エネルギー消費から考える家づくり

2015.10.26

家づくりで最初に考える事は、エネルギーの消費を抑える事です。

家庭のエネルギー消費で大な物は、動力・照明他、給湯、暖房、厨房、冷房の順ですが、

2011年度には、動力・照明用とエアコンによる冷房のシェアが増加しました。

これは、家電製品の普及や大型化、多様化によるものと見られているそうです。

家庭の用途別エネルギー消費の推移

「経済産業省資源エネルギー庁の資料より」

省エネルギー住宅とは、一般家庭のエネルギー消費の割合で冷暖房が約30%を占めています。

この冷暖房費を抑えることの出来る住宅です。

冬室内の暖かい空気は逃がさない、夏は室外からの暑い熱を侵入させない事で冷暖房の

エネルギーコストを抑え、快適に過ごす事が出来るようになります。

その為に重要な事は、冬に熱を逃がさない断熱と、夏に熱を侵入させない日射遮蔽です。

ネルギー消費を抑える事の出来る住宅は、断熱や遮蔽によって、冬は室内の暖かい空気が

各部屋全体がほぼ一定の温度の保たれ、夏は室内に外気からの熱気を侵入させない為

エアコンの効きも良くなりますので、「省エネ住宅=快適な住宅」と言う事に成ります。

そして、省エネ住宅は、冬に結露が少ない為カビやダニの発生が抑えられ、室内の温度差

も少ない為に、ヒートショックなどの健康被害も防ぐことが出来、健康的な住宅とも言えます。

省エネ住宅を造るには、冷暖房費のエネルギーコストを抑え、省エネ性能の高い機器類を

選択し、住宅そのものを省エネ住宅にする事で、大きな効果が生まれます。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

一覧へ戻る