンクリートの表面が一気に乾くのを防いでやる、というような養生が必要になってきます。

この夏のように、とくべつの暑さの中では作業する人も大変ですが、コンクリートも仕上がりや強度の点で細心の注意が必要になります。

ですから特別暑い炎天下でのコンクリート打設は、できれば避けた方が賢明かと思います。

DSC_0078  DSC_0109

《基礎の外断熱工事及び敷設断熱工事終了》

基礎外部の立ち上がり部分に防蟻用の断熱材を貼り付け、断熱材の劣化防止とシロアリ被害から守るためのモルタルを塗ります。

敷設断熱材の下には、シロアリ防御(タームガードシステム)用の配管が施工されています。

既存土壁は自然の断熱材としてそのまま活用します。

その後、通気を取りながら建物全体~屋根(小屋裏)まで外断熱工事に入ります。

写真のように、基礎外周部を埋め戻して基礎工事が終了していきます。

高断熱・高気密住宅での内断熱と外断熱の施工のちがい

2018.03.08

20年ほど前の家づくりでは、高断熱・高気密住宅は特別な建物でした。

それが今では、高断熱・高気密住宅を知らない人はおそらくいないと思いますし、知らなくとも

耳に馴染んでいる言葉だと思います。

でも最新の造りの家に住んでいる人が満足して暮らせているか、というとそうでもないようです。

「建てた時はあったかい家のはずでした」とか「満足していたのですが・・」と訴える方がとても

多いのです。

特に弊社にお見えになる方は皆さんそのようなお悩みを抱えておいでです。

家の性能はこの20年ほどの間に大きく進歩しています。

それぞれの施工業者独自の工法が数多くありますので、一概に断定できませんが以下のよう

に考えられると思います。

1)もともと気密性が取れていない(施工者の技術不足)

2)壁内湿気で断熱材(グラスウール)が沈み込み、壁内に隙間ができた

3)建築後木材が自然乾燥して縮み断熱材との間に隙間ができた

4)建物は外断熱でも基礎部分が内断熱のため取り合いで不具合が起こる

◆断熱の仕方は家づくりの究極でもありますが、急所でもあります。

間違った断熱構造・施工により、せっかく建てた家の寿命を短くしたり、住む人の健康がおびやか

されたり不快な思いをしますので、建物は見た目だけでは判断できないないのです。

 

《基礎から一体型の外断熱と内断熱住宅の違い》

注)一般的に言われている外断熱方法は、図の内断熱のとり方のように、小屋裏も床下も室外と考える方法が多く採用されております。そのため外断熱住宅で建てたはずなのに効果が感じられないのです。

外壁は外断熱、床下や小屋裏部分は内断熱となっている場合、そのつなぎ目の施工で完全な気密が取りにくくなります。

わずかな隙間や施工不備が高断熱・高気密住宅には命取りになります。

家を断熱するとき、今まではグラスウールなどの断熱材を外壁と内壁の壁空洞に、柱と柱の間に埋め込むように入れる「内断熱」でした。

これに対して、壁空洞を残したまま、柱の外側に板状の断熱材を途切れることなく張りつめるのが「外断熱」です。

このような方法で外断熱にすることにより、壁内に通気層ができ壁内結露しにくくなり、構造材が長持ちするようになります。