~工事現場で神対応~

2018.10.16

工事が始まり一番初めに考えるのが、私たち工事にたずさわる者の車をどこに置くか・・ということです。工事用の車ですから、現場の近く、近ければ近いに越したことはありません。

この駐車場を探すのに一苦労しています。

近所に駐車場があればいいのですが、理想通りの場所を見つけられない場合も有ります。

工事の車の置き場所を巡っては、苦情の対象にもなります。

こんな時ご近所のトラブルのもとにならないよう、お施主様のお力をお借りすることはしばしばあります。

また、駐車場が見つからないしばらくの間とか、ちょっとの時間はどうしても現場の前に駐車することが出てきます。心の広い近隣の方々は黙認してくれているのですが、どうしても許せない方も中にはおられます。

しかし先日、現場のすぐお近くの方から駐車場についてお声がけを頂き、その後事務所の方にもメールをくださいました。

「駐車場でお困りのようでしたら、どうぞ私の家の敷地内をお使い下さい。私たちも、2年ほど前に家を新築し、その際ご近所さんに場所をお借りしたのです。Yさんの家楽しみですね」

この神対応に私たちは、言いようもないほどうれしい気持ちになりました。(昨今では苦情を頂くことの方が多い中でこのような方もいることを知りました)

工事現場のお近くの方々は毎日人の出入りが激しかったり、騒音で落ち着かない日々に迷惑しているでしょう。なのに、このような対応をして下さるとは・・。

一軒の家に住んでいるということは皆さん新築されたときがあった訳で、皆さんがそのように「お互いさまの精神」で考えてくださると大変ありがたいです。私たちも、一工務店ではありますが、一近隣住民となることもあります。一住民として自分もこのようにありたいと思いました。

このような方がご近所におられ、お施主様もこれから安心して暮らしていけると思います。

親切なお気持ち、ありがたく頂戴させて頂きます。ありがとうございました。

一覧へ戻る