わが家再生・あったかリフォームセミナー終了しました

2016.02.24

2月20日(土)断熱リフォームセミナーが予定通り終了しました。

このセミナーで改めて感じたのは、みなさまダントツで「冬・あったかい家」

「夏・涼しく暮らせる家」が欲しいということです。

いかに今年の冬が暖冬であっても、やはり信州の冬はとても寒いということです。

今回はたまたま「愛知の夏を涼しく暮らしたい」との一途な思いから

ご参加下さった方もおいでになりましたが・・・。

遠路はるばるありがとうございました。

今、住宅を新築した場合「長期優良住宅」では、最大100万円、

「長期優良住宅化リフォーム」の場合が最大200万円国から補助金が支給されます。

ではなぜ国からそのような大金が補助金として支給されるのでしょうか?

その理由を参加者みんなで考えてみました。

ズバリ 「空き家対策でしょう!!」 といきなり適格な発言があり、驚きました。

(本当はもっと的を外れた答えがたくさん出てくるのを期待したのですが・・・ザンネン)

鋭い質問はもちろんですが、まさか一般の主婦の方から第一種換気だの第二種換気だの

と専門用語がスラスラ出てくるとは・・・講師の玉川さんは嬉しくてワクワクしたそうです。

皆さんの「良い家が欲しい・家づくりで絶対失敗したくない」と、いう強い気持ちがビンビン

伝わってきました。

こちらも、ハンパな気持ちではいられなくなりました。

かなりヒートアップしたセミナーになってきました。

DSCF6956 DSCF6944

このセミナーには以前タイガハウスを新築された方と断熱リフォームされた方も好意的に

ご参加下さり、生の暮らしぶりや一年間の光熱費の生データーを持参してくれました。

(まさか資料持参でご参加下さるとは夢にも思っておりませんでした、ビックリするやら嬉しいやら・・)

お隣同士で「実際はどうなのですか?」

「坪単価は?」・・などとお聞きしていたようです。

また、「伝導型地中熱」の開発元、玉川さんも、熱心な質問や意見がでる中

温熱マニアック魂に火がついてしまったようで、予定時間をかなりオーバーしてしまいました。

(大変申し訳ありませんでした)

セミナー終了後も時間の許す限り気になることの質問や応答をそれぞれ交わしていたようです。

皆様に笑顔でお帰り頂くことができて開催側としては喜ばしいことでした。

20日は割合暖かく暖房はしておりませんでしたが、この熱気と「地中熱」のおかげ?で

室内は21~22℃程もありました。

いつの間にか外は雨となり、「やっぱり外は寒いや~」といいながら

皆さんお帰りになりました。

今日はみなさま、本当にお疲れさまでした。

玉川さんも「いや~今日は楽しかった~!!!」

「又来ます!是非また呼んでください」と満面の笑顔でした。

DSCF6961 DSCF6982

みなさま、休日の貴重な時間をありがとうございました。

このセミナーが皆様の家づくりに少しでも役立ってくれることを願っております。

今回ご都合のつかなかった方、是非次回のご参加をお待ちしております。

 

一覧へ戻る