タグ別アーカイブ: シックハウス

昔の暮らしから考える家づくり

2015.11.04

環境にやさしく快適に過ごす為には、昔の暮らしを振りかえってみましょう。

昔のように一軒の家に、三世代もの大家族で暮らしていた頃の住まいは、家の中も外も土壁です

現在の様なサッシも無く、ガラス戸か障子に板戸が有るくらいで、全てが自然素材で出来た家です

隙間風は入っても当たり前のように暮らしていました。

冬でもストーブも無く、部屋の中心に有る炬燵だけで暖まっていました。これが結構省エネ

に成っていて、大勢の人が一部屋で暮らすという事はそれだけでも省エネです。

又、風呂も食事も家の中で薪を炊いて作っていますので、一度に大勢の食事を作る事は

省エネに成り、一つの風呂を大勢が入る事もそれだけでかなりの省エネです。

もちろん給湯なども有りませんでしたし、風呂もトイレも外に出て別棟に有るご家庭も

有りましたので、その時代を考えますと現在の生活全てが夢の様な出来ごとです。

それでもそのご家庭では、現在のように室内に結露も無く、シックハウス症候群の様な病気も

無く、たまに風邪をひく程度で、お年寄りも子供もみんなで元気に一緒に暮らしていました。

最近、「子供は風の子元気な子」と言う言葉が有りますがあまり聞かれません。私たちが

子供頃のように夏でも冬でも家の周りで、学校から帰った後外で遊ぶ姿が殆ど

見られません、チョット残念なことです。

これも核家族化により、親の両親との同居する家族が少なくなり、子供達の両親が

共働きの家庭が多く、子供の人数が少なくなってきている事も有るのでしょうか?。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

自然素材の塗料に付いて。

2015.10.04

「自然素材の家づくり」と言われても、使われる材料全てが自然素材では有りません。その8

自然素材は生き物です良い所だけでは有りません、素材によって

特徴が有りますので、今回は自然塗料に付いて。

過去には柿渋や漆を使用った時代はありましたが、一時ほとんど見られなくなりました。

石油製品の塗料により、シックハウス症候群の問題等から、室内環境問題が高まり改めて

自然塗料が見直されはじめました。

日本で使われる自然塗料はドイツからの輸入品が多く、ドイツでは自然塗料の「自然」という概念は、

塗料の原料調達から生産、製品使用から廃棄に至るまでのライフサイクルにのすべての段階で

環境に負荷を与えないための評価手法「LCA(ライフサイクルアセスメント)」が厳格に用いらています。

自然塗料は、天然植物の油脂やワックス・天然樹脂などを、原料としてつくられていますので

人体えの影響はないので安全で有ると言われ、発がん性が疑わしい有害な化学物質等は

一切含有していませんので、玩具の安全基準にも合格し、赤ちゃんのおもちゃにも使えます。

フロアーの塗装は、塗膜を形成しないために、堅さと耐摩耗性はフロア(木の特性)に依存します

仕上がり当初はキレイなフロアでも、メンテナンスが行き届かなければ汚れに変わってしまい、

その後のお手入れもフロアー用のオイルを塗り続ける事が必要に成ってきます。

又、自然塗料とは言っても、物によって塗料が硬化乾燥する時に、化学反応を起しシックハウスの

原因になるホルムアルデヒドが微量ですが発生するものも有るようです。

塗装後乾燥する段階に室内へ蒸気として放出され、アレルギー症状が出る事も有るようです。

自然塗料は、商品ラベルなどに記載されている記載事項を守って、使用時及び使用後は、

十分な換気をされますようお勧めします。

また、塗料が染み込んだウエスは自然発火の恐れがあります。

ウエス等は使用後、必ず水の入った容器に入れ処理する必要が有ります。

環境問題などの観点から注目されている自然塗料でも、製造過程等によっていろいろな問題が

発生しますので、使用前にその部分も調べる必要があります。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

自然素材壁紙とビニールクロス

2015.10.02

「自然素材の家づくり」と言われても、使われる材料全てが自然素材では有りません。その7

自然素材は生き物です良い所だけでは有りません、素材によって

特徴が有りますので、ここでは壁紙に付いて。

現在、一般的に壁の仕上げ材と言えばクロスと言う位、ビニールクロスが主流ですが

元々はクロスと言うと布の事を言う様に、織物で出来た布製の物しか有りませんでした。

クロスが出始めた頃は、厚みの有る織りの良い物で豪華な柄物が多く、値段も高く

新築住宅でもほんの一部分で、飾り棚のバック位しか使われていませんでした。

それが薄手の織柄の物が出来、価格も下がり、洋室の一部屋だけ貼るようになり

少しずつ貼る部分が増えてきました。

ところが布で厚みが有るため、長い間にクロスの継ぎ目が少しずつほつれてしまい繊維の

端の糸が切れ、つなぎ目の部分が非常に醜くなってしまったのです。

その為布クロスは敬遠されてしまい、それに代わるビニールクロスが出回りはじめ

価格も安く、施工性も良いため現在のように盛んに使われるようになりました。

ビニールクロスは表面が塩ビ製の為に、布のクロスより汚れ等は落ちやすいのですが

室内の湿気の調湿機能もなく、以前に比べ建物の自体の気密性が高まった事も関係しますが

湿気がこもりカビの発生原因になり、シックハウス問題が起きてしまいました。

現在は、ビニールクロスも調湿機能付きや匂いを消臭分解する物なども出来てきました。

自然素材の壁紙には、珪藻土を主原料にした壁紙やパルプや麻が主原料の物

竹・炭・ケナフが主原料の壁紙等が有ります。

又、以前から使われている和紙壁紙の場合は下地処理の捨て貼りから上貼りまで

タイコ貼リ施工する為に、貼れる職人さんも少なく手間もかかり、価格も高値になってしまいます。

家づくりは仕上げ材料のクロスも、いろいろと変化してきております。

それぞれ特徴も有りますので、選定時には使用場所を決め、その物の特性を生かし

上手に選んで欲しいと思います 。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

自然素材の無農薬畳とは。

2015.09.28

「自然素材の家づくり」と言われても、使われる材料全てが自然素材では有りません。その7

自然素材は生き物です良い所だけでは有りません、素材によって

特徴が有りますので、ここでは畳に付いて。

畳は日本の家創りには欠かせない存在で有りますが、近年は新築住宅で和室を

創らない御家庭も有りますが、やはり一部屋位は創りゴロンと横に成りたいものです。

その畳が着色剤等の成分によりシックハウスの原因になり、発がん性も含まれている

事は余りご存じ無いと思います。

以前家の新築時の完成間際に、新しい畳敷きをすると真っ青なイグサのいい匂いが

心地良く感じて居た物でした。それが農薬で着色したイグサだとは思ってもいませんでした。

現在の家づくりのように高気密化されていなかった為、色々な障害も起きずに済んでいました。

処が、最近の住まい創りは殆どの家が高気密住宅になって来ましたので、室内に匂い等が

充満し換気不足による、シックハウス症候群等の病気を発症する原因にも成ってしまいました。

畳は、イグサ表と稲藁の床によって出来ております。シックハウスの問題等が起きて以来

農薬を使って育てたイグサも、無農薬で生産する生産者もでき、畳床になる稲藁も無農薬でお米を

生産する農家の方も出てきております。

しかし、生産農家の方は農薬の殺虫剤を使用せず木酢液などを使っての、有機栽培ですので

どうしても手が掛かり、大変苦労をされて生産して居るようです。

そして、自然素材の無農薬畳は、藁床がダニの住処に成りやすく、その発生を防ぐためには

時間をかけて加熱、殺虫、乾燥をしないと良い床が出来まりせんので、製品になるまでには

時間とコストがかかり、費用の面でも高額になってしまいます。

現在は畳表もイグサに変わる、和紙で出来た表も有ります。藁床に変わるヒノキ床や炭などを

サンドイッチされた物も有りますので、どの様な畳を使用するか検討する必要が有ります。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

珪藻土は本当に自然素材?

2015.09.22

「自然素材の家づくり」と言われても、使われる材料全てが自然素材では有りません。その5

自然素材は生き物です良い所だけでは有りません、素材によって

特徴が有りますので、ここでは内装材の珪藻土に付いて書いてみます。

内装材に多く使えわれる珪藻土は、植物性プランクトン(藻)等の遺骸が堆積し

化石化されたもので、無数の孔があいているため吸放湿性能が高く

湿気が多い時には水分を吸収し、少ない時には放出をしています。

その為に、結露がしにくくカビの発生を抑える効果が有りますので、珪藻土の

壁材を室内に塗ることで、シックハウス防止に成り健康に良いと言われています。

又、火に強い土として七輪に使われますが、珪藻土は乾燥すると土に戻ってしまい

固まる性質が有りませんので、高温で焼かれていますが、それでも削れたり擦れたり

割れてしまい、長い間放置するとぽろぽろと崩れてきます。

これを建築材料の内装材にそのまま使用する事は出来ませんので、

左官材料として使用するには、何らかの固化材を混ぜる必要が有ります。

固化材には石膏、セメント、漆喰、が有りますがこれらの材料は、その材料自身に

吸放湿性能が有りますので、珪藻土の性質を大きく損ねる事は有りませんので

安心して使用できます。

又、合成樹脂等の固化材を使った材料は、加える程度にもよりますが吸放湿性能が

全く失われてしまう物も有り、室内に悪い影響を与えシックハウス症候群の発症の

原因になってしまう物も有ります。

特に市販されている珪藻土の建材の中には、どの固化材がどの程度の割合で

含まれているか、珪藻土の割合等も明確に表示されているメーカーはほとんど有りません。

珪藻土の選択には固化材よって良さが全く失われてしまいますので、自然素材だから

と言って安心して使用しても、かえって健康には悪影響を与えてしまう物も有りますので、

充分注意が必要です。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

自然素材の良さは使用方法で変わります。

2015.09.16

「自然素材の家づくり」と言われても、使われる材料全てが自然素材では有りません。その3

自然素材の木を使って家づくりをしたいと、考える方が最近増えてきました。

これはシックハウスやアトピー等を引き起こす原因物質も無く、

工業製品のように同じ模様の色や柄も無く、居室などを調湿効果で

良い環境を保ってくれる事も有るからだと思います。

又、木材は室内全体を見回し、木の割合が約6割くらい目に入った時、

人は一番落ち着くとも言われています。

その木材を使って仕上げたリビングで、子供達が冬でも裸足で飛び回り

その横でゆっくりと本でを読みながら、くつろいでいる姿は何物にも変えられません。

自然素材は、木材、土、石、草等の自然界に存在する原料の事を言いますが

素材をそのまま加工して使える物と、どうしても製品にしないと使用出来ない物が有ります。

製品にして使用する場合、固化剤に合成物質等を使用したり、仕上げ材の表面を

塗料等によって、素材の良さが失われてしまう物も非常に多く有ります。

そして、自然素材専用の建材メーカーさんがお勧めする材料を使って出来上がった家の

室内は違いが有ると言われますが、実際に数時間体感しただけでは良さは分りません。

本物の自然素材の住まいは、やはり長年住み続ける事でその良さも実感でき

健康的にも良い影響を与えますが

キズも付きやすく変色もしますので、お手入れや管理が大変な物も有りますので、

使用時には、材料の種類や性質などを十分理解し、上手に使い分ける事が必要です。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

本物の「自然素材の家創り」と「シックハウス症候群」対策

2015.09.14

「自然素材の家づくり」と言われても、使われる材料全てが自然素材では有りません。その2

自然素材の家づくり、と言われ思い浮かぶのは、木をふんだんに使い床板も天井板もムクの

板張り仕上げで、壁は珪藻土等を使ってと言うイメージの方は多いと思います。

確かにこの様な家は自然素材の家づくりと言えます。

在来木造住宅は構造材等殆どが、天然木材の自然素材でつくられていますので

木造住宅を施工されている業者さんは、どこも自然素材の家づくりをしています。

しかし、構造部分はどの業者さんも同じですが、違いは見た目の仕上材等で

イメージが変わってしまいます。

前回お話のお客様のように、シックハウス症候群をすでに発症してしまった方には

自然素材の家づくりをお勧めしても、この材料を使用すれば大丈夫と言うものは

本当に数が限られておりますし、患者さんによっても違いが有ります。

本来この様な方でも安心して住めるような家づくりが、本物の自然素材の家づくりと

言えるのではないでしょうか。

見た目だけふんだんに木を使って創った癒しの空間も、そこに使われている

表面上自然素材の材料を使っても、室内の環境が良くなければ、

シックハウス症候群にかかってしまいますので、仕上げ材料の選択は大変重要に成ります。

建材メーカーの中で、自然素材の材料ですと大々的に宣伝をしていてるメーカーさんに

「シックハウス症候群が発症してしまったのですが、使用しても大丈夫ですか」と

問い合わせた処、大丈夫ですとお答え出来るメーカーは皆無です。

殆どのメーカーさんは「当社はその様な方がご使用に成る所には、お売りしたことが

ございませんので、御使用しないで下さい。」とはっきり断られます。

建材メーカーがその様な状態ですので、本物の自然素材の家づくりは天然の

無塗装の木と、昔からの土壁や漆喰だけで造っていればよいのでしょうか?

それではやはり現代風の家には成りませんので、仕上げ材料選びは充分気を使い

材料に含まれている成分まで分析してはいかがでしょうか。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

「自然素材の家創り」と「シックハウス症候群」

2015.09.12

「自然素材の家づくり」と言われても、使われる材料全てが自然素材では有りません。その1

以前私の所に、シックハウス症候群をすでに発症してしまった

70才位の女性と息子さんが一緒に訪ねてこられました。

まずはその方のお話をお聞きください。

「3年程前、県内では大手の住宅会社さんにお願いして新築し家に越し

2年位したら、突然頭痛や吐き気めまいがして家には居られませんでした。

市内の病院へ行き診察をしたところ、最初は分らなかったのですが2、3病院を変え

最後に診て頂いたお医者さんに、シックハウス症候群と診断されました。」

「その後、新築したばかりの家をあきらめ売りに出し、築30年位の古い家を買って

ムクの床板や珪藻土を壁に使って家の改修工事をしました。」

「やっとこれで解放されると思った矢先、2,3日すると同じ現象が又現れ

家の中には居られなくなり、昼間は窓や戸は全て開放し生活をしていました。」

シックハウス症候群は一度発症しますと、一生治らないと言われている位いいやな病気です。

又、診察出来る病院も近くには余り有りませんので、県外へ月に1,2度通院しているそうです。

お話お聞きすると、すでに何件かの工務店さんやハウスメーカー

に行ってお話をしたそうですが、どこも断られ話に乗って下さらなかったようです。

この方のようにすでに発症してしまった人に、自然素材の材料を使って家づくりや

改修工事をしたとしても、ムクの床板でも、珪藻土の壁を使って仕上げをしても

使用材料によっては解消はされません。

一件この様な材料を使ってさえいれば、解消されそうな気はしますが、

実際には解消されていませんでした。

それから数日後に、家を訪問しさっそく見せて頂きました。

玄関ホール・ローカはムクの床板、壁は珪藻土の塗り壁で仕上がっていました。

ムクの床板はウレタン塗装がされており、壁の仕上げは以前の繊維壁の仕上げを落とし

下地処理のシーラーを塗り、上塗りに珪藻土で仕上げたそうです。

この材料選びがまずかったのです。

ムクの床板の場合はウレタンに限らずUVオイル等でも全ての塗装は、受け付けませんし

まして壁下地処理用のシーラーもダメ、上塗りの珪藻土も硬化させるために固化材が

含まれていますが、その固化材には合成樹脂が多く、やはり使用には気を付けたい。

すでに発症されてしまった方の場合、使える材料が限られてしまいますので、

特に材料選びには、十分注意を払い慎重な対応が求められます。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

“シックハウス”についてのご相談を頂きました

2013.07.17

先日久しぶりに「シックハウス」についてのご相談が当社に寄せられ、

その後、直接お見え頂いてお話を伺う事が出来ました。

続きを読む