【間仕切りの少ない夫婦2人の住まい】高気密住宅の屋根断熱。

2011.09.16

9月も半ばだというのに、この暑さ。

長野ってこんなに暑かったですっけ?(笑)

そんな中、大工さんや電気屋さんなど各職人さん達が大汗を搔きながら頑張ってくれています。

前回の更新、建前の記事から随分間が空いてしまいましたが、もうすっかり大工さんによる屋根の下地工事は終わっています。

今回はそのレポートを。

まずは捨垂木で、最初の下地を組みます。

IMG_0819

その上から「サーモプライ」という気密材で家全体を覆います。

これで高気密を得ます。

IMG_0849

その上に横垂木を入れて断熱材75㎜。

更にその上に本垂木を入れて断熱材55㎜。

合計130㎜の断熱層+25㎜の通気層も確保。

IMG_0829

本垂木の上に野地板で屋根仕上げの下地を作ります。

この野地板の上を瓦や鉄板で仕上げると屋根になる訳です。

IMG_0838

これと同じ作業を2階の屋根から始めて1階の屋根にも掛けられると、雨の吹込みの心配がほぼ無くなりますので、ようやく一安心です。ただ、そこまでが大工さん的にも結構大変だったりするんですが・・・。

しかし、釘やビスを1本づつ留めながら、段々「家」になっていく様子を見ていると、改めて凄いなぁと、なんだか不思議な感覚になります。

大事な部分は大きな金物で固定している所も当然有りますが、基本的にはビスや釘で家が出来てしまう訳ですから。

・・・と、最後は何だか訳が分からなくなってしまいましたので、この辺で(笑)

また進渉有りましたらご報告いたします。

一覧へ戻る