2019,2竣工/長野市・Y様邸

2019.04.04

「長期優良住宅化リフォーム」でリノベーショした長野市・Y様のお宅。

ご高齢になる(というには少し早い気もしますが)ご両親との同居をどうするか悩んでおられ、ご相談を受け、無料の住宅診断サービスをご利用頂き、お邪魔したのが最初だったと思います。

「一緒に住んだ方が安心なんだけど、一緒に住むにはどうすれば…」

別々に生活されていた娘さんご夫婦は市内の分譲マンションに住んでおられ、そちらで一緒に住むお考えも少し有った様ですが、それをするには手狭。「じゃあ両親が住むこっちに一緒に住むか」となると、このままというには間取り的に厳しい…。「まずは、現状の家の状態を専門家に見て貰って教えてほしい」といった感じの依頼からだったと思います。

住宅診断の結果は築45年の家に相応しく、多少の劣化・損傷有りましたが、急いで直さないと危ない様な劣化は無かったとご報告させて頂いたと記憶してます。

それからはしばらく時間が空いて、恐らく家族会議を何度も重ねられてたのでしょう。

その後ご連絡頂いて、リノベーションの計画に入って行きました。

 

基本的な希望・要望などは娘さんからのヒアリングで計画を進めて行きました。

プランニングする上で意識した部分は、これから徐々に足腰が弱くなって行くであろうご両親を考えて、目的の場所にスムーズに行ける事、且つ、共有型の2世帯住宅とする為、移動・家事・お客さん、それぞれの動線が極力交わらない様、廻れる動線を意識しました。

それから、2世帯を緩やかに分離させる事。

2階建ての2階部分を撤去し、平屋建てにする計画でもありましたので、残された1階部分のみでの分離。ご両親が増改築を何度かされていましたので、幸い1階部分だけでも1世帯なら十分な面積が有りましたが、2世帯とするには割とギリギリの広さ。とはいえ、折角同居されるのであれば良好な関係を維持して頂きたい。ガチガチに壁で仕切るのでは無く、大きな開口の建具で仕切り、開けたり閉めたりで使い分けられる。家族が集まる時は建具を開けて大きな1部屋みたいに使える。冷暖房も極力少ないエネルギーで家全体を涼・暖させる。そんなところ目指しました。

工事期間は約5ヶ月間でした。

乗り込み時期での職人さんの段取りが付かず、予定より1ヶ月ほど遅れた工事開始となってしまい、お施主様には大変ご迷惑お掛けしてしまいました。本当に申し訳有りませんでした。

また、近隣の方々にはご迷惑をお掛けしたにも関わらず、ご厚意で駐車場を提供して頂いたり多大なご協力を頂き進めさせて頂いた工事となりました。

ご近所の皆様、本当に有難う御座いました。

 

【仕様と主な仕上材】

床面積:1F・121.7㎡(36.82坪)

外壁:高千穂・そとん壁(一部腰板・無垢松)

内壁:クロス

床:杉無塗装材

玄関床:磁器質タイル300角

屋根・水切・樋:ガルバリウム鋼板

【受給補助事業】

長期優良住宅化リフォーム:2,500,000円

<写真が表示されない場合はこちらから>

一覧へ戻る