長期優良住宅のS様邸・5年点検に行きました。

2020.10.27

5年前に「長期優良住宅化リフォーム」をおこなった、
お客様のご自宅の、5年点検に行きました。

「5年点検ってどんな点検をするの?」
「お客様からはどんなご相談があるの?」などの
お話させて頂ければと思います。

 

「長期優良住宅化リフォーム」と
先ほど書きましたが、そもそも「長期優良住宅」とは?

 

 

簡単に言うと、
「長く良い状態を保ち、住み続けられる性能の高い家」として、
国が定める基準をクリアして、国からお墨つきをもらった住宅です。

 

 

今回、点検をさせて頂いたお宅は、
5年前に長期優良住宅へとリフォームを
おこなったお宅です。

 

 

5年点検の点検部位は、
屋外は、基礎や外壁、屋根、雨樋、軒裏を・・・
屋内は、土台や床組を・・・
それぞれの点検項目を、一つずつ確認していきます。

 

また、電気設備、水回りや換気システムなどの設備関係の
点検も一緒におこなっていきます。

 

その他にも、お客様に直接
「何かお困りのこと、ご質問などはありますか?」
と、お聞きしていきます。

 

今回、お客様からは
・寝室の窓に結露が発生する。
・時々、24時間換気システムが止まっている
というご相談がありました。

24時間換気システムが
正常に作動しているか確認すると、
一部作動していない場所が見つかりました。

寝室の結露も、一部の換気システムが作動していなかったことに
関係している可能性がある為、
作動していなかった場合の対処方法を
お客様にお伝えし、その結果結露が改善するか様子を
見て頂きたいと、お伝えさせて頂きました。

5年点検では、このように点検の項目を
一通りチェックしていくだけでなく、
お客様との会話の中で、
日頃、気になっていることなどをお聞きし、
今後の対処法などをお話させて頂きます。

 

一覧へ戻る