わが家の浴室改修工事 その1

2017.06.06

築30年以上の我が家、鉄筋コンクリート造りです。

タイルの浴室は今も、一分の狂いも目地が浮いてくることもなく

当時のタイル工事屋さんの腕と心意気感がじられます。

その浴室の風呂釜と給湯管がいよいよ危うくなってきました。

何年も前から給湯管が傷んでいたのはわかっていたのですが、ついつい自分の家の

工事は後回し、お客様の方が先です、、になってしまっていたのです。

しばらく留守にしていると、初めに出てくるお湯が紅茶です。

ガマンしていたのですが、もう我慢も限界。

時期的にも今が絶好の季節かな。

風呂釜は、新築当初浴槽いっぱいに張ったお湯を全て空焚きにしてしまっています。

浴室から、もあもあ~ものすごい煙が出ていたのに・・・・ドンドンという地響きがしたいたのに・・・

どこかで、お祭りの太鼓がなっている・・くらいにしか思わなかった本当にバカな私。

子供をお風呂に入れようとして、ものすごいことになっている浴室を発見!!

30年以上も前のでき事です。私もまだうら若きママの時代。(この時旦那は出張で留守)

私のとった行動は、

1)慌てふためいてボイラーを止めた。

2)そこでハタと考えた・・。今更どうしようもない現実。

ものすごくあっつくなっている浴槽に、いきなり水を入れたら・・どうなる?

すぐ、浴室の窓を両方開け、換気扇を回す。。。冷めるまで待つ。。。

この対応、自分の頭を撫でてやりたいくらい、賢い!(自画自賛)

お蔭で浴槽は何とか無事に済みました。

ただ、風呂の栓は炭化一歩手前、字が書ける感じでしたね。

出張から帰った我が旦那、「火事にならなくてよかった、よく水を入れなかったな!」

と、今で言う神対応でした。

母から怒られてばかりで育った私は、絶対怒られると思っていたのですごく嬉しかったです。

色々と思い出のあるお風呂ですが、浴槽とタイルのつなぎ目のコーキングに黒カビが出て

とれないのです。天井にも黒カビが居座ってます。

冬は寒いし、やっぱり潮時かな・・改修工事を決心する。が・・

問題はコンクリートを斫らなければならず、その雑音と家中に降る埃のことを

思うと、完全に気持ちがおも~い・・のです。

・・・つづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る