タグ別アーカイブ: 地中熱住宅

高気密・高断熱住宅で暮らす中で、体で感じること

2020.09.17

大賀でお仕事を始めて、
はや2か月が経ちました。

解体のお手伝いやお引渡し前のお掃除などで
現場にお手伝いに行かせていただく日もありますが、
やはり大賀の事務所で過ごす時間のほうが
多い中で、大賀の家の特徴を日々体感しております。

 

この前、シラス壁の効果について
体感したことをブログ内でお話させて頂きましたが(2020.8/29ブログ参照)
今日は、大賀の家の室温のことで体感したことを
紹介させて頂きます。

 

大賀のホームページ内で事務所の
1階部分のことを紹介している文の中で、
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違いが体感できる造りになっています。」
という一文があります。

 

これを読んで、
率直に、「すごいわかるっ!!」と
思いました。

 

大賀の事務所兼モデルルームに1階には
玄関ホール、事務所、洗面所・トイレ
リビング、キッチン・・・
あと、もう一つお部屋があります。

長野市 地中熱活用 高気密・高断熱

写真の左側の平屋が、一般住宅と同じ施工法で造られた一室になっている。

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱 リノベーション

床下に伝わった地中熱をファンで2階へ搬送しているのが視覚的に見える仕組み(玄関ホール左奥)

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱住宅

キッチン・リビング・廊下は、肌に優しいスギの無垢材を使用している。

大賀の事務所は、
高気密・高断熱住宅ですが、
唯一、一般の住宅と同じ施工法で造られたお部屋があります。↓

外断熱 高気密・高断熱住宅 地中熱

一般の住宅と同じ施工法でつくられた一室は、このドアの先にあります。

一日に何度か、そのお部屋に出入りするのですが
ほんとーーーーーーーっに!!
全然違うのですっ!!(声を大にして言いたい)

 

 

夏のとても暑い日も、外断熱による
高気密・高断熱の事務所やリビング等は、
外の暑さを忘れるぐらいの快適さなのですが、
その感覚のまま西側の、そのお部屋に入ると・・・。

差にびっくりします。 (*_*)←こんな顔になります。

最近涼しくなってきたので、
そんなに、びっくりすることも減りましたが・・・。

 

以前、ご自宅を高気密・高断熱住宅へと改修する前に
大賀にいらしたお客様は、真冬にその部屋に試しに入ってみたところ、
「寒いっ!!ここだけ自分の家と一緒だ!!」
と大笑いしながら、おっしゃっていたそうです。

 

長々と文章を書いてしまいましたが、
結局のところ何を伝えたいかと言うと
「大賀の家は、快適。」ということです。

 

欲を言えば、お客様にも
自分と同じように
大賀の家を体感して頂きたい・・・。

なかなか気軽には、
お出かけできない世の中になってしまいましたが、
大切な大切なお家を、建てようと
考えている方には、一度だけでも
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違い」を
ぜひ、体で感じて欲しいなと思います。

ご相談やご相談がございましたら、
ホームページ内
「お問い合わせ・資料請求」のページから
お気軽にお問合せください。(*^^*)

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

土壁解体!

2020.09.10

改修工事中のK様宅にて、
土壁の解体をおこないました。

 

8/24(月)には、窓を取り付ける為の穴を
開けるために外壁の土壁を一部分解体しましたが、
今回は、内壁の土壁の解体をおこないました!

 

もともと、仕切られていた壁を
解体し、2部屋を1部屋にするという
リフォームをします。
広々とした、1つのお部屋になる予定です(^^♪

 



こ、これは・・・

前回の解体した土壁の範囲の何倍もの大きさです!
「今日は、結構大変だよ~。」ということで
気合を入れて、いざ!!!解体です!

貫と呼ばれる、柱を横に貫いて、
柱と柱を結びつける部材を、
バールで土壁を削りながら探していきます。

ベテランになると、無駄なところを削らず
ほぼ一発で土壁で見えない貫を
見つけてしまうのですごいです!!

露出した貫を前回同様、
ギコギコとのこぎりで切っていくと
土壁がバコッと、外れました!

これが・・・↓

こうなって↓(社長が偶然写っていました(^^))

↑こうなりました!(*^^*)

視界が開けて、開放感のある空間になりました。

土壁の解体は、とても大変な作業ですが
解体をする中で、
土壁の構造などをすることができて勉強になります(^^

 

 

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

 

本日のお客様♪

2020.09.03

ここ何日か、とっても
涼しい風が吹いていますね。

夜、網戸越しに聞こえてくる
コロコロコロ~…
リーン、リーン…などのきれいな
虫の鳴き声に耳を傾けながら、
久しぶりに、気持ちよく
ゆっくり熟睡したような気がします♪

 

大賀でも、
扇風機を回すだけで
快適に過ごすことができる時間が
徐々に長くなってきました。

私が、大賀で、
「あ~、涼しいなぁ~。」と
今、感じている涼しさは
半年前の寒い冬に大地から地中にコツコツと蓄えていた
ものだと思うと、なんだか不思議な気持ちになります・・・。

例えるなら、
きれいな星空を見ながら
「今、私が見ている星の光は
何万年も昔の星の光なんだよなー…。」
としみじみと感じている時の感覚に似ています。

そして、今
不快に思われがちな夏の熱が、
冬になって、家の中で使われて
「あ~、あったかいなぁ。」と
思える日が来るのだなと思うと
この残暑にも感謝の気持ちが沸いてきました(*^^*)


→大賀のモデルハウス兼事務所です。

 

話は変わりますが、

昨日、お掃除をしている時に
窓の外を見たら、

網戸越しに、一人の・・・
いいえ、一匹のお客様を
奥さんと一緒に発見しました!

 

昆虫について、あまり詳しくないですが
ショウリョウバッタ??
で、間違いないですかね??
まだ、小さいので赤ちゃんかな?

 

大賀のゴーヤのすだれの傍の
網戸がよっぽど気に入ったのか
ずいぶんと長い間、そこで休んでいました♪

 

私は、奥さんから聞いて初めて知ったのですが、
バッタにはスピリチュアルな役割や意味が
あるのだそうです!

 

ショウリョウバッタは漢字で書くと
「精霊飛蝗」と書き、お盆に帰ってきた
ご先祖をあの世まで送り届ける役割が
あるのだそうです。(全然知りませんでした。)

 

ほかにも、土地を守る力があるということや
大きく跳躍する予兆だとか・・・。

イギリスや中国などでは
また、それぞれ違った意味があり、
大切な存在として扱われているみたいですね(^^♪

 

とにかく、バッタがお客さんとして
訪れたということは
いいことが起きる・・・かも・・・???(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏真っ只中ですね

2020.08.04

 皆さん。こんにちは!はじめまして。
私、今年から新入社員として、頑張っております、降旗です。
これから、どうぞよろしくお願い致します。

 

梅雨が明け、毎日暑い日が続いていますね。
少し外を歩いただけで、バテテしまうような気温です。
「今、何度くらいなのかな??」と少し気になって携帯で調べてみると・・・

なんと33℃!!それは、暑いわけです・・・。

皆さん、こまめに水分を補給して熱中症にならないように
お気をつけてください。

 

大賀でお仕事させていただくようになり、数週間が経ちましたが
最近、無意識にデスクの下でスリッパを
脱いでいることに気が付きました。(お行儀の悪い新入りですみません)

どうして脱いでしまうのかというと・・・
床がとってもひんやりしていて気持ちがいいのです!

 

お仕事中でなければ、素足でペタペタと歩き回りたいくらいです♪

事務所が地中熱を使っているとのことなので
お仕事をしながら、地熱住宅の良さを感じていけるかなと思います。

 

社長や奥さんが、「勉強も大事だけど、まずは肌で良さを感じてね。」
と言ってくださったのを思い出しました。

これからたくさん学び、皆様に私が感じた
地熱住宅の良さを伝えていけたらいいなぁと思います。

 

話は、変わりますが
いつも休憩中にきれいだなーっと思いながら眺めている
ゴーヤのグリーンカーテンです。

日よけにもなり、美味しいゴーヤが採れるなんて
素敵ですよね♪

何より、見た目がとっても涼やかです。

 

 

これから、たくさん実りがあるそうなので
私にも、少しおすそわけがくるかな?!なんて
期待をしております( ̄▽ ̄)

 

 

家の換気を考えたことありますか?

2020.07.28

5月14日(木)、この日から本格的に事務所の災害復旧工事に入りました。

今回台風19号で私たちが経験したことは、これから住宅を新築する方だけでなく、リフォームを考えている方、特別何も考えていない方にもいつかお役に立つと思います。

今まで家を建てた施工業者やお施主様が、換気についてどれだけ感心をもっているかというと、2020年の今でも残念ながらそれほど多くないように思えるのです。
実は、30年ほど前の私たちは換気のことなど全く考えていませんでした。
シックハウス問題が起こり、建築基準法が改正され換気設備が強制的に取り入れられたのです。
それでも、「建築基準法で決まっているから換気扇を付けておくけど、寒かったら止めてもらっていいから」なんて、聞こえてきたりもしました。

私達が「タイガハウス」を手掛けるようになってから換気のことをしっかり勉強し、知るようになりました。
「タイガハウス」は通気と換気が命となります。とても重要な要素です。
今回その「タイガハウス」が床上浸水、半壊の判定を受けました。

水害後半年もたってからやっと自宅の壁を剥ぐことができました。
間仕切りの壁を剥いでみると、
黒、白、赤とカラフルなカビの花が一面ビッシリでした。

その後3か月ほど経ってから壊した24時間換気されている家(事務所)は、
水につかった痕跡がわずかに残っているだけで、カビなどどこにも見当たりません。 

自宅の状況を見ていたので当然カビだらけだろう、とみんなで思っていたので拍子抜けです。

こんなことなら事務所の壁を壊さなければよかったかな~、なんて大工さんたちと笑いましたが、両方の住宅を比べていったいどこが違うんだろう・・・とみんなで考えました。


どう考えてみても、地熱を取り入れるための床下と壁内部の空気循環と24時間強制換気しか思い当たらないのです。

我が家はRC造りの気密性の高い住宅です。しかし、35年も前の建物ですので、換気機能がお粗末です。
今回造りの違う気密性の高い家2件がたまたま水害に遭い、同じように壁を開いてみた時のあまりの違いように作り手として驚愕したのです。
そして家には換気がどれほど重要で必要であるのか改めて知ることになりました。

地中熱活用住宅を手掛けるタイガハウスにすれば、当然換気の重要性はわかっていたのですが、30年も前にはそんなこと考えもしませんでした。

今回の水害で何件か改修工事をさせて頂きました。
我が家もその中の1軒です。
水につかった壁内部に発生したカビは、おそらく壁の中の通気、そして各部屋の24時間換気ができていれば、発生していなかったと思われます。

気密性の高い住宅ばかりではありません。
何十年も前に建てられた住宅は、ほとんどが換気のことについては触れられていないと思われます。
我が家は隙間が多いから換気の点では心配ない、と思っていても石油ストーブや石油ファンヒーター、ガスストーブなど各部屋で使用しているとかなりの水蒸気が家の中に潜んでいるものです。

まずはこの2枚の写真をご覧ください。建築のプロが驚愕した壁内部です。

上が換気のない住宅の壁内部です。見えるのは全てカビです。

下の写真は24時間換気され、壁の中で空気が循環している建物です。

換気があるのとないものの差が歴然としています。

すぐに自宅に6個の24時間換気「ダクトレス熱交換換気システム」を付け、ホッとしています。

長くなったので、このつづきはまた後日です。


「大賀」に騙された!?

2020.03.04

地中熱活用の「長期優良住宅」が完成しました。

昨年の夏から本格的に始まった地中熱活用住宅ですが、2月にお引き渡しが完了しました。

この間台風19号の影響を受け、ご迷惑をお掛けしご心配も頂きました。

お預かりしていた大切な品々も被害を受け、お返しすることができない状態のものもありました。

このような不慮の事故のため、十分な保険に加入していたのですが(少なくとも弊社はそのように

思っていたのですが)、特約事項というものがあるということを聞かされておらず、保証されませ

んでした。「保険はただ加入していればいい」というものではないことを勉強しました。

これも約款をよく読んでいなかった、それだけの話で情けなくなりました。

 

「災害ですから仕方無いですね」のお施主様の神対応に本当に救われました。

お引き渡しの時点で床下温度は10度ほど、室内温度は15~16度ほどでしたので、なんにもしな

いと寒く感じます。室内で体を動かしている場合は寒さを感じない、そんな感じです。

新しい暮らしが始まる前に床下にできるだけ熱を廻し温度を上げていきたいので、エアコンと蓄熱

暖房機で温めることから始めました。

暖冬とは言え冬季にお引き渡しの場合は床下コンクリートも木材も冷え切っているので、お引き渡

しの2~3日前から暖房を入れ体感温度を上げるようにしています。

 

夏は床下~天井、冬は天井~床下へと空気を強制的に循環させるためのダクトをセットします。

暖房した暖かい空気は上に上がるので天井に設置された循環口から吸いこみ、小屋裏に

取り付けられたチャンバーというもので強制的に床下に送風します。

そうすることで、室内の暖かい空気は天井から床下を温めることになります。

床下は元々夏から持ち越している熱が蓄えられているので冷え切ってはおらず、そこに冬の間

室内のわずかな熱を加えて床下から冷えてくるのを抑えてやります。床下温度が14度~16度に

なれば、室内にわずかな熱を加えることだけで充分暖かさを保っていられます。

これが「タイガハウス」が省エネルギーである一つの理由です。

地中深く掘り下げる工事は不要です。

夏はこの逆と考えてください。(右下の図)

DSCF9189 DSCF5168 DSCF1238 DSCF5857

(小屋裏天井に取り付けられたダクト)      (夏期の空気のながれ)

 

ですがこの地中の熱を安定して受けるには、建築後2~3年ほど時間かかる場合があります。

今まで「タイガハウス」を建築された方々は、お住まいになった直後「あれ、チョッと違う気が

する」と思われたことがあったんじゃないでしょうか? 「大賀に騙された!」・・なんて(笑)

そうなんです、初めは文句の1つも言いたかった方がおられたと思います。

「モデルハウスと違う!」・・でも、気づかないうちに暮らしやすくなってきたのか

面と向かって怒られたことはないのですが、「なんかチョッと違う気がする、と思ったことがあり

ました」と、正直に言われた方がおりましたよ。

なぜ、そんなに時間がかかると思いますか?

それは熱の伝わり方が「伝導型」だからです。

地中に蓄えられた熱を充分に活用するには、お引き渡しの時季が秋であることが一番早く

地中熱を実感できるようです。

その夏の熱が直接床下に蓄えられ地面が冷えていないからなのです。

 

昨年の台風19号で床上浸水して自宅はただ今復興工事中なのですが、私は「地中熱活用断熱リノ

ベーション」した事務所に暮らしています。もうじき自宅に戻れると思います。

ですが地中熱住宅での生活もそろそろ5ヶ月、この暮らしやすさは捨てがたく(多分暮らしている

方しか分からい)、また舞い戻っちゃいそうな気がします。(笑)

 

無垢材と外断熱で建てる地中熱住宅セミナー開催

2019.10.01

「家族・住まい・地球が元気でいられる家づくり」を目指して。

◆伝導型地中熱セミナー開催のご案内

私たちは、室内環境の良い家を建てることにより、住まいとそこに住む人の健康を実現できるよう

に努めています。

室内環境の良い家とはどんな家なのかというと、断熱性と気密性、そして換気がしっかりできる家

ということです。

換気を実現することで、結露の悩みから解放され、気持ちよく暮らせるようになります。

そして、気密性の高い家は『伝導型地中熱』の活用を有効にし、夏も冬も梅雨時も安定した室内環

境の中で暮らすことができるのです。

新築だけでなく、既存住宅もリノベーションにより地中熱を活用した家が可能になります。

この地中熱住宅とはどんな家なのか、一緒に学んでみませんか?

◆セミナーの日程は以下の通りです。

日時・・11月9日(土) 10:00~11:30迄

会場・・長野市篠ノ井塩崎6777-5 大賀事務所兼モデルハウス内

★セミナー内容

1)伝導型地中熱とは

2)地中熱を活用した家づくりのポイント

 

  • →メールでのお申込みはコチラから
  • お電話でのお問合せ:026-293-3709当日お越しになる予定の人数をコメント欄にご記入の上、お申込み下さい。

    尚、ご予約は11月6日(水)までにお願い致します。

    また、当日どうしてもご都合のつかない場合もお気軽にご相談下さい。

既存の家につながった増築住宅

2019.09.17

増築住宅といっても、1軒の新築住宅であり、新築してから、既存の家につなぐ予定の工事です。

千曲市のY様が弊社を訪ねて見えたのは3年ほど前のまだ寒かったころ。

あったかい家を希望され、「まだ先になるけど、家を改修するか、新築するかはっきりしないがその時はまた相談に乗って下さい」と、お帰りになったように思います・・。

ご縁があってこの春から工事が着工しました。

増築といっても、平屋の新築になります。最近平屋をご希望になる方が増えているように感じますが、弊社だけが感ずることなのでしょうか?

工事は真夏までかかり、お引き渡しは8月末日となりました。

勿論このお宅も地中熱活用住宅です。屋根が完成してしまうと、工事中であっても真夏の日差しを

遮り、既存住宅との温熱環境の差が明らかに違うことが解っていただけたようでした。

工事を施工する者にとって、一番うれしい反応です。

真夏のお引き渡しとなったので、多分この夏の太陽の熱が床下に蓄熱されていると思われます。

地中の温度がほぼ一定に定まるまでには普通2~3年かかるのですが、平屋であることからも、

床下の温度が早めに一定に落ち着くのではないかと思われます。

施工者も冬が待ち遠しいです。住み心地を是非お聞きしたいと思っております。

「地中熱住宅」見学勉強会開催します!

2019.09.03

住宅の構造見学会は珍しくはありませんが、見学しながら勉強していただく、少し面倒な見学会です。

 

私たちが皆さんに見て頂きたい家は、アイヌの伝統民家「チセ」をヒントに開発された住宅です。

極寒の地で笹葺き住宅に暮らすアイヌの人々を見ても、どうしても理解できなくて、泊まり込みで

研究をつづけた開発者、宇佐美智和子さん。

彼女は実体験から、「地中は半年先まで熱を持ち越すことができる」ことを発見しました。

つまり、「地中熱活用住宅」は、住宅の床下地中に夏の熱を冬まで、冬の冷熱を夏まで持ち越し、

床下土間表面全面から自然放熱で住宅内部が暖房(冷房)されることを発見したのです。

 

皆さんがお考えになる「地熱利用」とは少し異なり、地中深くまで掘削して配管を埋設したり、と

大掛かりな設備は必要としません。

そして、この熱は私たち誰の家の床下にも存在する「使用料がタダの熱」なのです。

ウソのような話と思うかもしれませんが、その構造をただ今建築中の家をお借りして説明したい

と思います。

 

私たちが今、皆さんに理解していただきたいのが、この伝導型地中熱活用住宅なのです。

「こんな家があるんだ!」・・そう思っていただくだけで充分です。

 

地熱体感会は下記のように開催致します。ご希望の方はお手数でもご予約をお願いいたします。

 

日時・・9月 14日(土) 10時~17時頃まで

場所・・須坂市 (詳しくはお申込みの折にお伝えいたします)

・ご予約フォームに入力いただいた個人情報は、弊社で厳重に管理させて頂きます。

 

  • →メールでのお申込みはコチラから
  • お電話でのお問合せ:026-293-3709

    当日お越しになる予定の人数をコメント欄にご記入の上、お申込み下さい。

    尚、ご予約は9月13日(金)までにお願い致します。

    また、当日どうしてもご都合のつかない場合もお気軽にご相談下さい。

 

 

 

「タイガハウス」をもっと進化させるために!

2019.07.27

地中熱住宅といっても、その取り込み方法にはいくつかあります。

その中で、地熱の取り込み方法、工事のしやすさ、実際の効果、そして何よりも重要である

住宅で活用した場合の初期費用のことを考え、「伝導型地中熱」を選択し10年が経ちました。

 

その間、地中熱を活用した「長期優良住宅」の新築、既存住宅に地熱を活用した「長期優良住宅

化リフォーム」と、地中熱を活用した省エネ住宅を数多く施工させて頂きました。

ご支持頂いたOBお施主様、そして現在進行形のお施主様にはご理解いただき嬉しいばかりです。

ありがとうございます。

 

ここ数年、国から補助金や認定証が交付されたり、省エネ住宅★五つ住宅として税金や融資の金利

などの優遇措置も取られております。

それだけ、国がエコ住宅に力を入れ推進している、ということなんだと思います。

 

6月初旬、開発元から「配管部材などいくつか改善したらいい結果が出たから、一度見に来ない?」

と誘われ、電気屋さんと私・息子の3人で千葉迄行ってきました。

向かった先は、千葉県八千代市のSさんのお宅。

Sさんは航空会社で空調関係のお仕事をされていた、その道のプロ。

一軒目の家は地熱を使った家。ですが、そこがSさんの凄いところで、もっと改善できないか・・

そんなふうに思い、開発元と思考錯誤したようです。そして、その方法で2軒目の地熱活用住宅を

建ててしまったとのことなのです。

うらやまし~~、私などは良いと分かっていても、なかなかできません。

 

DSC_0212 DSC_0214

 

今回、見学させて頂き、なるほどと納得致しました。

早速これからの家づくりに取り入れていきたいと思います。いい結果はどんどん取り入れ

「タイガハウス」を進化させていきたいと思います。

Sさんありがとうございました。長野にお出での際には是非弊社にお立ち寄りいただき、もっと色々

な話を聞かせて欲しいと思います。