「建築業者では教えてくれない住宅計画セミナー」

2017.01.30

「安心で安全な将来は、計画の段階で決まります。」

ほとんどの場合、建築業者主導で行われる住宅計画。

本当は、そこに暮らす人自身が主導で住宅計画を進めなくてはなりません。

そう力説するのは、ホームライフクリエーター 大田麻美さん

一般社団法人 暮らし振興支援機構(通称:はなきりん)の 理事長です。

弊社はこの考えに賛同し、今年から応援協力会員というカタチで

住宅部門のご相談などのお手伝いをさせて頂いて居ります。

 

平成29年1月15日(日)・JA長野県ビルで

その、はなきりんの長野市内での第1回セミナーが開催されました。

前日からの大雪で、電車も運転見合わせだった区間があった長野県内。

今回は、当日の受付と前日までの案内状の発送をお手伝いしたのですが、

次から次へと電話やFAXが入りアッという間に定員110席、満席に。

「立ってでもいいから会場に入れないだろうか・・・?」

こんなに熱心な問い合わせもありましたが、キャンセル待ちというカタチをお願いしたほどでした。

DSCF7619 DSCF7654 DSCF7644 DSCF7656

人生のこと、お金の話、子育て、教育・・・などなど。もちろん住宅のお話も。

人が生きていくための必要なこと、社会とのかかわり方、家族のこと、夫婦の問題

家とは・・・単に建物がそこにあるというものではなく

そこに暮らす人々の日常、泣いたり笑ったり、良くも悪くもひっくるめての家。

この家の将来をどうするか。

どうしたら一番いいのか。

新たに土地探しから始める人の不安、

多くの方が抱えている現実的な問題。

家を考えることは、家族を考え日常を考え、将来を考えること。

 

このセミナーは『建築業者では教えてくれない』ではなく

『建築業者には聞きたくない』セミナーだったのではないかな・・・。

そう思うと、私達もアンテナをのばして勉強し、

工務店仲間や建材屋さん達と情報を共有し、

中立的な立ち位置で考えていくことが必要だと改めて感じました。

 

当日ご参加された皆さん、大雪の中、長時間にわたりお疲れさまでした。

有難う御座いました。

一覧へ戻る