素敵なお茶会

2014.02.24

師匠からお茶の手ほどきを受けて早20年、まだまだ若輩者です。

「今一番大事なことは何ですか?あなたにとってそれは

お茶のお稽古より大事なことですか?」

「お茶のお稽古を一週間休むと、もとに返ってしまいます。

取り戻すのに倍の時間がかかりますよ。」

いつも先生はそうおっしゃっておられました。

先生からいただいたものを、砂粒ほどかも知れませんが

次の世代に引き継いでもらう糸口にでもしてもらえたら

先生のお気持ちに沿うことができるかしら・・。

たいそうな気持からではありませんが・・。

子供プラザの子供たちが、今年も楽しいお茶碗を顧問の先生の

ご指導で作り上げ、お茶会を開きたいとのことで先日学校にお邪魔してきました。

子供たちの熱心な様子をご覧ください。

DSCF5370 DSCF5274 DSCF5333 DSCF5331 DSCF5312 DSCF5298 DSCF5322 DSCF5320

今回は、おもてなしの心で、お菓子をお出しすること、そして頂き方、

お茶を点てること、お運びといただき方を勉強しました。

嬉しそうな顔、神妙な顔でそれぞれ一生懸命でした。

結局、子供達から私が一番素敵な時間をいただいたようでした。

準備をされた先生方に感謝いたします。

一覧へ戻る