~スズメ蜂退治~

2018.08.24

玄関先のヒイラギの枝に水まきをしながら、とんでもないものを見つけてしまいました。

スズメバチの巣がヒイラギの枝にぶら下がっていたのです。

大きさはソフトボールほどの大きさに見えます。

夏休みで、孫たちがやってくる、その前に撤去しなくてはなりません。

ネットで調べると、〝最短15分で到着″ なんて見出しがあり、連絡すると、「明日になります」とのことで、チョッとガッカリしました。

次の日の夕方、連絡した業者さんが来てくれ、ザット見積をしてくれました。

高所作業車で巣を撤去するようになるので、あれとこれとで少なくとも5万円ほどかかります。

結構高額になるんですね・・。

しかも、2~3日するとこの倍くらいの大きさになるので、早くとった方がいいですよ、とのことでした。

何だか脅かされているような気がしたので、当社でいつもシロアリ駆除を依頼している会社の方に相談すると、今忙しいので少し待ってもらえれば伺います、とのことで安心しました。

大きさからすると簡単に採れるようですし、費用もそれほどかからないようなので、更に安心しました。

1週間ほどして、シロアリ駆除やさんが来てくれました。

DSCF8773 DSCF8776

脚立に乗り、薬をジェット噴射し巣の中の蜂を撃退し、ビニール袋を下から被い巣を取り外します。

DSCF8780 DSCF8781

使用した脚立をかたずけ、終了です。

こんないでたちで、アッサリと撤去してくれました。

小さいものだったのでいとも簡単に採ってしまい、拍子抜けしてしまいました。

今回のことで、スズメバチ駆除は信頼のおける業者さんにお願いするのがいいと思いました。

これからの季節は色々な蜂が活動する季節になります。蜂の巣は気が付かないと大きくなって危険ですので、たまには我が家の廻りを気を付けて眺めることが必要だとつくづく思いました。

でもよく考えると、蜂も建築屋も形こそ違え家づくりが本業です。

家をなくした蜂はしばらくの間巣の近くに来ておりました。危険なので蜂取りジェットで撃退しましたが、同業者(?)として少し切ない気持ちにもなります。

スズメバチは人の命に係わる恐い蜂なのですが、人間は傲慢なのかな・・・。

一覧へ戻る