長期優良住宅 K様邸 5年点検

2020.12.07

長期優良住宅のK様邸の5年点検に行ってきました。

K様邸完成当時の記事はこちら

当時、K様は
「お母さんが、私たちの為に建ててくれた大切な家を取り壊したくない。」と
いう想いで、色々な工務店をまわっていたそうです。

築35年と伝えると、建て替えを勧められてしまうことが多く、
悩んでおられたところ、K様の息子さんが大賀を紹介してくださり、
それがK様と大賀のお付き合いの始まりになりました。

 

今回は、床下点検について、ご紹介していきます。

家ごとに、床下の高さなどは少し異なりますが
タイガハウスの床下は一般的な住宅の床下とは、
大きく違うところがあります。

それは、床下の基礎部分に
地中熱を各部屋に取り込むための配管が張り巡らされている
ということです。

熱伝導方式 地中熱利用


ときにはこの配管を跨ぎながら
奥へと進んでいき、点検をおこないます。

床下点検の主な項目としては、
①基礎コンクリートのヒビがないか
②土台の腐朽はないか
③基礎コンクリや土台に、カビの発生や蟻道がないか
④給水管・排水管からの水漏れがないか
⑤各部屋に張り巡らされている配管から空気が出ているか
(夏は、空気を吸い込んでいるか)        です。

★①~④は住宅の床下点検の必須の項目ですが、
⑤は、地中熱の配管が床下にある「地中熱住宅」
ならではの点検項目ですね!

熱伝導方式 地中熱利用

天井付近の温かい空気をファンで吹き下げ、床下に放出している。床上の赤い点は温度測定位置です。

 

各部屋の床下に移動し、温度を測定しましたが
平均して17℃以上ありました!

K様からも「この時期でも、ほんとに寒くなくていいわ。」
とお言葉がありました。

 

今回は、床下点検についてご紹介させていただきましたが
それ以外の点検のことについても、また少しづつお話していこうと思っています。


長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

台風19号の後遺症・ 床下掃除

2020.11.26

一見きれいに見える事務所の床をどうしたらいいだろう、と皆で悩みました。

「こんなに綺麗なのに・・このままでいいんじゃないですか?と、誰もが言います。
一見きれいに見えますが、床下点検口から覗くとひどいものです。

 

このように、乾いているものの泥だらけです。
伝導型地中熱を活用するためにには、特に床下はきれいでなくてはなりません。
ですが、被災後半年以上も経つと、もうみんな疲れ切っています。

本音を言えば床下洗浄だけで済むのなら済ませたいところです。
ネットで床下掃除の業者さんを見つけたのですが、長野方面には来れないとのことで
あっけなく断念しました。

こうなったら完全に床の張替を決断するしかありません。
重い机や本棚、コピー機をどうしよう、ということで悩みましたが前進するしかありません。

 

床下の泥は乾いて魚のうろこ状です。
ホウキで簡単に寄せ集めることができ、ちり取りで少しずつ集塵袋に入れ、
残ったものは掃除機で吸い込むのです。

土台や根太(ねだ)など全て手の入るところは洗剤で拭きとり、
その後高圧洗浄機で静かに隅々の泥まで洗い流します。
この高圧洗浄機は優れもので、今回の水害では大きな力を発揮してくれました。

泥水は雑巾で何度も吸い取り、あ~やっと完全に納得できる床下になりました。
これで、すっかり乾けば安心して地中熱活用ができます。

 

床下配管は、こんなに汚れていたので新しいパイプと交換します。
新しいパイプは改良され蛇腹になっているので、自由に床下に挿入できます。

 

床下にきれいに収まり、やっと安堵できました。
これで室内にも空気を循環させることができます。

 


長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

 

12/19(土)・12/20(日)地中熱の家・体感会&家づくり相談会

2020.11.21

2020年、最後となる
<地中熱の家・体感会&家づくり相談会>開催致します!

最近は、12月らしい寒さになってきましたね。
朝晩の冷え込みが、身に応えます。

今回の<地中熱の家・体感会&家づくり相談会>は、
そんな寒い時期にこそ、来て頂いた皆様に
<地中熱を活用した家の魅力>を直接体で感じて頂きたい・・・。

そのような思いで開催しております。

また、大賀モデルハウスは築40年の家をフルリノベーションした家です。

・長年過ごした思い入れのある家を、取り壊したくない
・家の雰囲気はあまり変更せず、この寒さをどうにかしたい!
などお考えの方も、是非お気軽にご相談にいらしてください。

※新型コロナウイルス感染症予防の為の、
下記の対策を徹底して、皆様をお待ちしております。

①午前午後ともに、貸し切りでのご対応をさせて頂きます。
②スタッフは、手洗い・マスク着用を徹底しております。
③24時間換気システムでの室内換気をしています。
④物品や家具のアルコール消毒をこまめに行います。

地中熱の家 体感会&家づくり相談会

開催日程は、下記の通りとなっております。
お申し込みは、前日までにお電話またはメールにてお申込みください。

 

日時:12/19(土)・12/20(日)
AM10:00~11:30・PM14:00~15:30
※「この日は、どうしても都合がつかない。」「平日しか夫婦そろっての休みがない。」
などの場合は、別途対応をさせて頂きますので、遠慮なくご相談ください。

住所:長野市篠ノ井塩崎6777-5
TEL:026-293-3709

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

↓ メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

 

焼杉の外壁

2020.11.18

先週末の話になりますが、
社長が作業着を着て、事務所の外で作業をしていました。

濡れ縁

木材に塗料を塗る社長

社長は、PCに向かって図面を書いたり、書類作成をしている
イメージが強かったため、作業着を着て作業をする
社長は何だか新鮮に見えて、思わず写真を撮りました。

 

塗っては乾かし…塗っては乾かし…を何度も繰り返しています。
一度だけだとむらができてしまう為、数回塗るのだそうです。

濡れ縁づくり

丁寧に塗られた木材

この木材を使って、大工さんが
近々、濡れ縁をつくるそうです!

 

作業をおこないながら
目線を上に上げた社長が、
「そろそろ、事務所の焼杉も塗らないとな。」と言っています。

 

大賀のモデルハウス兼、事務所の
外壁にはシラス壁と、一部焼杉板が使われています。

 

お客様のお家でも、焼杉板を
外壁の一部に採用している方がいて、
写真を見る度、味があって素敵だなと感じます。

 

焼杉自体は50年ほどもつ丈夫な外壁材です。
しかし、無垢の杉板ですので雨風に洗われ、
杉の地肌が少しずつ見えてきます。

長持ちさせるためには、
定期的に専用の塗料で塗装することが必要です。

杉の地肌(黄色っぽい色)が、
だいぶ見えてきたなというのを塗装時期の目安にするといいそうです!

焼杉の外壁 経年変化

大賀事務所の焼杉の外壁

大賀の事務所と同じように、ご自宅の外壁に焼杉を使われている方は、
家の周りをぐるっとまわって、
「うちは、黄色っぽくなっていないかな?」と観察してみてくださいね。


長野市を中心に再生可能エネルギー、自然素材を使って
高気密・高断熱リフォームをおこなうタイガハウス

台風19号から1年・・あの日を振り返って(3)

2020.11.12

《2020年11月3日、千曲川沿いに打ち上げられた多くの花火に感謝します》

大勢の方々のお力を頂きながら、水害から3日が瞬く間に過ぎました。
その時なにをやっていたのか思い出すことができません。
3日過ぎて、やっとお風呂に連れて行ってもらえたのですが、
(車が無いので行くこともできない)、お風呂のことなんか考えもしませんでした。

久し振りの温泉は体中に血液が回っていくのが分かり、自分の体が冷えて疲れていたことに
その時気が付きました。

毎日、知り合いの方や親せき、子どもたちに手助けされ朝昼晩とウロウロしているだけだったような気がしますが、こんなに動き回ったことのない歩数でした。

愛車との突然の別れと新しい出会いは、あっけないものでした。
車屋さんの駐車場には、内部が結露したままどの車も同じ状態で並んでいるのを見ると
切ない気持ちになります。
はやくどかして欲しいのに、何日も何日もそこを通るたびにこちらを見ているようで
やり切れません。

気持がすさんでいる中で、水の引いた後からサフランの花が咲きました。
今この季節、庭には今年もまた同じ花が咲いています。

一年が過ぎ、何事もなかったように過ごせているのですが、
11月3日、千曲川沿いのあちらこちらで長野復興を目指して夜空にいっせいに打ちあがられた花火。

過去の花火は美しく感動の笑顔で見ていたのに、
今夜は予期しない涙が後から後から流れ落ち、ただ黙って見上げていました。

仕事柄多くの住宅の復興改修の手助けをしながら、自宅と事務所を大勢のみなまさに
助けられながら、一年間休日もなく床下の泥を除き洗浄、消毒を繰り返してきた毎日です。
私、今まで頑張ったよね、よく頑張ってきたよね・・。
自分に言い聞かせてあげることができました。

打ちあがる花火がご褒美でした。
開催してくれた方々に感謝します。
この花火にどれだけ多くの人達が慰められたことか・・ありがとうございました。
忘れられない花火となります。

 

「地中熱を活用した家です。」パート③

2020.10.31

最近、本格的に寒くなってきましたね(*_*)
こたつの中にいることが多くなり
「ちょっとは運動しないとな・・・。」と感じているこの頃です。

 

前回の「地中熱を活用した家です。」パート②から
気づけば、結構な日にちが経ってしまっていました。

 

今日はパート①で、チラッとお話しした、
地中熱活用の為の「普段は見えない場所にあるシステム」
をご紹介させて頂きます。

 

以前、ブログ内で
冬は上から下へ、夏は下から上へと
空気が動いていることが視覚的にわかる動画を紹介させて頂きました。
(リボンがヒラヒラと動いている動画です。)
こちらのブログをご参照ください。

今日は、その空気の流れをつくっている
システムを見ていきます♪

 

下の図をご覧ください。

伝導型 地中熱活用

図1 地中熱活用 床下システム

図1の赤丸の部分(屋根裏)には、あるシステムが設置されています。
それが、下のシステムです!

熱伝導方式 地中熱利用

この写真は、空気循環システムの本体のみで
空気を循環させるパイプはまだ繋げていない状態です。

 

地中熱活用 空気循環システム

図1の赤マルの部分を、拡大してみると
上のような空気の流れになっています。

 

冬は、右のファンのみが作動し、(左は止まっています。)
①天井付近の暖かい空気を吸い込む
②その空気を床下に吹き下ろす
という流れができます。

夏は、左のファンのみが作動し、(右は止まっています。)
①床下から空気を汲み上げる
②その空気を天井から室内に放出する
という逆の空気の流れになります。

 

このようにして、家中の空気循環がなされています。

普段は人から見られないところにありますが
地中熱を活用するために欠かせない
重要なシステムです。

ちなみに、今年は、
10月のはじめくらいに「冬モード」
に切り替えました!

 

違うタイプのものもあるようですが
事務所は、スイッチをパチッと押して
「冬モード」「夏モード」を
切り替えるシンプルなタイプです。

地中熱利用 空気循環システム

今度、このボタンを押すのはだいぶ先になりますね(。-_-。)

 

長期優良住宅のS様邸・5年点検に行きました。

2020.10.27

5年前に「長期優良住宅化リフォーム」をおこなった、
お客様のご自宅の、5年点検に行きました。

「5年点検ってどんな点検をするの?」
「お客様からはどんなご相談があるの?」などの
お話させて頂ければと思います。

 

「長期優良住宅化リフォーム」と
先ほど書きましたが、そもそも「長期優良住宅」とは?

 

 

簡単に言うと、
「長く良い状態を保ち、住み続けられる性能の高い家」として、
国が定める基準をクリアして、国からお墨つきをもらった住宅です。

 

 

今回、点検をさせて頂いたお宅は、
5年前に長期優良住宅へとリフォームを
おこなったお宅です。

 

 

5年点検の点検部位は、
屋外は、基礎や外壁、屋根、雨樋、軒裏を・・・
屋内は、土台や床組を・・・
それぞれの点検項目を、一つずつ確認していきます。

 

また、電気設備、水回りや換気システムなどの設備関係の
点検も一緒におこなっていきます。

 

その他にも、お客様に直接
「何かお困りのこと、ご質問などはありますか?」
と、お聞きしていきます。

 

今回、お客様からは
・寝室の窓に結露が発生する。
・時々、24時間換気システムが止まっている
というご相談がありました。

24時間換気システムが
正常に作動しているか確認すると、
一部作動していない場所が見つかりました。

寝室の結露も、一部の換気システムが作動していなかったことに
関係している可能性がある為、
作動していなかった場合の対処方法を
お客様にお伝えし、その結果結露が改善するか様子を
見て頂きたいと、お伝えさせて頂きました。

5年点検では、このように点検の項目を
一通りチェックしていくだけでなく、
お客様との会話の中で、
日頃、気になっていることなどをお聞きし、
今後の対処法などをお話させて頂きます。

 

地中熱住宅体感&見学会 開催

2020.10.24

昨年の水害の最中、「地中熱体感&説明会」にお越し頂きありがとうございました。

蓄熱暖房機が水害に遭い、全くの無暖房住宅の中での説明会となりました。
床上だけは何とか水洗いを済ませ、あまり綺麗でない事務所で申し訳なかったのですが、
「いいですよ」と、気持ちよく説明をきいて下さいました。

今年は復興工事も終わり、きれいになったモデルハウス兼事務所にお出で頂けるようになりました。
コロナ対応として、各部屋すべて24時間熱交換換気ができております。
また、空気の消毒もしておりますので、ご安心してお出で頂けます。

尚、コロナ禍の中ですので安全を考え、午前と午後とに分けて貸し切りで対応させて頂きます。

ご予約は電話、メールで11月17日(火)までにお願いいたします。

 

開催日程は下記の通りとなっております。
お電話、又はメールでお申し込み下さい。

 

 

ーーーーーーーーーーーー記ーーーーーーーーーーーーー

◆ 日時・・11月21日 第三土曜日 AM10:00~11:30 PM14:00~15:30

会場・・タイガハウスのモデルルーム内
住所・・長野市篠ノ井塩崎6777-5  電話026-293-3709

★地中熱住宅と一般的な住宅の温度差を自分で確かめよう!
床下、天井、玄関・・・アチコチ温度測定してみて下さい。

 

  • →メールでのお申込みはコチラから
  • お電話でのお問合せ:026-293-3709当日お越しになる予定の人数をコメント欄にご記入の上、お申込み下さい。
    尚、ご予約は11月17日(火)までにお願い致します。また、当日どうしてもご都合のつかない場合もお気軽にご相談下さい。

 

 

大賀が目指すエコリフォーム(断熱リノベーション)とは

2020.10.21

私達が指す「エコリフォーム」とは、

サッシを二重にする。
単板ガラスをペアガラスにする。
といった、簡単な工事の事ではありません。

地中熱住宅を造る事で培った技術を生かし
既存の住宅を極力残しながら、その建物を高気密・高断熱化する事によって
家中温度差の無い快適空間にする事で
生活のランニングコスト(光熱費)を減らせる住宅にして頂くのが目的です。

基本的には築何十年と経つ住宅をリフォームする訳ですから、
当然、それに伴い耐震の問題もクリアしなければなりません。

それぞれのお宅の状況によっては、
出来る工事、出来ない工事と出てくる事もあります。

今までの様に安易になんでもかんでも
古いモノは壊してしまい、壊しては建て替える、の繰り返しで
これからは良いのでしょうか?

思い出の沢山詰まった家を
そう易々と壊して欲しくないという方もおられるでしょう。

そんな方々の為にもこの様な施工方法のエコリフォーム (断熱リノベーション)が

広まれば良いなと思っています。


《思い出が刻まれた間柱も階段の親柱に変身!》

 


《右と左の2棟の既存住宅を繋ぎ合わせ、高気密・高断熱住宅にリノベーション中》 ↓

《不要部分を切り取り2棟がつながり、外断熱の高気密・高断熱住宅の完成です》

 

 

「地中熱を活用した家です。」パート②

2020.10.20

大賀に出勤し、玄関ドアを開けた瞬間、
なんとも心地よいぬくもりが・・・。

私:「社長、おはようございます!今朝は暖房つけたんですね。」

社長:「つけてないよー。」

思わず事務所内にある、エアコン2台を確認しに行きました。
本当についていなかったです。

高気密・高断熱住宅

朝、カーテンを開け、部屋の中に日の光を入れる。

奥さんから、ある機械を貸してもらいました。
その名は「放射温度計」!

あたたかさが視覚的にわかりますね。

では、放射温度計を使って
家のあちらこちらの、温度を測ってみます。

 

その日の朝は、外気温が7℃くらいしかありませんでしたが、
少しずつ日が差してきて、測定の時には「12.4℃」ありました。
上がってきたとはいえ、外は、まだまだ寒いですね・・・。

地中熱の家 高気密・高断熱住宅

外気温12.4℃

 

まず初めに、赤い〇の部分。「床下」を測ってみます。

熱伝導方式 地中熱利用

地中熱利用(冬) 床下

熱伝導方式 地中熱利用

床下の温度

床下の温度が「19.4℃」あります。

外が寒くても、足元が全く冷えないのは
床下が、あたたかいからですね。

レーザーをあてた場所の近くにある、
地熱配管の吹き出し口からは
2階の天井付近から
吹き下ろされてきた暖かい空気が出ています。

熱伝導方式 地中熱利用

床の温度は、18℃でした。

続きまして、天井を測ります。

熱伝導方式 地中熱利用

天井は「17.8℃」でした。

熱伝導方式 地中熱利用 高気密・高断熱住宅

窓の近くの床は、少し低めの「16.8℃」です!

熱伝導方式 地中熱利用
レンジフードも「17.9℃」でした。

あと、写真を撮り忘れましたが
土間は、20℃近くありました。

家全体があたたかいので、必然的に
そこにあるものも、同じようにあたたかくなります。

 

大賀の事務所には、一般的な工法で造られた部屋が
一部屋だけあるので、その部屋の温度と比較していきます。

このお部屋だけは、唯一、
高気密・高断熱ではない造りで
地中熱を利用する為の配管も床下にありません。

熱伝導方式 地中熱利用

結果は、「13.2℃」(床温度)

その他、壁や天井を測ってみましたが、
熱伝導方式 地中熱利用

「12.4℃」(壁温度)「13.0℃」(天井温度)とだいぶ低めの温度でした。

高気密・高断熱ではない家は
外気温の影響を、そのまま受けてしまうのですね。