気密性の良い家は自然エネルギーの効力も発揮出来ます。

2015.10.14

これからの住まいは創りは、

自然エネルギー設備の導入は

必須に成ります。

断熱材の性能は

厚さや種類によって

違いますが、

どんなに厚い物や

良い性能の断熱材を

使用しても

施工法が悪かったり

気密性の悪い家は、

やはり冬は寒く

夏は暑い家に成ってしまいます。

気密性能を良くすると、

冬季に冷たい外気が

室内への侵入を防ぎ、

夏はエアコン等で

冷やした空気が

外部に漏れるのを

防ぎますので、

室内の快適性が保たれます。

しかし、

気密性が良くなりますと、

室内には

生活臭等の匂いが

溜まってしまいますので、

室内の空気を

定期的に入れ替える事が

大事になり、

換気設備が

必要になります。

この様な建物で、

冬寒いからと言って

室内で開放型の

石油ストーブを炊いて

しまいますと、

空気が汚れ

CO2が充満してしまい、

室内環境が

非常に悪くなります。

この為気密性の良い家で

使われる暖房機等は、

室内で炎を出す様な

機器類は絶対に避け

なくては成りません、

蓄熱暖房機や

パネルヒーター等を

使用するようになります。

又、台所の換気扇も

同時吸排気型の物を

使用しないと、

吸気が少ない為

排気の機能

が十分発揮出来ません。

高気密住宅の

家づくりをしますと、

隙間風などが

殆ど入りませんので、

少量のエネルギーで

室内が暖まり、

自然エネルギーも活用でき

冷暖房費のランニングコストも

かなり抑えられます。

この様な部分を

十分理解し、

住む人にとって

最高の室内環境を

持続して行くためには、

大変重要な方法です。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

一覧へ戻る