地中熱を使った断熱改修~木工事

2018.09.12

基礎工事が無事に終了すると、これから本格的に木工事が始まります。

耐震補強工事、サッシ枠取り付け、床張り、断熱の壁内通気、断熱材二重張りの屋根断熱、など

など木工事全てを大工さんが施工するようになります。

高気密・高断熱住宅の一番基本になる高気密の部分ですが、これは大工さんの腕と経験がモノを言います。棟梁の腕と経験なのです。

勿論、棟梁ばかりではなく、どの大工さんでも同じことです。

特に既存住宅を高気密・高断熱住宅にリノベーションする場合は解体(壊し)の部分から手を貸すようになります。

なぜ?・・これから自分の手で工事をしようとする建物は、自分の納得できるように、作業がやりやすいように解体しておく必要があるからです。

「あ~ここ壊されちゃったのか~」、というようなことがあっては、お施主様にとっても、作り手にとっても時間と費用の無駄になるからです。

DSC_0039 (2) DSC_0050

DSC_0037 DSC_0042

(土台と柱の補強金物)            (柱と筋交の補強金物)

既存住宅のリノベーション工事では耐震補強工事は最も重要なチェックポイントです。

部分的に土壁(既存の壁)を削り取り、補強金物を取り付けたり筋交いを足していきます。

(耐震診断のインスペクションを行い、強度の不足分を補っていきます)

一覧へ戻る