タグ別アーカイブ: シラス壁

焼杉の外壁

2020.11.18

先週末の話になりますが、
社長が作業着を着て、事務所の外で作業をしていました。

濡れ縁

木材に塗料を塗る社長

社長は、PCに向かって図面を書いたり、書類作成をしている
イメージが強かったため、作業着を着て作業をする
社長は何だか新鮮に見えて、思わず写真を撮りました。

 

塗っては乾かし…塗っては乾かし…を何度も繰り返しています。
一度だけだとむらができてしまう為、数回塗るのだそうです。

濡れ縁づくり

丁寧に塗られた木材

この木材を使って、大工さんが
近々、濡れ縁をつくるそうです!

 

作業をおこないながら
目線を上に上げた社長が、
「そろそろ、事務所の焼杉も塗らないとな。」と言っています。

 

大賀のモデルハウス兼、事務所の
外壁にはシラス壁と、一部焼杉板が使われています。

 

お客様のお家でも、焼杉板を
外壁の一部に採用している方がいて、
写真を見る度、味があって素敵だなと感じます。

 

焼杉自体は50年ほどもつ丈夫な外壁材です。
しかし、無垢の杉板ですので雨風に洗われ、
杉の地肌が少しずつ見えてきます。

長持ちさせるためには、
定期的に専用の塗料で塗装することが必要です。

杉の地肌(黄色っぽい色)が、
だいぶ見えてきたなというのを塗装時期の目安にするといいそうです!

焼杉の外壁 経年変化

大賀事務所の焼杉の外壁

大賀の事務所と同じように、ご自宅の外壁に焼杉を使われている方は、
家の周りをぐるっとまわって、
「うちは、黄色っぽくなっていないかな?」と観察してみてくださいね。


長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

高気密・高断熱住宅で暮らす中で、体で感じること

2020.09.17

大賀でお仕事を始めて、
はや2か月が経ちました。

解体のお手伝いやお引渡し前のお掃除などで
現場にお手伝いに行かせていただく日もありますが、
やはり大賀の事務所で過ごす時間のほうが
多い中で、大賀の家の特徴を日々体感しております。

 

この前、シラス壁の効果について
体感したことをブログ内でお話させて頂きましたが(2020.8/29ブログ参照)
今日は、大賀の家の室温のことで体感したことを
紹介させて頂きます。

 

大賀のホームページ内で事務所の
1階部分のことを紹介している文の中で、
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違いが体感できる造りになっています。」
という一文があります。

 

これを読んで、
率直に、「すごいわかるっ!!」と
思いました。

 

大賀の事務所兼モデルルームに1階には
玄関ホール、事務所、洗面所・トイレ
リビング、キッチン・・・
あと、もう一つお部屋があります。

長野市 地中熱活用 高気密・高断熱

写真の左側の平屋が、一般住宅と同じ施工法で造られた一室になっている。

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱 リノベーション

床下に伝わった地中熱をファンで2階へ搬送しているのが視覚的に見える仕組み(玄関ホール左奥)

地中熱活用 外断熱 高気密・高断熱住宅

キッチン・リビング・廊下は、肌に優しいスギの無垢材を使用している。

大賀の事務所は、
高気密・高断熱住宅ですが、
唯一、一般の住宅と同じ施工法で造られたお部屋があります。↓

外断熱 高気密・高断熱住宅 地中熱

一般の住宅と同じ施工法でつくられた一室は、このドアの先にあります。

一日に何度か、そのお部屋に出入りするのですが
ほんとーーーーーーーっに!!
全然違うのですっ!!(声を大にして言いたい)

 

 

夏のとても暑い日も、外断熱による
高気密・高断熱の事務所やリビング等は、
外の暑さを忘れるぐらいの快適さなのですが、
その感覚のまま西側の、そのお部屋に入ると・・・。

差にびっくりします。 (*_*)←こんな顔になります。

最近涼しくなってきたので、
そんなに、びっくりすることも減りましたが・・・。

 

以前、ご自宅を高気密・高断熱住宅へと改修する前に
大賀にいらしたお客様は、真冬にその部屋に試しに入ってみたところ、
「寒いっ!!ここだけ自分の家と一緒だ!!」
と大笑いしながら、おっしゃっていたそうです。

 

長々と文章を書いてしまいましたが、
結局のところ何を伝えたいかと言うと
「大賀の家は、快適。」ということです。

 

欲を言えば、お客様にも
自分と同じように
大賀の家を体感して頂きたい・・・。

なかなか気軽には、
お出かけできない世の中になってしまいましたが、
大切な大切なお家を、建てようと
考えている方には、一度だけでも
「高気密・高断熱と普通の断熱材のみの違い」を
ぜひ、体で感じて欲しいなと思います。

ご相談やご相談がございましたら、
ホームページ内
「お問い合わせ・資料請求」のページから
お気軽にお問合せください。(*^^*)

—————————————————————————
長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

しらすかべ??

2020.08.29

突然ですが、皆さんは
好きな「におい(香り)」って、ありますか??

私は、淹れたてのコーヒーの香りが大好きです♪(しばらく嗅いでいたいくらい)

また、四季折々の風のにおいも好きです。

季節のにおいについては、「わかる!」っていう方と
「季節に、においなんかある??」という方がいますね。

友達に「冬のにおいがするね。」と
言ったら、「どんなにおい!?」と突っ込みを
入れられたことがあります。

 

 

 

人は、約400種類の「においセンサー」を持つと言われていて
同じにおいでも濃度によって、違うにおいに感じるそうです。

人の感じることができるにおいは、
数十万種類もあるのだそう・・・。(驚きです!)

 

そして人それぞれ、感じ方が違うので
自分がいいにおいだと思っても、ある人から
すると、とても不快なにおいだったりするようで…。

気を付けないといけないなと思います(‘_’)

 

 

大賀でお仕事をしていると、
「シラスが~」「シラス壁が~」と、
「シラス」という言葉が会話の中によく出てきます。

はじめて耳にした時は、
「しらす・・・??」「しらすのかべ??」と、
頭の中にはてなマークがたくさん浮かびました。

私の頭の中には、ごはんに乗せるとおいしい
あのしらすしか思い浮かびません・・・。

 

のちのち「シラス」という火山噴出物を主原料とした建築材料のことを
「シラス壁」ということを知りました。(おさかなではありませんでした。)

 

大賀のモデルハウス兼事務所は、
リビング・トイレ・玄関ホールに
このシラス壁が使われています。
あと、外壁もシラス壁を使っています!

最初は、「おしゃれな壁だなぁ…。」というくらいに
思っていましたが、しばらく大賀で過ごすうちに
「どうやら、ただのおしゃれな壁ではないぞ・・・。」
と感じ始めました。

 

自分の家や、実家、友達の家の
玄関を開けると、だいたいその家特有の
「におい」がします。(あくまでも私は感じてしまいます。)

いいにおいと感じるものもあれば、
そうではないにおいも・・・。(‘_’)

 

そういえば、大賀で過ごす中で
そのようなにおいを感じたことはないな…と
一か月過ごしてみて、気づきました。

トイレや玄関にも、消臭剤や芳香剤が
1つも置いてないのに・・・。

 

これこそが、シラス壁の効果のようなのです!

シラス壁には、高い消臭機能があるということで、
気になる生活臭の元となる物質を吸着してくれる
ということです。


→内壁と外壁にシラス壁を採用されたお客様のご自宅です。
今回は、シラスの内壁をご紹介させていただきます!

 


→こちらのお客様のご自宅も内壁、外壁ともにシラス壁を採用されました。
シラスの外壁のお写真をご紹介させていただきます。

通常の外壁だと、一般的に「築10年」ほどで、
メンテナンスが必要になると言われています。
ところが、シラスの外壁は、メンテナンスフリーということ
なので、維持管理の面でもとても嬉しいですね♪

自然素材の壁なので、紫外線や風雨による
色褪せや劣化がおきにくいのです。

見た目も人工物では出せない温かみがあります。

実際にリフォームでシラス壁を採用されたお客様からも
とてもいい評価をいただいております♪

ほかにも、マイナスイオンが生成されたり
ジメジメ湿気を調整してくれたりと
本当にたくさんの効果があるということですが・・・

その効果については、
これから、シラス壁に囲まれながら
お仕事をする中で、
私自身が実感をしながら
皆さんにお伝えしていけたらと
思います(^^♪

今すぐにシラス壁について
もっと知りたい方は、
高千穂シラス株式会社さんのHPまでどうぞ。

それでは、
まだまだ暑い日が続きますので、
お体にお気をつけてお過ごしください!

地中熱活用のあったかい家「長期優良住宅化リフォーム」完成しました。

2018.10.22

長野市で地中熱を使ったあったかい家への「長期優良住宅化リフォーム」が完成し、

内覧会も終了致しました。

見学会当日にご都合のつかない方々には、一足先に建物内部をご覧いただきました。

細部にわたり使い勝手の良さそうな造りに仕上がっております。

なぜ、リフォームを考えたのですか?の質問に、奥様は、「私たち女性陣は(奥様とお母様)は新築を考えていました。住宅展示場もいろいろ見たりしたのですが、どの工務店も「新築」ばか勧めてきます。やっぱり壊すしかないと思っていました。」

「一番気に入っていたハウスメーカーは、内部の造りも使い勝手も、細部までこだわった造りになっていて、ここで決めようかと思っていました。」「でも、主人が【この家はしっかりしているのに、壊して捨ててしまうのはもったいないじゃないか! 】と、納得できなかったようなのです。」

他の工務店でリフォームの相談をしたようなのですが、なかなか思うような対応がもらえなかったこともあり、ネットで検索して「地中熱活用・断熱リフォーム」に行き着いたようです。

ご主人のこだわりの家が完成致しました。

 

DSCF8893 DSCF8895

リビング&ダイニング   奥まった壁の一部は磁石のパネルが張ってあり、備忘欄として書類を磁石で張りつけたり、家族へ当てたメモなど伝言板として、またIパッドやスマホの充電場所として等色々使えるようにしてあります。

 

DSCF8898 DSCF8904

南側和室は、床柱、襖、など全て以前の家のものを使用して趣のある落ち着いた部屋になりました。

襖を開けると中はクローゼットになっており、引き出しは2段、一段、二段と上がり一番上の棚に踏み台がなくとも手が届くようになっています。

 

DSCF8909 DSCF8915

パントリーは色々なものをストックでき、モノの出し入れが楽にできるように、手前の二本の棚はスライド式になっています。

右の写真はご主人の書斎。黒く波打っているように見える壁はシラスの新しい色合いで、照明により波間に月の光が広がっているように見え、幻想的です。

DSCF8921 DSCF8910

押入の中にもこだわりが。奥の塩ビの柱は地熱利用の配管です。夏には床下の冷えた熱を、冬の暖められた熱は天井から床下に吹き出す役目を持ったパイプです。

光りの関係でよく見えませんが、透明のパイプの中には夏と冬の風向きの違いが分かるようにリボンが入っております。T様邸を訪問されるとこの地熱の取り込み具合を目で見ることができます。

最後の写真は白くてわかりにくいですが(素人の写真なのですみません)、キッチンわきに造られた、便利棚(べんりだな~)なんちゃって・・。(笑)

使用しない時は降ろしておき、使うときだけ棚になる優れもの。

もっと色々なアイテムがあるのですが、今回はこの辺で。

タイガハウスのリフォーム事例が放映されました。

2017.07.03

先日、信越放送で放映されました当社のリフォーム事例です。

タイガハウスの「地中熱と太陽光の家」に築40年の家を

長期優良住宅化リフォームの対象建物です。

耐震補強と省エネ改修のすべての部分をクリアし

国からのお墨付きを頂き、補助金も満額対象になりました。

まずはご覧ください。

外観は一見余り変わりません

外壁の仕上げ シラス壁そとん壁

腰板 木調サイディング

屋根瓦 既存和瓦