【建築業界向け】エコリフォーム勉強会開催

2016.02.03

今回の勉強会は【建築業界向け】限定です★

―下記の記事内容は、【建築業界関係者様向け】に書かれています―

平成28年1月から、全国各地で【国土交通省】が説明会を開催しています。

すでに参加された方も多いと思います。

平成28年4月から、国土交通省は【長期優良住宅化リフォーム】に総額40億円の

補助金を予算計上しています。

下記の画像は、国土交通省の説明会で配布される資料の一部を抜粋したものです。

*画像をクリックすると拡大表示されます。

画像の「右上」にしっかりと明記されています → 【平成28年度予算案: 40億円】

国土交通省住宅局の方が、熱心に丁寧に説明されていました。

消費者庁が警告している通り、寒い日本の住宅では現代でも、年間4,866人も浴室で溺死しています。

(参考情報)

★消費者庁が警告!★ 家庭の浴槽での溺死者数が「4,866人」に!

みなさんもご存じの通り、新築住宅においては、ずいぶんと温熱環境は改善されてきました。

しかし、既存住宅に住む多くの方が、上記の恐怖と戦っているわけです。

平成28年は、私達業界関係者が、国土交通省と一緒に、本気で「ヒートショック撲滅」に動き出すべきだと考えています。

そこで、実際に【断熱改修工事】を手掛けた実例をもとに、私達がこれから取り組むべき分野

(=断熱改修工事)の勉強会を開催します。

会場は築40年の既存住宅を断熱改修した弊社事務所で行います。

(断熱改修工事前)

DSCF4066

(断熱改修工事後)

2014taiga7403

*なお、平成28年4月から予定されている【長期優良住宅化リフォーム推進事業】

「補助金申請」のため、工務店さん達のグループ申請を推奨されています。

そのため、断熱改修工事にまじめに取り組む工務店さんのみ参加してください

(一緒にグループ申請するためです)


★「長期優良住宅化リフォーム推進事業を通じて、日本中の住宅を快適にしよう!

そのための手法を学ぶ勉強会」のお知らせ★

○日時: 平成28年2月19日(金) 午後1時から5時まで(その後、懇親会の予定あり)

○参加費用: 1社/1名 10,000円

○場所:(有)大賀事務所

―勉強会内容―

1)国土交通省が本気で推奨する「長期優良住宅化リフォーム推進事業」とは?

講師:新建新聞社

2)寒冷地での実例に学ぶ「断熱改修工事の手法」A to Z

講師:(有)大賀 代表取締役 東方正道

3)断熱改修工事が危ない!(断熱改修工事の落とし穴)

講師:ecoハウス研究会事務局(エコホームズ) 玉川和浩

4)長期優良住宅化リフォーム推進事業/補助金申請方法の解説

講師:(株)ネグプラン 栗原祐介

参加を希望される工務店さんは、コチラのフォームのコメント欄に社名や当日の

参加人数などをお書き込みの上、お申込みください。

さらに詳しい内容について、後日メールにてご連絡いたします。

一覧へ戻る