わが家の浴室改修工事・その4

2017.08.02

ユニットバス据え付け

今日はお風呂が据え付けられる日。

どんな感じに仕上がるのか、ある程度わかっているつもりでも、実際は想像と違う、

なんってことも結構あるんですよね。

ユニットバスはどのように据え付けられるのか、工事を見てみたいと思っていたのですが

今日は予定があり留守になります・・・ザンネンです。

 

朝、すでに玄関先には浴槽やその他の部品が梱包を解かれて据え付けを待っていました。

事前に手摺の位置やシャワーの取り付け位置、鏡の向きなど打ち合わせ済みなので、後は職人さんに

おまかせします。

 

DSCF7959 DSCF7960

 

本日はまだお風呂に入れません。

ドアーを開けてみると、洗い場も広く、今までの雰囲気は残っています。

この壁の向こうに、今までのタイルの壁がそのまま残っていると思うとかなり嬉しいです。

住み慣れた家に手入れしながら永く使っていく・・・外壁とか、屋根とか、キッチンとかの水回り、

このような場所はどうしても傷んできます。

今回は一番気になっていた水道管と給湯管の傷みです。

これらの工事を済ませると、身の廻りがきれいになった気がするから不思議です。

安心して水が使えます。ありがたいです。

出来たばかりの明るい浴室を眺めながら、職人さん達に感謝するばかりです。

後は浴槽のコーキングが乾くまで一日待ちます。

そして、最後に洗面台を設置してこの工事も終わりになります。

つづく

一覧へ戻る