築44年の家の断熱リノベーション、建て替えする前にこそ見て欲しい、完成見学会開催!

2019.01.19

一年中で今が一番寒いこの時期、大賀の「長期優良住宅化リフォーム」の家が完成しました。

築44年の家が断熱リノベーションで新築以上の性能を持った家に生まれ変わりました。

これからお施主様の暮しが大きく変わることと思います。

なにが一番うれしいかというと、この時季でしたらやはり夜寒く無いこと、朝寒く無いこと。

肩まですっぽり布団をかぶったり、電気毛布や敷毛布はいらない生活になります。肩の凝らない暮らしができるようになります。

今家を壊して建て替えようか、どうしようか・・お悩みの方にこそ、この見学会にお出で頂きたいと思っております。

もう、家は取り壊す時代ではありません。家の性能を重視したリノベーションで、今までの暮しが大きく変わります。何が大きく変わるのかは、ご自身でお確かめ頂きたいと思います。

 

見学会はお施主様のご厚意によるものです。2日間限定で以下のように開催致します。

尚、予約制ですのでお手数をお掛け致しますがご連絡をお願い致します。

 

◆開催日時・・平成31年2月16日(土)~2月17日(日)の両日 10:00~16:00

◆開催場所・・長野市柳原 詳細はお申込みいただいたときにお伝え致します。

・ご予約フォームに入力いただいた個人情報は、弊社で厳重に管理させて頂きます。

 

  • →メールでのお申込みはコチラから
  • お電話でのお問合せ:026-293-3709

    当日お越しになる予定の人数とご希望の日時をコメント欄にご記入の上、お申込み下さい。

    尚、ご予約は2月13日(水)までにお願い致します。

    また、当日どうしてもご都合のつかない場合もお気軽にご相談下さい。

 

既存住宅を「長期優良住宅化リフォーム」であったかい家にするとこんなにお得です

〇国からの補助金が受けられます。最大300万円~200万円

〇国から優良住宅のお墨付きが発行されるので、住宅の資産価値が上がる

〇税金面でかなりお得・・新築時とちがい「住宅取得税」がかからない、又、固定資産税も以前の ままの金額で済む

〇家に対する想い、こだわり部分を残すことができる

〇改修費と同金額で同性能の新築住宅は建たない(新築にすると家が小さくなる)

〇暮らしていた家の不都合な部分が分かっているので、改修目的がはっきりしており、そのため図面では分かりずらいことも、実物を見ながら具体的に設計に係れる

〇冬あったかくて、夏涼しい家になり、ヒートショックの心配がなく、健康に暮らすことができる

欠点としては、強度的な問題から抜けない柱や取れない壁などがあり、設計上で我慢することも出てくる

 

以上のようなことがあげられますのでご参考にして下さい。

 

「国からの補助金交付受付が延長されました」

昨年11月末までで〆切とされていた「長期優良住宅化リフォーム」の補助金応募の受け付けが延長になりました。最高額300万円~200万円です。

これにより4月の新年度を待たずに、応募可能になりましたのでご希望の方はご相談、ご利用ください。

 

 

 

 

一覧へ戻る