はなきりんのお手伝い

2018.11.17

10月28日(日)、50代・60代の「健康」「お金」「住まい」のセミナーより

10月も終わるというのに、ここ長野市ではポカポカ陽気で半袖の方もおりました。

全国的に異常気候なんでしょうね?

私たちは今回このセミナーのお手伝いをしたのですが、次週(11月3日)も長野市で「親の役割ってなあ~に」のセミナーがあり、そのお手伝いの方たちも来てくれました。仲間が多いとそれだけで楽しいです。

ご参加された方々の多くは大田ファンかな? 受付にいると顔見知りのかたもおりチョッとご挨拶など始まってしまいます。

やはり定年退職を控えた方々や第二の人生を始めておいでの方々がほとんどのようです。

中には子育て真っ最中の方もおり、その熱意に感動です。

佐久方面から「大田さんに昔、家を建ててもらったんですよ」と、懐かしさから会場に来られた方もおいででした。

これにはさすがの太田理事長も「ええ~っ、うそでしょ~」、と今まで見たことの無い無防備な顔に・・。大田さんもこんな子供みたいな顔するんだ・・親近感もっちゃいました。(笑)

 

DSCF8936 DSCF8939

講演の内容は、●日本人のおかしな家族関係●第二の人生における仕事と役割

●老後の不安を解消する意外と簡単な2つの考え方●簡単すぎる健康生活脳

●日本は冬に死者が増える●本当のバリアフリー●地震で守りたいもの

●日本人が相続準備をしない理由●空き家だらけの未来予想図●子どもに伝えるべきこと

 

盛沢山の内容で、休み時間もなくぶっ通しのセミナーでしたが、トイレ以外誰も席を立ちません。

「皆さん、太陽光発電に興味ありますか?」パラパラと3~4人の挙手。

「では、節電を心がけている人」・・すると、ほぼ全員に近い方の手が上がりました。

「あのねぇ~もうこの年になったら節電しなくていいの!どんどん暖房して快適に暮らして下さいね。バリアフリーって、床を平らにすることだけじゃないの、温度差のない家で皆さん長生きしてくださいね!」

目からウロコのお話ばかりで、120分がアッという間に過ぎてしまいました。

今回ご参加できなかった方、ご家族にも勉強して欲しい方にDVDの無料貸し出しをしてくれるようです。詳細はこのHPの表ページ「はなきりん」から検索下さい。

一覧へ戻る