タグ別アーカイブ: イベントレポート

「建築業者では教えてくれない住宅計画セミナー」

2017.01.30

「安心で安全な将来は、計画の段階で決まります。」

ほとんどの場合、建築業者主導で行われる住宅計画。

本当は、そこに暮らす人自身が主導で住宅計画を進めなくてはなりません。

そう力説するのは、ホームライフクリエーター 大田麻美さん

一般社団法人 暮らし振興支援機構(通称:はなきりん)の 理事長です。

弊社はこの考えに賛同し、今年から応援協力会員というカタチで

住宅部門のご相談などのお手伝いをさせて頂いて居ります。

 

平成29年1月15日(日)・JA長野県ビルで

その、はなきりんの長野市内での第1回セミナーが開催されました。

前日からの大雪で、電車も運転見合わせだった区間があった長野県内。

今回は、当日の受付と前日までの案内状の発送をお手伝いしたのですが、

次から次へと電話やFAXが入りアッという間に定員110席、満席に。

「立ってでもいいから会場に入れないだろうか・・・?」

こんなに熱心な問い合わせもありましたが、キャンセル待ちというカタチをお願いしたほどでした。

DSCF7619 DSCF7654 DSCF7644 DSCF7656

人生のこと、お金の話、子育て、教育・・・などなど。もちろん住宅のお話も。

人が生きていくための必要なこと、社会とのかかわり方、家族のこと、夫婦の問題

家とは・・・単に建物がそこにあるというものではなく

そこに暮らす人々の日常、泣いたり笑ったり、良くも悪くもひっくるめての家。

この家の将来をどうするか。

どうしたら一番いいのか。

新たに土地探しから始める人の不安、

多くの方が抱えている現実的な問題。

家を考えることは、家族を考え日常を考え、将来を考えること。

 

このセミナーは『建築業者では教えてくれない』ではなく

『建築業者には聞きたくない』セミナーだったのではないかな・・・。

そう思うと、私達もアンテナをのばして勉強し、

工務店仲間や建材屋さん達と情報を共有し、

中立的な立ち位置で考えていくことが必要だと改めて感じました。

 

当日ご参加された皆さん、大雪の中、長時間にわたりお疲れさまでした。

有難う御座いました。

わが家再生・あったかリフォームセミナー終了しました

2016.02.24

2月20日(土)断熱リフォームセミナーが予定通り終了しました。

このセミナーで改めて感じたのは、みなさまダントツで「冬・あったかい家」

「夏・涼しく暮らせる家」が欲しいということです。

いかに今年の冬が暖冬であっても、やはり信州の冬はとても寒いということです。

今回はたまたま「愛知の夏を涼しく暮らしたい」との一途な思いから

ご参加下さった方もおいでになりましたが・・・。

遠路はるばるありがとうございました。

今、住宅を新築した場合「長期優良住宅」では、最大100万円、

「長期優良住宅化リフォーム」の場合が最大200万円国から補助金が支給されます。

ではなぜ国からそのような大金が補助金として支給されるのでしょうか?

その理由を参加者みんなで考えてみました。

ズバリ 「空き家対策でしょう!!」 といきなり適格な発言があり、驚きました。

(本当はもっと的を外れた答えがたくさん出てくるのを期待したのですが・・・ザンネン)

鋭い質問はもちろんですが、まさか一般の主婦の方から第一種換気だの第二種換気だの

と専門用語がスラスラ出てくるとは・・・講師の玉川さんは嬉しくてワクワクしたそうです。

皆さんの「良い家が欲しい・家づくりで絶対失敗したくない」と、いう強い気持ちがビンビン

伝わってきました。

こちらも、ハンパな気持ちではいられなくなりました。

かなりヒートアップしたセミナーになってきました。

DSCF6956 DSCF6944

このセミナーには以前タイガハウスを新築された方と断熱リフォームされた方も好意的に

ご参加下さり、生の暮らしぶりや一年間の光熱費の生データーを持参してくれました。

(まさか資料持参でご参加下さるとは夢にも思っておりませんでした、ビックリするやら嬉しいやら・・)

お隣同士で「実際はどうなのですか?」

「坪単価は?」・・などとお聞きしていたようです。

また、「伝導型地中熱」の開発元、玉川さんも、熱心な質問や意見がでる中

温熱マニアック魂に火がついてしまったようで、予定時間をかなりオーバーしてしまいました。

(大変申し訳ありませんでした)

セミナー終了後も時間の許す限り気になることの質問や応答をそれぞれ交わしていたようです。

皆様に笑顔でお帰り頂くことができて開催側としては喜ばしいことでした。

20日は割合暖かく暖房はしておりませんでしたが、この熱気と「地中熱」のおかげ?で

室内は21~22℃程もありました。

いつの間にか外は雨となり、「やっぱり外は寒いや~」といいながら

皆さんお帰りになりました。

今日はみなさま、本当にお疲れさまでした。

玉川さんも「いや~今日は楽しかった~!!!」

「又来ます!是非また呼んでください」と満面の笑顔でした。

DSCF6961 DSCF6982

みなさま、休日の貴重な時間をありがとうございました。

このセミナーが皆様の家づくりに少しでも役立ってくれることを願っております。

今回ご都合のつかなかった方、是非次回のご参加をお待ちしております。

 

DIYをご一緒に・・完成しました。

2015.09.10

このところの長雨に心配していたのですが、やはり天気予報は当たりました。

9月6日(日)午後は雨、

しかし大賀のお客様は雨になんかめげずに予約頂いた方、全員集合です!

 

この時期は色々なイベントがあり、子供さんたちも多忙です。

でも、午前中に済ませて駆けつけてくれたり・・とにかくうれしいの一言です。

家はお引き渡しをしてしまったら、私たちが訪問することはあっても、

事務所にお見えになることはほとんどなくなってしまいます。

それではあまりに寂しい・・。   せめて・・

一年に一度くらいは私たちも、お客様の中に入って、このように

みんなで楽しみたいのです。

 

A様の手作り「お豆腐のドーナツ」に子供達も大人も大喜び、

早速レシピを聴いていたようです。

もしかしたら、今日あたり各ご家庭のおやつになっていたりして・・・。

 

DSC_0003

 

雨が音を立てて降ったり、小降りになったり・・、テントの中にチョッと雨漏りもあったけど

だけど、大賀の事務所だけは晴天・・みんなの笑顔がいっぱいでした。

 

作業のようす、その手元を見つめる真剣な表情、素敵なカットがたくさんです。

少し前までは、お話できなかった子供さんも、もう一人前の表情をして

話かけてくれるのに、驚くやら嬉しいやら・・。

 

子供の成長は早すぎる・・「そんなに早く大きくならなくていいよ!」と言いたい。

DSCF6825 DSCF6783 DSCF6787 DSCF6826 DSCF6798 DSCF6856 DSCF6815 DSCF6770 DSCF6789 DSCF6844 DSCF6853 DSCF6829 DSCF6863 DSCF6865 DSCF6866

「見て!これお父さんと造ったの、すごいでしょ!!」

DSCF6819

大勢のご参加を頂き、本当に楽しかったです。

小さいながらも子供さんたちは、お父さんやお母さんの手元を真剣に覗いていました。

何年かしたら、自分で工作ができるようになるでしょう・・。

こんな家族いいな~!

 

雨だったけど・・・みんなで楽しいDIYでした。

みなさま、お疲れさまでした。

「築28年の家の断熱リフォーム」見学

2015.07.04

5月27日(土)、あったかい家にするためのリフォーム工事完成見学していただきました。

この工事は、築27~28年ほどの家を断熱改修した

「長期優良住宅化リフォーム・最高ランクS基準の家」なのです。

当社としては、同ランクの家は早くから工事をさせてもらっておりますが

国のお墨付きを頂き、補助金200万円を支給していただくのは今回が初めてです。

 

027 028

この家は、2階の住宅1棟 と 平屋の住宅1棟が近接しており、

平屋の方を半分にカットして、2階の住宅とつなぎ合わせ

完全外断熱の高気密住宅にするという大規模な工事です。

 

このような工事をすることにより、外断熱の高気密・高断熱住宅が完成します。

リフォームといっても、見た目だけのリフォームではなく住宅の性能が上がる

「長期優良住宅化」になるのです。減税の対象にもなります。

又、何よりもうれしいのが住宅取得税がかかりません。

更に、固定資産税は古い家の時のままです。

shimizu3634 shimizu3662

shimizu3270 shimizu3279 shimizu3209

新しくなった玄関                  無垢のスギ床がやさしいキッチン&リビング

shimizu3228 shimizu3197  shimizu3189

北向きのキッチンは家の中央に移動し、

奥の小上がりの和室は天井が低く落ち着いた部屋になった

shimizu3172 shimizu3163 shimizu3244

6畳二間の和室は新たに押入とクローゼットを新設し広々とした8畳間に

階段は傾斜をゆるやかにし踏板の幅も広くとる

shimizu3255 shimizu3262 shimizu3266

断熱リフォームの良いところは、

例えば今回のように気に入った場所に居ぬきの住宅があれば

その既存住宅をこのように断熱リフォームすることにより、古い家が新しく生まれ変わり

同じ性能の家であれば、新築するよりもはるかに広い家になります。

当社の新築住宅と比較すると700万円~1,000万円ほど少なく済みます。

 

又、建て替えようか悩んでいる方には、

思い出をなくすことなく暖かな住みよい家に生まれ変わらせることができますし、

勿論、自然環境の面からもお勧め致します。

 

今、新築をお考えの方・・土地を探しながらこのように居ぬきの家を探してみてはどうでしょうか?

このような方法も一つの賢い選択方法かと思います。

 

毎日暮らす家が今よりもっとずっと快適になることは

 

あなたの人生が心豊かになることです。

 

DSCF6610  DSCF6605

DIYイベント 無事終了しました

2014.09.01

これまでの感謝祭的な目的と新事務所のお披露目も含めてと企画した今回のイベントだった為、OBのお客さんや以前のイベントにお越し下さったお客さんをメインに呼び掛けたところ、予想以上の大反響。有り難い事に早々に予定の人数以上に達してしまいました。

そもそも、現場で出る床板や集成材・柱や土台などの端材が勿体ないと思い、その端材でたまたま仕事に来ていた友人と「コレ勿体なくね?」と空いた時間に遊び半分で色々な物を作りはじめたら、これが結構おもしろい。その上、買った物と違って愛着が湧いたり、見るだけでちょっとニヤっとしてしまう事が分かったので「じゃあ、みんなで何か簡単な物を作ってみようか」という今回の運びです。

 

午前と午後の2グループで合計10組23名お集まり頂きました。

 

午前中は小さいお子さん連れのお客さんが多く、かなりにぎやかな中での作業でした。午後から用事があるというお客さんも居た事、単純に人数が多かった事もあって、個人的に若干焦り気味でした…。

DSCF6152 DSCF6143 DSCF6151 DSCF6145

女の子の中にはやっぱり工作よりも家の中で遊びたい子も居たようで、この日ゲストで来てくれた腹話術人形の「ケンちゃん」と遊んでいた様です(笑)

DSCF6169

一方、男の子はというと…

途中の中だるみを経て

DSCF6144

最後は見事に盛り返しました(笑)

DSC_0026

 

午後は一変して、お一人で参加された方が多かったせいか、大人が多かったせいか、時間にある程度余裕が有った為僕だけがリラックスして居ただけなのかは分かりませんが、すっかり落ち着いた雰囲気。

DSCF6194 DSCF6214 DSCF6221 DSCF6204

そんな中、小学5年生のMちゃんが大人に交じって大奮闘。最後までしっかり集中して頑張って、この日一番きれいに仕上げました。(Mちゃんもう5年生になってたのね。現場でよく見掛けてた頃はまだお母さんに抱っこされて幼稚園か保育園に通ってた覚えが…。すっかりおねえちゃんになって…。)

DSCF6227 DSCF6229

 

という訳で、全員怪我もトラブルも無く無事に完成!

DSC_0030 DSC_0032

 

もう少し「集成材を割っちゃった!」とか「違う所に穴開けちゃった!」とかトラブルが起こる事を予想して少し多めに材料を用意してたんですが、それが日の目を見る事は有りませんでした。これは指導者が良かったか?(笑)

何はともあれ、よかったよかった。

進行中の現場の合間にこの日使う材料の下準備を少しづつ進めるのが若干大変でしたが、

みなさん全員が満足そうな顔をして帰って行く姿を見送ってそんな苦労は完全に吹っ飛びましたね。

また企画したいと思いますので、その時にも是非またお越しください!

参加されたみなさん、お疲れ様でした!

有難う御座いました。

高千穂シラスの新商品説明会へ

2014.06.27

Kさんのお宅の工事が順調に進む中、この日は約半日抜けさせて貰って、

内・外装の仕上げ材料でお世話になっている高千穂シラスさんの新商品説明会に松本へ。

毎回この材料を塗って貰っている左官屋さんと、

リフォーム用材料に興味があると言う内装屋さんと3人で行ってきました。

 

簡単にシラス壁の事について説明しますと、

火山灰シラスを主成分とし、色付の顔料はもちろん、ビス穴やボードの継目を埋めるパテに至るまで

100%自然素材の左官仕上げ材です。

DSC_0025 DSC_0134 DSC_0011 (2)

IMG_1424 IMG_1438 DSC_0124 外壁仕上げ

火山灰シラスの粒子は、通常使われるセメントの粒子よりも多くの空洞や隙間があり、

調湿・消臭機能が高いとされています。

 

と、ご存知無かった方にも「何となく良さそう」と伝わったなら幸いなんですが、

個人的なおススメポイントは、なにより「感じが良い」事です。

見た感じ、触った感じ、光が当たった時の陰影とか、やっぱ貼りモノと違います。

ラインナップされている色も良い色揃ってます。

 

そんなシラス壁、弊社では度々外壁のそとん壁と内装では中霧島壁ライト

使わせて貰っている訳ですが、今回新たにそとん壁風の内装材が出たそうです。

その名も中霧島壁ワイルド

実際見ましたが、本当にワイルド感たっぷりな材料でした(笑)

ご存知な方は分かると思うんですが、ホントそとん壁を室内に塗る感じ。

塗り厚も通常の仕上げ材が1.5㎜~3㎜くらい、厚くても5㎜なのに対して

内装材にも拘らず8㎜というワイルドっぷり。

仕上げのパターンもそとん壁と同じで、掻き落としとかスチロゴテ仕上げの様に

表面を荒々しく仕上げると更にワイルドさが増すんではないでしょうか。

以前に内装の材料も「そとん壁みたいに塗れないんですか?」とお客さんに

言われた事が有りましたが、今後はそういったご相談にも対応出来そうです。

ご興味が有る方は、是非ご相談ください。

 

 

・・・ちなみに、一緒に行った内装屋さんに帰ってきて感想を聞いたところ、

本職がクロス職人な彼は「アウェー感がハンパじゃなかった…」と言ってました(笑)が、

彼のそういった、新しい物に挑戦しようとする姿勢は本当に尊敬出来ます。

「こんな家の造り方があるんですね、初めて知りました・・」

2014.02.17

2月2日(日)は朝から雨でした。

今日は駒ケ根の家の住み心地を体感しながら、

みなさまと一時をご一緒させていただく日です。

前夜、1歳になる子供が熱を出しました。

小さい子供がいれば考えられることだったのですが

想定外だったので慌てました。

今まで何度もイベントでお客様のお宅を訪問させていただいても

スムーズにはかどっていたので、今更ながら当社のお客様の凄さ

優しさが身に染みました。

しみじみありがたいと思いました。

そんなわけで、応募してくれた方が多かったので、午前と午後の2回開催する予定を

急きょ午前だけにして、午後長野方面からお出でいただく

方々にはご理解いただきましたが、

本当に申し訳ありませんでした。

後日穴埋めをさせていただきたいと思います。

DSCF5245

DSCF5248

「お正月、何日も留守にしたけれど帰ってきてもこのくらいの暖かさでした。

今までは、家の中があったまるまで車の中に子供を寝かせておいたけど

今年からはそんなことをしなくても、すぐ家の中に入れたし、

洗濯物も乾いていたし、布団もあったかくてすごくうれしかったです。」

「温泉大好きだけど、今は外に行く気がしない」

とのことでした。

ちなみに、暖房機は蓄熱暖房機一台で今80%蓄熱しているそうです。

「昨年までは何度も喘息で入退院を繰り返していた娘も

今年は風邪の咳くらいで、今のところ病院には行っていないし、

石油ストーブを使わないのっていいんですね」

床下点検口を開けて覗いた方から・・

「こんな家の造り方があるんですね・・初めて知りました・・」

「二階も見せてもらっていいですか?」と暖房機のない二階へ行かれました。

DSCF5258

今、長野市篠ノ井塩崎に「高気密・高断熱・地中熱活用住宅」を

体感できる事務所兼おもてなしルームと一般的な造りの部屋を

併設中です。

いつでもご案内いたしますので、ご遠慮なくお出かけ下さい。

【駒ヶ根の家】完成見学会終了しました

2013.10.11

10月5日(土)・6日(日)に駒ヶ根の家の完成見学会を行い、無事に終了致しました。

長野の現場が動いた事もあって、僕個人は6日、日曜日のみの参加となってしまいましたが、土曜日の話を聞けば、長野からわざわざ来て下さったお客様やOBの方もいたらしく、土曜日に参加できなかったのが残念です…。

僕も参加した日曜日に関して言えば、比較的落ち着いてた印象でした。ただ、これ以上だとウチじゃ対応しきれなくなりそうなので、そうならずに助かりました…(笑)。それでも車5台くらいは置ける駐車場に一時は「次のお客さん来たら車どこ置いてもらおう…」って心配した時間帯も有ったほどの盛況ぶり。本当に有難う御座いました。

また、ご近所の方も覗きにおいで下さいまして、少しの時間でしたがお話する事も出来ました。

(工事期間中には大変お世話になり、有難う御座いました)

DSC_0022 DSC_0023

完成見学会の時って毎回写真を取り損ねる、というか、毎回なかなか撮ってるタイミングが無かったりするのですが、今回も写真あまり撮ってなくてご紹介出来ずスミマセン。

ただなぜかこういう元気な写真は何枚か撮ってました(笑)

DSC_0019 DSC_0020

 

今回の見学会では、床は長野県産のカラマツ、壁は、もう最近ではほぼ毎現場でお世話になっている高千穂シラスさんのそとん壁と中霧島壁ライトでしたが、この辺を見に来て下さったお客様方にはご好評頂けた印象でした。特にスチロゴテで仕上げた、そとん壁の風合いを気に入って下さる方が多かった気がして嬉しく思っています。

残念ながら見学会当日までに、外部ウッドデッキが間に合わず、完全に完成した家の姿をお見せする事ができませんでしたが、そのウッドデッキも今週末頃には完成しそうです。そちらの方はまたブログ記事としてアップしたいと思いますのでお楽しみに。

お休みの日にわざわざ足を運んで下さった皆様、また、少し遠い長野からもおいで頂いた皆様、

本当に有難う御座いました。

『OB施主さんに”本音”を聞くツアー』無事に終了しました。

2013.02.17

『OBさんに本音を聞きに行くツアー』が無事に終了しました。

続きを読む

塙(ばん) 幸次郎・自然釉焼締陶展、好評開催中

2012.12.18

12月15日(土)~23日(日)まで、信州新町在住の陶芸家

塙(ばん)幸二郎氏の作陶展を開催しております。

続きを読む