お客様の幸せを育む最高の家とは?たどり着いた答えが「地中熱」でした

「もっといい家がつくりたい」そのことばかりをずっとずっと考え続けてきました。

20年以上前、長野市で初のローコスト住宅を手がけることになり、コストダウンの方法を徹底的に勉強して建設現場の無駄に気づきました。

その後、高気密高断熱住宅を手がけましたが、冷暖房費の高さにどうしても納得がいかず、もっと良い方法を見つけたいと思い、あちこちの勉強会などに出掛けました。

そんなとき「地中の熱を使った家がある」と知り、早速、東京まで勉強に行きました。

地中には一年中安定して太陽の熱が蓄えられていて、雨が降っても風が吹いてもその熱を利用できることで、冷暖房費のコストが抑えられる事を知り、「これだ!」と思いました。何より地中熱はタダです。お客様にとってこれ以上のメリットはありません。

帰りの新幹線のなかは、自分が探していた究極のエコに出会えたという確かな手応えで、ワクワクしっぱなしでした。

冬は暖かく、夏は涼しく

ようやくたどりついた究極のエコハウスは、「地中熱+外断熱」という工法です。

地下3〜5メートルの地温は、一年を通してほぼ一定で、その地中熱を建物内に取り込めば、室内の温度も大きく変動することはなく、信州の寒い冬でも暖かく、夏は涼しく、いつでも快適に過ごすことができます。

自然エネルギーを最大限に活用することでランニングコストを徹底的に抑えた地中熱の家は、ヒートショック(住宅内の温度差による血圧の急激な上昇・下降)が起きない健康的な住まいでもあるのです。

根っからの職人なんでうまいことは言えませんが、長く、安心して、快適に住み続けていただける家だという自信があります。

冬は暖かく、夏は涼しい家