タグ別アーカイブ: 地中熱利用

12/19(土)地中熱の家・体感&見学会開催!

2020.11.21

2020年最後の〈地中熱の家体感&見学会〉を開催致します!

最近は11月とは思えないほどの、あたたかい日が続いていますが、
体感見学会は12月の中旬の開催となりますので、
寒い時期の〈地中熱活用住宅の魅力〉を
存分に感じて頂けるのではないかと考えております。

モデルハウス内は、自由に見学して頂けます。
各部屋の室温に興味がある方には、
放射温度計をお渡ししております。
モデルハウスのアチコチを是非、自由に測ってみてください。
興味のある方は、スタッフにお声掛けください。

 

※新型コロナウイルス感染予防の対策の為、
午前午後ともに、貸し切りでのご対応をさせて頂きます。

・スタッフのマスク着用
・24時間換気
・次亜塩素酸空間除菌(ジアイ―ノ)
・スタッフの手洗い&手指消毒
・物品や家具のアルコール消毒

以上を徹底しております。

地中熱の家 体感&見学会

開催日程は、下記の通りとなっております。
お申し込みは、前日までにお電話またはメールにてお申込みください。

——————————記——————————————

日時:12/19(土) AM10:00~11:30 PM14:00~15:30
※「この日は、どうしても都合がつかない。」「平日しか夫婦そろっての休みがない。」
という場合は、別途対応をさせて頂きますので、事前にお問合せください。

住所:長野市篠ノ井塩崎6777-5
TEL:026-293-3709

 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

↓ メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ ↓

 

「地中熱を活用した家です。」パート③

2020.10.31

最近、本格的に寒くなってきましたね(*_*)
こたつの中にいることが多くなり
「ちょっとは運動しないとな・・・。」と感じているこの頃です。

 

前回の「地中熱を活用した家です。」パート②から
気づけば、結構な日にちが経ってしまっていました。

 

今日はパート①で、チラッとお話しした、
地中熱活用の為の「普段は見えない場所にあるシステム」
をご紹介させて頂きます。

 

以前、ブログ内で
冬は上から下へ、夏は下から上へと
空気が動いていることが視覚的にわかる動画を紹介させて頂きました。
(リボンがヒラヒラと動いている動画です。)
こちらのブログをご参照ください。

今日は、その空気の流れをつくっている
システムを見ていきます♪

 

下の図をご覧ください。

伝導型 地中熱活用

図1 地中熱活用 床下システム

図1の赤丸の部分(屋根裏)には、あるシステムが設置されています。
それが、下のシステムです!

熱伝導方式 地中熱利用

この写真は、空気循環システムの本体のみで
空気を循環させるパイプはまだ繋げていない状態です。

 

地中熱活用 空気循環システム

図1の赤マルの部分を、拡大してみると
上のような空気の流れになっています。

 

冬は、右のファンのみが作動し、(左は止まっています。)
①天井付近の暖かい空気を吸い込む
②その空気を床下に吹き下ろす
という流れができます。

夏は、左のファンのみが作動し、(右は止まっています。)
①床下から空気を汲み上げる
②その空気を天井から室内に放出する
という逆の空気の流れになります。

 

このようにして、家中の空気循環がなされています。

普段は人から見られないところにありますが
地中熱を活用するために欠かせない
重要なシステムです。

ちなみに、今年は、
10月のはじめくらいに「冬モード」
に切り替えました!

 

違うタイプのものもあるようですが
事務所は、スイッチをパチッと押して
「冬モード」「夏モード」を
切り替えるシンプルなタイプです。

地中熱利用 空気循環システム

今度、このボタンを押すのはだいぶ先になりますね(。-_-。)

 

「地中熱を活用した家です」パート①

2020.10.09

 

「地中熱を活用した家です。」

・・・と、言葉だけで聞いても,
日常的に使うワードではないので、
あまり、ピンとこない方も多いと思います。

 

実際に、地中熱活用のモデルハウス兼事務所で
お仕事をしながら、過ごすことができている自分は、
「冷暖房を使っていないのに、この暖かさ(涼しさ)?!」と
日々、肌で感じて驚いています。
でも、体感するためにモデルハウスまで来るのが大変な方も、
きっと、たくさんいらっしゃるはず・・・。

 

「この快適さを皆さんに知ってもらいたいけれど
どのようにお伝えしていこう・・・。」

 

しばらく頭の中でぐるぐる考え、
「視覚的に伝えよう!!写真や、動画で!」
という考えに至りました(*^^*)

 

 

下の図は、熱伝導方式という方法で
地中熱を利用している家のシステムがわかりやすく記載されています。
(大賀のモデルハウス兼事務所も同じ方式で地中熱を利用してます!)

熱伝導方式 地中熱利用

熱伝導方式 地中熱利用(夏)

熱伝導方式 地中熱利用

熱伝導式 地中熱利用(冬)

エコホームズ㈱さんのホームページより。

 

とっても分かりやすい図ですが、
それぞれの箇所を目で見ながら、
実際に確認すると、よりわかりやすく、
何より「こんな仕組みなんだ!」と、楽しめます(^o^)♪

 

・・・しかし、残念ながら本日すべてをご紹介することが難しいので
本日をパート①として、何回かに分けてご紹介させて頂きます♪

 

それでは!!
先ほどの地中熱利用の図の中の、
赤い丸で囲んだ場所(下図)を、
実際に、見に行きましょう(^o^)丿

熱伝導方式 地中熱利用

熱伝導方式 地中熱利用(夏)

この赤い丸で囲んだ部分には、透明の<塩化ビニル管>があります。
お客様のご希望に合わせて、このように普段見えやすい場所に配置したり、
普段は見えないクローゼットの一角に配置したりします。
(事務所の場合は、皆様にぜひ見て頂きたいので玄関にあります(^^♪)
→見学したい方は、お気軽にお問合せください♪

初めて事務所に来たとき、この塩化ビニル管が
真っ先に目に飛び込んできて、
「ん??これ、なんだろう?」と不思議に思いました。

床下に伝わった地中熱をファンで2階へ搬送しているのが視覚的に見える仕組み(夏季)

左奥に透明な塩化ビニル管が見える。

写真だと小さくわかりずらい為、お客様のお宅にて
撮らせて頂いた同じ塩化ビニル管を、動画で
見ていきましょう!
(※音が出ますので、お気をつけください)

 

青いリボンが下から上に向かってヒラヒラ~!っと勢いよく吹き上げられています!
これは、夏の床下システムが作動中のところです。
冬から持ち越された床下の冷たい空気をファンで上へと搬送し、
その後、2階の天井付近から放出しています。

今年の夏は、相当暑かったですが
このシステムのおかげで、今まで経験したことが
ないくらいに、快適な夏を過ごすことができました(。-_-。)

 

 

続きまして・・・
冬の場合は、どうなっているのか見てみましょう!

熱伝導方式 地中熱利用

赤い丸で囲まれた部分がこちらです↓

今度は夏とは逆の動きで、
上からくる空気によって、
赤いリボンが下へとヒラヒラ~と勢いよく吹かれています!
これは、冬の床下のシステムが作動しているところです。
2階の天井付近に溜まった日中の日射や暖房で温められた空気を
床下へと吹き下ろしています。

 

その吹き下ろした暖かい空気は、床下の土間床に蓄えられていきます。
そして、床下は夏から持ち越した暖かい地温が伝わり、
冬でも15℃~19℃前後あります。
(冬の床下の温度とは思えないあったかさ!)

 

太陽のふく射熱と地中の温度の相乗効果で、蓄熱していくのですね。

 

寒くなってきた近頃、事務所に入ると
「あったかいな~。」と感じることができるのは
この床下システムのおかげなんだなー(*^^*)

 

今日は、床下システムの普段見えている場所の紹介を
させて頂きましたが、
今度は、普段は目に見えないような
場所もご紹介できたらなと思います(^^♪

 

長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

高気密・高断熱住宅で暮らす中で、体で感じること

2020.09.17

大賀でお仕事を始めて、
はや2か月が経ちました。

解体のお手伝いやお引渡し前のお掃除などで
現場にお手伝いに行かせていただく日もありますが、
やはり大賀の事務所で過ごす時間のほうが
多い中で、大賀の家の特徴を日々体感しております。

 

この前、シラス壁の効果について
体感したことをブログ内でお話させて頂きましたが(2020.8/29ブログ参照)
今日は、大賀の家の室温のことで体感したことを
紹介させて頂きます。

 

大賀のホームページ内で事務所の
1階部分のことを紹介している文の中で、
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違いが体感できる造りになっています。」
という一文があります。

 

これを読んで、
率直に、「すごいわかるっ!!」と
思いました。

 

大賀の事務所兼モデルルームに1階には
玄関ホール、事務所、洗面所・トイレ
リビング、キッチン・・・
あと、もう一つお部屋があります。

長野市 地中熱活用 高気密・高断熱

写真の左側の平屋が、一般住宅と同じ施工法で造られた一室になっている。

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱 リノベーション

床下に伝わった地中熱をファンで2階へ搬送しているのが視覚的に見える仕組み(玄関ホール左奥)

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱住宅

キッチン・リビング・廊下は、肌に優しいスギの無垢材を使用している。

大賀の事務所は、
高気密・高断熱住宅ですが、
唯一、一般の住宅と同じ施工法で造られたお部屋があります。↓

外断熱 高気密・高断熱住宅 地中熱

一般の住宅と同じ施工法でつくられた一室は、このドアの先にあります。

一日に何度か、そのお部屋に出入りするのですが
ほんとーーーーーーーっに!!
全然違うのですっ!!(声を大にして言いたい)

 

 

夏のとても暑い日も、外断熱による
高気密・高断熱の事務所やリビング等は、
外の暑さを忘れるぐらいの快適さなのですが、
その感覚のまま西側の、そのお部屋に入ると・・・。

差にびっくりします。 (*_*)←こんな顔になります。

最近涼しくなってきたので、
そんなに、びっくりすることも減りましたが・・・。

 

以前、ご自宅を高気密・高断熱住宅へと改修する前に
大賀にいらしたお客様は、真冬にその部屋に試しに入ってみたところ、
「寒いっ!!ここだけ自分の家と一緒だ!!」
と大笑いしながら、おっしゃっていたそうです。

 

長々と文章を書いてしまいましたが、
結局のところ何を伝えたいかと言うと
「大賀の家は、快適。」ということです。

 

欲を言えば、お客様にも
自分と同じように
大賀の家を体感して頂きたい・・・。

なかなか気軽には、
お出かけできない世の中になってしまいましたが、
大切な大切なお家を、建てようと
考えている方には、一度だけでも
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違い」を
ぜひ、体で感じて欲しいなと思います。

ご相談やご相談がございましたら、
ホームページ内
「お問い合わせ・資料請求」のページから
お気軽にお問合せください。(*^^*)

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

土壁解体!

2020.09.10

改修工事中のK様宅にて、
土壁の解体をおこないました。

 

8/24(月)には、窓を取り付ける為の穴を
開けるために外壁の土壁を一部分解体しましたが、
今回は、内壁の土壁の解体をおこないました!

 

もともと、仕切られていた壁を
解体し、2部屋を1部屋にするという
リフォームをします。
広々とした、1つのお部屋になる予定です(^^♪

 



こ、これは・・・

前回の解体した土壁の範囲の何倍もの大きさです!
「今日は、結構大変だよ~。」ということで
気合を入れて、いざ!!!解体です!

貫と呼ばれる、柱を横に貫いて、
柱と柱を結びつける部材を、
バールで土壁を削りながら探していきます。

ベテランになると、無駄なところを削らず
ほぼ一発で土壁で見えない貫を
見つけてしまうのですごいです!!

露出した貫を前回同様、
ギコギコとのこぎりで切っていくと
土壁がバコッと、外れました!

これが・・・↓

こうなって↓(社長が偶然写っていました(^^))

↑こうなりました!(*^^*)

視界が開けて、開放感のある空間になりました。

土壁の解体は、とても大変な作業ですが
解体をする中で、
土壁の構造などをすることができて勉強になります(^^

 

 

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

 

本日のお客様♪

2020.09.03

ここ何日か、とっても
涼しい風が吹いていますね。

夜、網戸越しに聞こえてくる
コロコロコロ~…
リーン、リーン…などのきれいな
虫の鳴き声に耳を傾けながら、
久しぶりに、気持ちよく
ゆっくり熟睡したような気がします♪

 

大賀でも、
扇風機を回すだけで
快適に過ごすことができる時間が
徐々に長くなってきました。

私が、大賀で、
「あ~、涼しいなぁ~。」と
今、感じている涼しさは
半年前の寒い冬に大地から地中にコツコツと蓄えていた
ものだと思うと、なんだか不思議な気持ちになります・・・。

例えるなら、
きれいな星空を見ながら
「今、私が見ている星の光は
何万年も昔の星の光なんだよなー…。」
としみじみと感じている時の感覚に似ています。

そして、今
不快に思われがちな夏の熱が、
冬になって、家の中で使われて
「あ~、あったかいなぁ。」と
思える日が来るのだなと思うと
この残暑にも感謝の気持ちが沸いてきました(*^^*)


→大賀のモデルハウス兼事務所です。

 

話は変わりますが、

昨日、お掃除をしている時に
窓の外を見たら、

網戸越しに、一人の・・・
いいえ、一匹のお客様を
奥さんと一緒に発見しました!

 

昆虫について、あまり詳しくないですが
ショウリョウバッタ??
で、間違いないですかね??
まだ、小さいので赤ちゃんかな?

 

大賀のゴーヤのすだれの傍の
網戸がよっぽど気に入ったのか
ずいぶんと長い間、そこで休んでいました♪

 

私は、奥さんから聞いて初めて知ったのですが、
バッタにはスピリチュアルな役割や意味が
あるのだそうです!

 

ショウリョウバッタは漢字で書くと
「精霊飛蝗」と書き、お盆に帰ってきた
ご先祖をあの世まで送り届ける役割が
あるのだそうです。(全然知りませんでした。)

 

ほかにも、土地を守る力があるということや
大きく跳躍する予兆だとか・・・。

イギリスや中国などでは
また、それぞれ違った意味があり、
大切な存在として扱われているみたいですね(^^♪

 

とにかく、バッタがお客さんとして
訪れたということは
いいことが起きる・・・かも・・・???(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイガハウスは夜もあったか、羽毛布団もいりません。

2019.01.15

弊社の事務所は築40年ほどの家を地中熱を活用して「あったかい家」に改修してあります。

昼間はとても暖かく快適に仕事ができているのですが、はたして暮らしてみたらどうなんだろう・・タイガハウスに暮らすOBお施主様からは「夜も本当にあったかくて具合いがいいよ、タイガさん夜暮らさないなんてもったいないよ!」といつも言われてはいるのです。

以前忘年会の帰りに大工さんがこの事務所の2階にとまったことがあります。

次の日「このうちはあったかいな~」と、ご自分で改修した家をほめちぎっていたので、思わず笑いそうになりましたが・・やはり自分が実感しなければ無責任だと気が付き、泊まってみることにしたのです。

布団は押入から出してそのまま使ったのですが、全く冷たくありません。冷たいどころかホカホカあったかいです。

シーツはあえて夏のものを敷きましたが、足先からポカポカしてきます。

外は雪が積もっていて布団は干せた状態ではないのに、この暖かさは何?・・です。

一晩中寒さ知らずのこの家は、羽毛布団なんか暑すぎです。秋ごろ使っていた布団で充分。

寒くて羽毛布団にくるまっていたのがうそのように穏やかな温かさです。夜中にトイレにも起きない、血圧も良好です。

ヒートショックなんて言葉も浮かびません。今、本当に真冬なんですよね・・と思ってしまうほど。やっとOBお施主様の言っていることがお世辞ではないことが分かりました。

ただ、24時間換気がうるさくて気になりました。OBお施主様も初めは気になった、と言っていましたので、明日は夜だけ換気を止めてみようと思います。

自我自賛で信じられないかもしれませんが、この家本当に寒くないのです。冬に寒くない家は、体だけでなく心まで満ち足りて過ごせるんです。「ストレスフリーの家」です。

厳冬の季節は蓄熱暖房機1台17℃~20℃ほどに設定しております。これだけで二階部分は一冬中、全く暖房はしておりません。

でも床下から冷えてこないので室内は夜でも17~18℃程です。

一階のあったかい空気が二階に上昇していくから二階の2部屋は特別暖かく、押入の中まで温められるのだと思います。

突然のお客様にも慌てることなくお泊り頂ける『地熱活用のあったかリフォーム』の家です。

 

真冬の工事現場より・・「長期優良住宅化リフォーム」の家

2019.01.11

2月中にお引き渡しが決まってる長野市のY様邸。

まだ正月休み中ですが、熱心な大工さんたちは4日から仕事を始めてくれました。

それを聞いた社長は、いそいそと陣中見舞いをもって現場に出かけていきました。

現場担当者はたまたま旅行中でしたが、それを聞きつけてホテルを一泊キャンセルして次の日出勤してきたのです。驚きました。でも、なんと有難いこと・・。

DSC_0010 DSC_0018

暮れの好天気が幸いして、外壁左管工事も無事に終わっています。外部は(株)高千穂のスーパー白洲そとん壁を施工しています。これにより、外壁はメンテナンスフリーとなり、今後の外壁塗り替えやコーキングの劣化対策をしなくてもよくなるわけです。シラス材や左官工事費などはサイディング工事などより高額になりますが、見た目の重厚感と性能、またメンテナンス等に係る費用がいらないということを考えると、将来的にお施主様にとっても経済的負担と心理的負担がかなり軽くなると思われます。

で、内部の大工工事もそろそろ終盤を迎えているのですが、いよいよ雪が降ってみるとやはり暖冬と言ってもホント寒いですね。

雪の降った翌日などはマイナス11度などと言っています。今まで雪が降らないうちは朝のうちだけストーブを焚いていたのですが、さすがにここに来てこの寒さです。

ストーブを焚いて風邪をひかないようにして欲しいと思います。

夏の工事現場では、大工さんやら職人さんたち、又お施主様も「外から来るとこの家、涼しいのを実感するね~」といっていたのを思い出しました。長期優良住宅化リフォームの認証を受けているY様邸も、厳しい寒さの中にあっても特別冷えきってしまうことはありません。

DSC_0053 (2) DSC_0059

壁も屋根も基礎外周部も、全て一続きの断熱材で覆われているので外気の影響は極力受けないようになっています。これから換気扇が取り付けられ気密もしっかりしてくると、あまり寒くないのを実感することができると思います。

早春のお引き渡しを心待ちにしているY様ご家族の笑顔が楽しみです。

 

 

 

地中熱を使ったあったかい家の断熱改修工事~基礎工事

2018.09.01

「長期優良住宅化リフォーム」・地中熱を利用したあったかい家への断熱改修工事の基礎工事が終わりました。

書類申請で思った以上に時間がかかり、BELS(ベルス)星★五つランクの承認を受けのちに長野市に「長期優良住宅(増築・改築)の認定申請」を提出しその後工事が始まる関係で、基礎工事等を進めることが出来ず基礎工事が遅れてしまいました。(国からの補助金を受ける必須事項です)

工事のローテンションが狂うと、その後の工事にずれ込んできて調整するのに時間がかかります。工事が一時中断してしまうので、お施主様にもご心配とご迷惑をお掛けしてしまいます。どのように段取りをつけるのが一番いいのか考え悩んでいましたが、現況をそのままお話するしかありません。遅れた理由をお施主様にご説明させて頂きますと、快くご理解頂きまして感謝するばかりです。

基礎屋さんをはじめとしてどの職種でも、この時期本当に忙しいようで一度予定を外すと次は明日から、というわけにはいかなくなってしまうが一番辛いところです。

 

DSC_0087 DSC_0116

猛暑の中、基礎工事も無事終了いたしました。既存の布基礎を補強し防湿コンクリートの工事です。地熱を活用するには床下を蓄熱用の防湿コンクリートにする必要があります。この工事により地中の熱及び冷熱を床下に蓄積することが可能になります。(ここまでは一般的な住宅の基礎施工と変わりません)

リフォームの場合のコンクリート打設は、屋根の下での作業ですのでコンクリートの固まり状況においては非常にベストでした。

炎天下でのコンクリート打設になると、暑さで一気にコンクリートの表面が乾いてひび割れの原因になってしまう場合があるので、基礎の表面に静かに水を張ってコンクリートの表面が一気に乾くのを防いでやる、というような養生が必要になってきます。

この夏のように、とくべつの暑さの中では作業する人も大変ですが、コンクリートも仕上がりや強度の点で細心の注意が必要になります。

ですから特別暑い炎天下でのコンクリート打設は、できれば避けた方が賢明かと思います。

DSC_0078  DSC_0109

《基礎の外断熱工事及び敷設断熱工事終了》

基礎外部の立ち上がり部分に防蟻用の断熱材を貼り付け、断熱材の劣化防止とシロアリ被害から守るためのモルタルを塗ります。

敷設断熱材の下には、シロアリ防御(タームガードシステム)用の配管が施工されています。

既存土壁は自然の断熱材としてそのまま活用します。

その後、通気を取りながら建物全体~屋根(小屋裏)まで外断熱工事に入ります。

写真のように、基礎外周部を埋め戻して基礎工事が終了していきます。