長野市は耐震補強工事の補助金が増額されました。

2017.04.26

本年4月より、長野市は既存住宅の耐震改修工事の補助額が増額されました。

これにより、今後予想される大規模地震による住宅の倒壊等の被害を、

最小限に抑えようとする長野市の姿勢が感じられます。

昨年度までは、同じ耐震補強工事をされても、最高限度額が60万円でしたが、

今年度から一住戸あたり40万円が増額され、100万円になりました。

そしてさらに、所得に応じ20万円が上乗せされます。

申請手続等は昨年と同様のようです。

又、全国の既存住宅の耐震化率を平成32年までに95%をまでにする為、

税制特例措置による所得税額も最高25万円と固定資産税も控除されます。

「わが家も耐震補強しなくっちゃいけないかな・・」と多少不安に思っていたら

この制度を活用してみてはどうでしょうか・・。

一覧へ戻る