本物の「自然素材の家創り」と「シックハウス症候群」対策

2015.09.14

「自然素材の家づくり」と言われても、使われる材料全てが自然素材では有りません。その2

自然素材の家づくり、と言われ思い浮かぶのは、木をふんだんに使い床板も天井板もムクの

板張り仕上げで、壁は珪藻土等を使ってと言うイメージの方は多いと思います。

確かにこの様な家は自然素材の家づくりと言えます。

在来木造住宅は構造材等殆どが、天然木材の自然素材でつくられていますので

木造住宅を施工されている業者さんは、どこも自然素材の家づくりをしています。

しかし、構造部分はどの業者さんも同じですが、違いは見た目の仕上材等で

イメージが変わってしまいます。

前回お話のお客様のように、シックハウス症候群をすでに発症してしまった方には

自然素材の家づくりをお勧めしても、この材料を使用すれば大丈夫と言うものは

本当に数が限られておりますし、患者さんによっても違いが有ります。

本来この様な方でも安心して住めるような家づくりが、本物の自然素材の家づくりと

言えるのではないでしょうか。

見た目だけふんだんに木を使って創った癒しの空間も、そこに使われている

表面上自然素材の材料を使っても、室内の環境が良くなければ、

シックハウス症候群にかかってしまいますので、仕上げ材料の選択は大変重要に成ります。

建材メーカーの中で、自然素材の材料ですと大々的に宣伝をしていてるメーカーさんに

「シックハウス症候群が発症してしまったのですが、使用しても大丈夫ですか」と

問い合わせた処、大丈夫ですとお答え出来るメーカーは皆無です。

殆どのメーカーさんは「当社はその様な方がご使用に成る所には、お売りしたことが

ございませんので、御使用しないで下さい。」とはっきり断られます。

建材メーカーがその様な状態ですので、本物の自然素材の家づくりは天然の

無塗装の木と、昔からの土壁や漆喰だけで造っていればよいのでしょうか?

それではやはり現代風の家には成りませんので、仕上げ材料選びは充分気を使い

材料に含まれている成分まで分析してはいかがでしょうか。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

一覧へ戻る