まだ地中熱住宅を体感していない方へ・・

2017.11.20

外断熱を強化する地熱住宅エコシステムは、家全体の断熱を強化して、暖房温度を低くする

(18℃前後)ことで、家の中の温度差を少なくするというアイヌの住宅チセから発想を得て、

千葉県の玉川建設で完成されました。

冬の体感温度は、空気の流れが少なければ、室温と周囲の壁などの表面温度との平均で決まりま

す。18℃前後の地中温度に包まれたエコシステムの住宅は、日射のない夜も壁や床の表面温度が

あまり下がらず、床下地中とほぼ同じ温度レベルをキープできます。

今までの一般住宅では壁や窓の表面温度が低いので、室温を高くしなければ体感温度を18℃程度に

することはできなかったのです。

冬の間、暖房機を使用するのは、「暖かくするため」ではありません。

夏から持ち越している床下地中を含めた「家中の温度を下げないため」で、

1階の1台のエアコン(又は熱暖房機)だけを18℃~20℃前後に設定して11月頃から

冬中連続運転します。

(長野県のような寒い地方では寒くならない頃がいい)

そして、春になったらエアコン(暖房機)のスイッチを切ります。これが基本的な暮し方です。

この住まい方によって、夏から持ち越している床下地中温度を下げずに室温を支えるわけです。

日本の住宅の冬の住まい方は、寒さを感じてから高温で暖房機を動かす「採暖」でした。

エコシステムは、冬中室温を下げないための「暖房」をごく低温で継続して行います。

(この暖房の考え方が、アイヌの住居「チセ」をヒントにした考え方なのです。)

冷えきってから暖房機をつける「簡潔採暖」よりも、冷えないようにする「連続暖房」の方が

消費電力は、ずっと少なくすみます。

そして何よりも、低温(18℃~20℃前後)でも寒くないため結露することがほとんどありませ

ん。このようにエコシステムは、自然で健康的な室内環境を実現できるのです。

私たちのテーマは家族・住まい・地球が 「長生きするための家づくり」です。

「長生き」には3つの意味が込められています。

1)      家族が健康に長生きするための環境を実現すること

2)      住宅が長生きできる(長持ちする)ように、構造材を腐らせないこと

3)      地球が長生き(地球温暖化防止)するため、高断熱・高気密住宅にすることです。

まだ地中熱住宅を体感していない方、この冬是非体感してみて下さい。

一覧へ戻る