「地中熱住宅」見学勉強会開催します!

2019.09.03

住宅の構造見学会は珍しくはありませんが、見学しながら勉強していただく、少し面倒な見学会です。

 

私たちが皆さんに見て頂きたい家は、アイヌの伝統民家「チセ」をヒントに開発された住宅です。

極寒の地で笹葺き住宅に暮らすアイヌの人々を見ても、どうしても理解できなくて、泊まり込みで

研究をつづけた開発者、宇佐美智和子さん。

彼女は実体験から、「地中は半年先まで熱を持ち越すことができる」ことを発見しました。

つまり、「地中熱活用住宅」は、住宅の床下地中に夏の熱を冬まで、冬の冷熱を夏まで持ち越し、

床下土間表面全面から自然放熱で住宅内部が暖房(冷房)されることを発見したのです。

 

皆さんがお考えになる「地熱利用」とは少し異なり、地中深くまで掘削して配管を埋設したり、と

大掛かりな設備は必要としません。

そして、この熱は私たち誰の家の床下にも存在する「使用料がタダの熱」なのです。

ウソのような話と思うかもしれませんが、その構造をただ今建築中の家をお借りして説明したい

と思います。

 

私たちが今、皆さんに理解していただきたいのが、この伝導型地中熱活用住宅なのです。

「こんな家があるんだ!」・・そう思っていただくだけで充分です。

 

地熱体感会は下記のように開催致します。ご希望の方はお手数でもご予約をお願いいたします。

 

日時・・9月 14日(土) 10時~17時頃まで

場所・・須坂市 (詳しくはお申込みの折にお伝えいたします)

・ご予約フォームに入力いただいた個人情報は、弊社で厳重に管理させて頂きます。

 

  • →メールでのお申込みはコチラから
  • お電話でのお問合せ:026-293-3709

    当日お越しになる予定の人数をコメント欄にご記入の上、お申込み下さい。

    尚、ご予約は9月13日(金)までにお願い致します。

    また、当日どうしてもご都合のつかない場合もお気軽にご相談下さい。

 

 

 

一覧へ戻る