蝉の羽化

2009.07.21

3連休に、飯田の息子の処へ行ってきました。

近くに、松尾城址公園があり、春のお花見まつりで賑わう程,桜の木が植えられています。

ここは、子供達の遊び場となっており、今の時季は虫捕りにかっこうな所です。

ご多聞にもれず、孫達も公園の遊具で遊んだり、虫捕りをしたい訳です。

梅雨が明けたのに、雨の日が多く、その合間に、滑ったり雨水に靴やズボンを

濡らしながら、まだ1歳10ヶ月と3歳9ケ月の孫とジイジとバアバの探検です。

クワガタやカブトムシは見つけられませんでしたが、蝉の抜け殻を見つけたので、ジイジに採ってもらいました。

孫達は大喜び・・・・・・・ところが中に入っていたのです。

抜け殻ではなく、動いていました。

虫篭に入れて、持ち帰りそのままにして、お風呂に入ったり、お昼寝させたりして、スッカリ忘れていました。

小さい女の子が,虫籠を持って来たら、中の様子が変わっていました。

CIMG0439なんと、羽化していたのです。

それからが、大変です。

羽を乾かさないと、死んでしまうよ!

小さい虫籠じゃあダメだよ!

見せて! みせて!

みんなで床に顔を押し付けて、生まれたての蝉の赤ちゃんを見ました。

羽はもっと小さくて、緑色でした。

わずか20分~30分の間に、みるみる

羽が広がって、すこしづつ蝉らしくなって、きました。

今日はここまで   つづく・・・・

一覧へ戻る