地中熱活用住宅で「断熱材の効率的な使い方」を勉強しよう!

2020.02.17

【 地球温暖化と屋根断熱の関係 】

屋根はあらゆる自然のチカラから、家やわたしたちの暮しを守ってくれます。

近年自然現象が目に見えて変化してきている中で、真夏の日差しは屋根下の温度を80度以上の

高温にしてしまいます。

逆に言うと、冬は暖房がどんどん屋根から逃げていくことになるのです。

屋根に雪が積もっている家といない家があるのを不思議に思ったことはありませんか?

積もっていない家は暖房により屋根の雪が解けてしまうからで、暖房費が無駄に逃げていってる

と思って下さい。

そんな中で室内の温度変化によるヒートショックを防ごうと思ったら、燃料を底なしに使わなけ

ればなりません。燃料を無駄にしながら、地球環境は更に悪化していくことになります。

今私たちにできることは、無理をしないで光熱費を抑えた生活をしながら健康であること

だと思います。

屋根下地にしっかり断熱材を敷き込むだけでも、外気の侵入を大きく抑えることができます。

もちろん光熱費もこれまでよりも抑えられます。

自然と家と人の健康を考える時、しっかりとした屋根断熱は外すことのできない重要な手段となり

ます。

DSCF4421

「断熱材の効率的な使い方」の勉強会を下記のように開催致します。

日時・・毎月第二土曜日 10:00~11:30

会場・・長野市篠ノ井塩崎6777-5 有限会社大賀

「地中熱活用住宅にリノベーションされた事務所兼モデルハウス」

お問合せ・ご予約は下記へお気軽に

  • →メールでのお申込みはコチラから
  • お電話でのお問合せ:026-293-3709当日お越しになる予定の人数をコメント欄にご記入の上、お申込み下さい。

    尚、ご予約は 毎月第二水曜日までにお願い致します。

    また、当日どうしてもご都合のつかない方はご相談ください。

 

一覧へ戻る