長野市K邸・基礎工事

2014.05.29

基礎絡みの工事が終了しました。

今回のKさんのお宅は“地域型住宅ブランド化事業”の補助金を頂いている長期優良仕様なので基礎の鉄筋、場所によってはかなり細かく、太い物を使っています。

DSC_0022 DSC_0034 DSC_0011

毎回、基礎のコンクリート打ちと一緒に基礎の断熱材を打ち込んで貰うので

型枠がバラされるとこんな感じです。

DSC_0013 DSC_0016 DSC_0019 DSC_0065 (2)

断熱材むき出しにしておくと、すぐに表面が“粉ふいた”みたいな状態に劣化してしまいますので、左官屋さんに保護用にモルタルで一回塗って貰います。

このモルタル塗りに関しては、一発で仕上げてしまう工法も有るのですが、工事期間中に気を付けていても、何かぶつけたりして割れてしまう事が有ったりするので、弊社では2回塗りにしています。

防蟻処理として採用しているタームガードの配管もこのタイミング。

その後、基礎と水平方向に敷設断熱材を。

(今回は厚さ50㎜の断熱材を横方向に450㎜入れています)

 

その後設備屋さんが外構の配管をしながら埋め戻し。といった具合の流れです。

DSC_0020 DSC_0068 DSC_0069

来週からはいよいよ大工さん乗り込みで、土台引き~建前となり本格的に慌ただしくなりそうです。

 

ここに来て急に日中の気温が上がった様に思います。

外での仕事がなかなかしんどい戦いになってきました(笑)

それでもまだまだ、はじまったばかりなので、体調など崩さない様に(もうすでに一回崩した笑)

頑張りたいと思います!

一覧へ戻る