断熱の良い家は自然エネルギーの効率も良い。

2015.10.10

これからの住まいは創りは、自然エネルギー設備の導入は必須に成ります。その3

自然のエネルギーの導入は、建物自体がその効力を十分に生かされるような、

家づくりをする事が必要に成ります。

その為断熱性能の良い建物にする事が特に大切です。寒冷地は冬室内に結露が発生し

それによるカビやダニ等で健康には悪い影響を与えてしまいます。

結露を防止するためには、真冬でも換気をすると良いのですが、一般的には石油ストーブ等で室内の

空気を暖めている為、換気をしてしまうと暖まった空気が、逃げてしまい寒くなり

なかなか実行出来ません。

結露は、室内の暖まった空気が窓などに触れて冷やされる事により、空気中の水分がそこに触れて

水滴に成ります。

押入の中・家具の裏・床下等も、空気の流れが悪く、同じような状態に成ります。

夏は、外壁の南面や西面が太陽の熱で暖められ、壁面の温度が約70~80℃位に成っていますので

その熱が室内への侵入を防ぐためにも、ヨシズを張ったり植栽等で少しでも多く

日除けを作る事が大切です。

この様に、一年間を通すと内部と外部ではかなりの温度差が出て来ますので、外壁や窓の断熱性能が

とても重要に成ります。

室内環境や熱効率を良くし、ランニングコストを抑えるた家は、断熱性能の効率が

右左しますので、自然エネルギー設備の導入は質の良い家づくりが必要です。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

一覧へ戻る