タグ別アーカイブ: リフォーム

高気密・高断熱住宅で暮らす中で、体で感じること

2020.09.17

大賀でお仕事を始めて、
はや2か月が経ちました。

解体のお手伝いやお引渡し前のお掃除などで
現場にお手伝いに行かせていただく日もありますが、
やはり大賀の事務所で過ごす時間のほうが
多い中で、大賀の家の特徴を日々体感しております。

 

この前、シラス壁の効果について
体感したことをブログ内でお話させて頂きましたが(2020.8/29ブログ参照)
今日は、大賀の家の室温のことで体感したことを
紹介させて頂きます。

 

大賀のホームページ内で事務所の
1階部分のことを紹介している文の中で、
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違いが体感できる造りになっています。」
という一文があります。

 

これを読んで、
率直に、「すごいわかるっ!!」と
思いました。

 

大賀の事務所兼モデルルームに1階には
玄関ホール、事務所、洗面所・トイレ
リビング、キッチン・・・
あと、もう一つお部屋があります。

長野市 地中熱活用 高気密・高断熱

写真の左側の平屋が、一般住宅と同じ施工法で造られた一室になっている。

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱 リノベーション

床下に伝わった地中熱をファンで2階へ搬送しているのが視覚的に見える仕組み(玄関ホール左奥)

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱住宅

キッチン・リビング・廊下は、肌に優しいスギの無垢材を使用している。

大賀の事務所は、
高気密・高断熱住宅ですが、
唯一、一般の住宅と同じ施工法で造られたお部屋があります。↓

外断熱 高気密・高断熱住宅 地中熱

一般の住宅と同じ施工法でつくられた一室は、このドアの先にあります。

一日に何度か、そのお部屋に出入りするのですが
ほんとーーーーーーーっに!!
全然違うのですっ!!(声を大にして言いたい)

 

 

夏のとても暑い日も、外断熱による
高気密・高断熱の事務所やリビング等は、
外の暑さを忘れるぐらいの快適さなのですが、
その感覚のまま西側の、そのお部屋に入ると・・・。

差にびっくりします。 (*_*)←こんな顔になります。

最近涼しくなってきたので、
そんなに、びっくりすることも減りましたが・・・。

 

以前、ご自宅を高気密・高断熱住宅へと改修する前に
大賀にいらしたお客様は、真冬にその部屋に試しに入ってみたところ、
「寒いっ!!ここだけ自分の家と一緒だ!!」
と大笑いしながら、おっしゃっていたそうです。

 

長々と文章を書いてしまいましたが、
結局のところ何を伝えたいかと言うと
「大賀の家は、快適。」ということです。

 

欲を言えば、お客様にも
自分と同じように
大賀の家を体感して頂きたい・・・。

なかなか気軽には、
お出かけできない世の中になってしまいましたが、
大切な大切なお家を、建てようと
考えている方には、一度だけでも
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違い」を
ぜひ、体で感じて欲しいなと思います。

ご相談やご相談がございましたら、
ホームページ内
「お問い合わせ・資料請求」のページから
お気軽にお問合せください。(*^^*)

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

土壁解体!

2020.09.10

改修工事中のK様宅にて、
土壁の解体をおこないました。

 

8/24(月)には、窓を取り付ける為の穴を
開けるために外壁の土壁を一部分解体しましたが、
今回は、内壁の土壁の解体をおこないました!

 

もともと、仕切られていた壁を
解体し、2部屋を1部屋にするという
リフォームをします。
広々とした、1つのお部屋になる予定です(^^♪

 



こ、これは・・・

前回の解体した土壁の範囲の何倍もの大きさです!
「今日は、結構大変だよ~。」ということで
気合を入れて、いざ!!!解体です!

貫と呼ばれる、柱を横に貫いて、
柱と柱を結びつける部材を、
バールで土壁を削りながら探していきます。

ベテランになると、無駄なところを削らず
ほぼ一発で土壁で見えない貫を
見つけてしまうのですごいです!!

露出した貫を前回同様、
ギコギコとのこぎりで切っていくと
土壁がバコッと、外れました!

これが・・・↓

こうなって↓(社長が偶然写っていました(^^))

↑こうなりました!(*^^*)

視界が開けて、開放感のある空間になりました。

土壁の解体は、とても大変な作業ですが
解体をする中で、
土壁の構造などをすることができて勉強になります(^^

 

 

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

 

本日のお客様♪

2020.09.03

ここ何日か、とっても
涼しい風が吹いていますね。

夜、網戸越しに聞こえてくる
コロコロコロ~…
リーン、リーン…などのきれいな
虫の鳴き声に耳を傾けながら、
久しぶりに、気持ちよく
ゆっくり熟睡したような気がします♪

 

大賀でも、
扇風機を回すだけで
快適に過ごすことができる時間が
徐々に長くなってきました。

私が、大賀で、
「あ~、涼しいなぁ~。」と
今、感じている涼しさは
半年前の寒い冬に大地から地中にコツコツと蓄えていた
ものだと思うと、なんだか不思議な気持ちになります・・・。

例えるなら、
きれいな星空を見ながら
「今、私が見ている星の光は
何万年も昔の星の光なんだよなー…。」
としみじみと感じている時の感覚に似ています。

そして、今
不快に思われがちな夏の熱が、
冬になって、家の中で使われて
「あ~、あったかいなぁ。」と
思える日が来るのだなと思うと
この残暑にも感謝の気持ちが沸いてきました(*^^*)


→大賀のモデルハウス兼事務所です。

 

話は変わりますが、

昨日、お掃除をしている時に
窓の外を見たら、

網戸越しに、一人の・・・
いいえ、一匹のお客様を
奥さんと一緒に発見しました!

 

昆虫について、あまり詳しくないですが
ショウリョウバッタ??
で、間違いないですかね??
まだ、小さいので赤ちゃんかな?

 

大賀のゴーヤのすだれの傍の
網戸がよっぽど気に入ったのか
ずいぶんと長い間、そこで休んでいました♪

 

私は、奥さんから聞いて初めて知ったのですが、
バッタにはスピリチュアルな役割や意味が
あるのだそうです!

 

ショウリョウバッタは漢字で書くと
「精霊飛蝗」と書き、お盆に帰ってきた
ご先祖をあの世まで送り届ける役割が
あるのだそうです。(全然知りませんでした。)

 

ほかにも、土地を守る力があるということや
大きく跳躍する予兆だとか・・・。

イギリスや中国などでは
また、それぞれ違った意味があり、
大切な存在として扱われているみたいですね(^^♪

 

とにかく、バッタがお客さんとして
訪れたということは
いいことが起きる・・・かも・・・???(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長野市のリフォーム工事補助金申請完了しました。

2017.04.22

昨年の暮れ長野市にお住いのS様に、外部塗装の件で相談を受けました。

お住まいの現状を見せて頂くと、

スレート系屋根材の劣化、外壁サイディングの塗装の劣化、コーキングのひび割れ、

バルコニーFRP防水の劣化が見られました。

これら全てが「長期優良住宅化リフォーム」の対象になり、国からの補助金が受けられます。

補助額は工事の内容にもよりますが、工事費の三分の一(最高200万円 Or 100万円)

が補助されます。

たまたま、補助金の受付期間中でしたので、申請をする事になりました。

今回の工事ですと、最高100万円の補助金の対象になります。

まず最初に第三者によるインスぺクション(家の劣化状況等のチェック)・

その後、工事内容の決定~見積~契約~申請書の作成、申請書を第三者機関へ送付、

書類のチェック

をして頂いた後、国へ申請書を送り、受理された後、やっと工事着工となります。

このような流れで書類は回っていくので、工事着工までにはおよそ2~3か月ほど

掛かるわけです。

もう少し時間の短縮ができないものか・・といつも思うのですが、大事な税金から

いただく訳ですから

それも仕方のないことか・・と思ったりもしますが・・何とも。

こんなわけで、何らかの補助金を利用しようと思ったら、申請書の受付期限・

申請書作成期間等を

加味して考えないと、せっかくの機会を逃すことにもなってしまいます。

ザンネンながら、今回はその申請には間に合いませんでした。

そこで、現在受付中の補助金を調べ、国土交通省で受付の

「住宅ストック循環支援事業補助金」

ならば対象になると、こちらの申請をする事にしました。

現在、一般住宅の場合、新築でもリフォーム工事においても工事内容にもよりますが、

約200万円ほどの補助金の支給を受ける事が出来ます。

新築やリフォーム、リノベーションをお考えでしたら、せっかくの機会を逃さないように

早めの対処が重要です。

同じ工事をするのなら、補助金を受けた方がいいですね。

住宅耐震改修事業補助金交付申請が受理されました。

2016.08.22

長野市篠ノ井F様邸の、住宅耐震改修事業補助金の申請しておりましたが

受理され工事が始まりました。

DSCF6083

篠ノ井F様邸です。

住宅耐震改修事業補助金申請は、最初に住宅の耐震診断を行います。

耐震診断は長野市に申請しますと、昭和56年5月31日以前の建物ですと無料で行います。

その結果によって、どの壁部分に補強を入れると総合評価の1.0~1.5未満の「一応倒壊しない」

数値に成るかを耐震診断士と協議します。

その時、補強ヶ所は出来るだけ費用の掛からない方向と場所を選定し、

その後、もう一度耐震診断の計算をし決定します。

補助額は、改修工事にかかる費用の三分の一上限は60万円です。

申請の許可後着工に成ります。

補強方法は、補強する壁部分の柱と土台や桁材に耐震補強用の金物を取り付けます。

DSCF6183

柱と桁部分の耐震用金物

DSCF6224

金物取り付け後構造用合板を土台~桁まで貼ります。

この後各部分の仕上げに入ります。

家の大きさによっても違いは有りますが、工事期間も約2か月前後位掛かります。

今回このお宅は上限の60万円の補助金を受けました。

耐震補強工事は、今お住まいの家のリフォーム工事と同時に行う事で、

費用面においてもお値打ちに出来る部分が有りますので、ご検討下さい。

住まい造りで絶対に避けたい事は!

2015.10.22

家を建てる前に知っておきたい、絶対やってはいけない事!それは。

誰もが一生に一度は、自分の家を持ちたいという夢を持っています。

その生涯最大の買い物を、余り考えずに買ってしまう人が意外に多いのは、非常に残念な事です。

しかし、現在のようにインターネットの普及により、ある程度の情報を収集する方もいるようですが

情報があふれている為、一般の人達はどの情報が正しいのか判断も付きません。

そこで、これから住宅の新築時やリフォーム時の注意点や、これだけは絶対にして欲しい

お得な情報ですので是非実行してみて下さい。

住宅の新築や大規模なリフォーム工事を行う時には、どうしても資金面で何十年と返済するローンを

組む必要が有り、そのためにランニングコストを余り考えずにイニシャルコスを節約してしまいます。

これが、これから先何十年と住み続けて行く中で、大きく生活にも影響をしてきます。

当然の事のように、家の新築時などに良く「お宅は坪いくらで出来ますか?」と聞かれます。

確かにこの事も大変重要な事ですが、金額だけで判断し内容の確認する事も無い、

と言う事は避けた方がよいです。

最近のように省エネを主に考えた家と、そうでない家の違いはなんですか?

建設費に省エネを考えずに建てた住まいは、住み始めてから冷暖房費のコストが掛かり、

冷ショック等の健康被害も影響して医療費も増大します、その分ローンの上乗せで、

さらに家計が厳しく成る結果に成ります。

次回へ

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

日本の四季を考えた、癒しの空間づくりの方法は。

2015.08.23

家づくりやリフォームを考え始めたら、その瞬間から物語の始まりです。その4

施工業者の選定には、各業者がそれぞれ特徴の有る家づくり

しています、施工法や完成後のコスト的な部分等を確認し決めてください。

自分に合ったと思われる業者が決定しましたら、そこから

業者の方と一緒に楽しい住まいづくりが始まります。

貴方だけのオリジナルなプランニング計画を上手に創るには

最初に自分たちの要望をお話をする必要が有ります。そのポイントは

  • 現在の暮らしの中で感じた事

    (第1話でお話の部分を書き出した資料)

  • これから始まる暮らし方の希望
  • プラン上で譲れない部分やこだわり

    (趣味や道楽で必要なスペースが有れば)

  • 外観や内観の自分が描いているイメージ
  • 展示場等で経験してた中での使用材等

その他で感じて居ること等を話しましょう、それを元にプランニングが出来ます。

又、それぞれ特徴の有る家づくりをしている業者は、その特徴を最大限に生かす為

プランニング上どうしてもやらなければならない部分も有りますので、その部分は

考慮して頂くようになります。

住宅の設計プランは、そこで暮らして頂くお客様にとって、最高の生活が出来るよう

細部にわたって使いやすさを追求し、その中で落ち着いて癒される空間づくりと、

日本の四季の移り変わりを考慮する等、多方面から検討する必要が有ります。

そして、机上だけではわからない部分も有ります、実際にモデルハウスや展示場等で、

スペース的な部分は提案プランを元に自分の肌で感じて欲しいのです。

水回りの機器類等も、それぞれ各メーカーのショウルームに出かけ、自分の目で確かめ

それぞれの特徴等自分に合ったものを見つけ出してください。

決してめんどくさがらずに、じっくりと考える時間をとり、決してあわてず

各方面からテェックをし進め行く事です。

完成後の楽しい暮らしが必ず待ってます。それまで頑張ってください。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使った省エネ改修等も行う

タイガハウス

 

住宅展示場は五感を感じる最大の体験場です。

2015.08.19

家づくりやリフォームを考え始めたら、その瞬間から物語の始まりです。その2

住まいづくりを始めますと、資料をそろえたり展示場見学したり

と完成迄には慣れない事の連続です。大変疲れます

しかし、完成後の楽しい暮らしが待っています。それまで頑張りましょう。

プランニングする為の体験場として住宅展示場

五感を感じる最高の体験場です。そのための活用法

  • 間取りの寸法や空間部分の確認(デザイン)

    廊下の幅・リビング等部屋の広さや距離感・機器類の設置状況

  • 建物の構造や性能(耐震強度)

    木造・軽量鉄骨造・軽量コンクリート

  • 断熱材の使用材料と施工法

    グラスウール・硬質ウレタンフォーム・現場発泡ウレタン他

  • 1月分のランニングコスト(冬期間等)

    電気料金・ガス料金・灯油等の燃料費

  • お勧めの仕上げ材料の確認

    外壁材・内装材の長所短所

  • 出店メーカーの企業姿勢

    家づくりの考え方・建物の特徴・独自の施工法等

展示場見学の注意点

  • 全ての部分が広々としゆったりとした間取りに成ってます。

    実際に自分が必要とする部屋の面積を確認する

  • 設備機器類は最高級品が展示されている。

    機器類も各社独自の仕様の製品が有りますので確認。

  • 間取りのポイントを知る

    主婦の動線は暮らしをイメージし体感する

    広い間取りの為実際には無理な部分もあります。

  • 自分が必要な情報を聞き出してくる。
  • 玄関からアプローチ部分のつくり

    各社展示場の一番のポイント箇所ですいろいろ比べてみる。

  • 個人情報保護法によりアンケートへの名前や住所は拒否できます

    もし最新イベント情報等が必要な場合はメール送信をお願いする。

展示場は各社が競って超豪華に、しかもゆったりとした

間取りとデザインで創って有ります。

現実離れした部分も有りますが、しっかりと自分の

強い意思を持って楽しく見学してください。

理想の住まいが出来る迄は、決して自分を見失わないで下さいね。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使った省エネ改修等も行う

タイガハウス

リフォームリノベーションは建替えよりお得です。

2015.08.13

家の建替えかリフォームリノべーションで検討中の方その6

建築に携わっている私達が感じますに、行政(国)の流れを見ますと

既存住宅の質の向上と、約800万個の空き家対策が課題と成っています。

そして、以前の様な創っては壊す時代から、質の良い家を創りきちんと

手を入れ、長く大切に使う時代に変わってきており「多世代利用型超長期住宅」に

変わり何世代にもわたり住み続けられる家づくりを進めています。

それにより環境負荷の軽減資産の向上深刻な廃棄物問題

が解決され豊かな社会環境が形成されます。

この様な建物は新築住宅に限らず、既存住宅でも改修により、

ほぼ同程度にまで回復させる事も出来ます

きちんとした躯体性能満たし耐久性の向上や良好な住環境

その後の維持管理を継続的にする事で「多世代利用型超長期住宅

として認めら資産価値が向上します。

今までいろいろお話をしてきましたが、最終的にどうするかは

 そこに今まで住んでいた方の気持ち次第で変わりますし

今後その家(土地)に誰がどの様に住むかによっても変わって来ます。

築30年だからとか築40年とかではなく、施工法によってまだまだ使えます

資産価値0円の建物が又、何百万円にもなりますので、今有る建物

を大切にし、これからも長く使い続ける事は大切なことです。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使った省エネ改修等も行う

タイガハウス

住宅の性能向と長寿命化の為のリフォーム補助金制度

2015.08.11

家の建替えかリフォームリノベーションで検討中の方リフォーム補助金に付いてその5

建替えかリフォームかの動機のトップは、やはり家や設備機器

老朽化がトップで、次に生活の質の向上だそうです。

その為、キッチンバス最新式の物に交換をし、居間やキッチンを

含めて間取りの変更も同時に行う、というニーズが多くなってきておるようです。

そして、せっかくリフォームするので有れば、単なる修繕や維持管理

だけで無く、デザイン性向上や、魅力的な住空間生まれ変わる

に期待をしています。

しかし、国の政策として重視していた「耐震補強」や「バリアフリー工事

省エネ工事」等とは少しずれが有る事が分かりました。

そこで、平成26年度に「長期優良住宅化リフォーム推進事業」が閣議決定され

今まで新築住宅の認定基準は有りましたが、既存住宅の増改築の認定基準

が無い為新たに認定基準を作りました。

そして、住宅の性能向上のためのリフォーム及び、適切なメンテナスによる住宅の

長寿命化を図る優良な取り組みに対し、国が費用の一部について支援する

で、既存住宅の質の向上及び流通促進に向けた、市場環境の整備を行う事

に成りました。

これにより、「現況検査チェックシート」によるインスぺクションをする事で

リフォーム前の住宅の劣化状況の調査をし、そこで指摘受けた箇所の

修理工事の内容によりS基準とA基準に分かれます。

  • S基準では新築の長期優良住宅と概ね同程度の水準
  • A基準はS基準まで満たないが一定の性能向上が見込まれる水準

この様な工事をしリフォーム履歴作成費用、維持保全計画書作成費用等に

要する費用の1/3の補助率で補助限度額S基準200万円 A基準では100万円

受ける事が出来ます。

詳しくはお問い合わせください。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使った省エネ改修等も行う

タイガハウス