省エネから始まる家づくり

2015.10.30

環境にやさしく快適に過ごす為には、エネルギーの使用法も大切です。

エネルギーの消費を抑えるために、快適性を我慢したり、風呂の回数を減らすような暮らしは、

したくない事です。

その為には、建物の造り方や暮らし方を工夫し、省エネの機器類を選ぶ事で

エネルギーの無駄をなくす事が大切です。

省エネで快適に暮らす為には、冬でも夏でも外気の温度変化による影響を受けない

建物で、「断熱」や「遮熱」等の対策が必要になります。

「断熱」は冬の冷気夏の暖気を入れない為に必要な事ですが、断熱材をただ厚い物を

使う事が良いという訳では有りません。

断熱材の効力を最大限に発揮させる為には、壁に貼り付け時や、挿入時に連続させる事が

大変重要で、材料どうしが離れたり、隙間が出たりする事の無いように取り付けないと

そこから熱が逃げてしまいますので、厚みの有る物を使ってもあまり価値はありません。

隙間風の侵入を無くす為に重要に成るのが気密性です。気密性が良いという事は

「隙間風が無い」と言う事でも有ります。

隙間風が無いと、外部からの空気が出入りしないという事で、外の冷気等が入らない

と同時に室内の空気も排出しませんので、生活臭等が室内にこもってしまいます。

その匂いを無くす為に、計画的な換気が必要に成って来ます。

少ないエネルギーで快適に暮らして行くためには、建物を高断熱化と高気密化を

セットで考えないと効力は発揮されません。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

一覧へ戻る