長野市K邸・地盤調査

2014.05.01

地盤調査は建築物を建てる前に必ず行います。

これから建物を建てようとする土地の強度を調べるものです。

当社は「スウエーデン式サウンディング試験」を採用しています。

この方法は、先端にスクリューのついたロッドという細長い棒を地面に貫入させていき、

深度10mほどの深さまで土の硬さや締まり具合などを調べる方法です。

その結果、地盤が軟弱であれば補強が必要となり

それなりに費用が掛かってきます。

地盤調査の結果、補強の必要がないと判断された場合はラッキーです。

地盤が軟弱な場合、当社は砕石を使った砕石パイル工法を最近では採用しています。

他には、コンクリートを使用した柱状改良、木柱や鋼管杭など

を貫入させる方法もあります。

地盤補強には、かなりな費用が必要となる場合もありますので、

土地を購入する際にはその土地の履歴を知ることも大事になってきます。

沢山の住宅が建設されているから大丈夫・・とは思わずに

その土地が以前どういう場所だったのか、調べてみることは必要だと思います。

そして納得したうえで土地を購入してください。

まず今回は、

地盤調査が入る前に、当社としての敷地調査を行います。

DSCF5537 DSCF5540

その後、地盤調査です。

DSCF5583 DSCF5604 DSCF5603  DSCF5612 DSCF5599

建物の四隅と、中心部分の土地の強度を測定していきます。

綺麗だったスクリュウーの先端には、何万年前の土なのでしょうか・・

久々に地上に出土してきました。

このようにして、5か所ほど測定していきます。

1つの敷地でも場所により、地盤の硬いところと軟弱なところが確認される

場合もありますから、1か所だけの調査ではダメなわけです。

地盤調査~地盤補強対策を行った物件については、品質保証書が発行されます。

 

一覧へ戻る