わが家の浴室改修工事・その3

2017.07.18

浴室の本体工事始まる

浴室の基礎工事はユニットバスがセットされる一日前に終了しました。

基礎屋さんは家の中に一輪車でコンクリートを運び込むので、サイズの狭いものを

新しく購入してきてくれました。

それでもドアーを通り抜けるのに直角に曲がれないのでヒヤヒヤものでした。

一旦ドアーを外し、どうにか通り抜けることができました。

これでダメだったら、バケツで何度も運ぶんでしょうかね・・。

・・手で運ぶしかないようです。

同時進行で、外では設備屋さん達が水道管と給湯管の新設工事で汗を流しながら穴掘りです。

都市ガスさんは、ガス管を撤去後の元を止めメーターを回収、ここまで無料でやってくれました。

今時無料なんてありがたいです。

夜の訪問者

職人さんが入るとお茶の時間が楽しいです。

過去の現場の面白かった話や苦労した工事のことなど、奥の深い話を笑いながらサラリと

話てくれます。

感心したり笑ったり、皆さん苦労人です。

でも、やはり家の中に人が入って仕事をされるのは疲れます。

夕飯の後ウトウトしてしまいます。

ふと顔を上げ・・・ぎゃ~!!

暗闇の部屋から、動物の目がジッとコチラ を見ています。

悪気もなく慌てることもなく、大騒ぎを尻目にスタスタもと来た方に消えていきました。

ノラちゃん、どこから入ってきたの!

ドアーの無い浴室の既存のボイラーを外した後に、ほんの小さな穴が開いています。

そこから侵入してきたのでしょう。

わが家の廻りには猫の大家族が普通に暮らして、子猫は庭で遊び回っています。

ネズミよけにいいかと思っているのですが、子猫などは柿の木に登って降りてこれなくなったりと、

見ているといたずら好きの孫のようで可愛いですが、この時間に家の中?・・それはないでしょう・・。

肝を冷やすとはこのことで、心臓バクバクです。

IMG_20170517_083941

この後、

週末にユニットバスが設置され、エコキュートが据え付けられると、とにかくお風呂には

入ることができそうでヤレヤレです。

DSCF7960 DSCF7959

毎晩外湯は少し面倒で疲れます。

その昔はご近所さんから、もらい湯なんて心温まるお付き合いがあったのですが、

今は誰も思いもしないでしょうね。

あ~だれか、お風呂貸してくれないかな~、本気で思いました。

昭和は遠くなりにけり・・なんてね。

余談でした、この後洗面ユニットが設置され工事も終わりになる予定ですが・・。

 

・・・もうちょっとつづきます・・・

 

一覧へ戻る