昔の暮らしから考える家づくり

2015.11.04

環境にやさしく快適に過ごす為には、昔の暮らしを振りかえってみましょう。

昔のように一軒の家に、三世代もの大家族で暮らしていた頃の住まいは、家の中も外も土壁です

現在の様なサッシも無く、ガラス戸か障子に板戸が有るくらいで、全てが自然素材で出来た家です

隙間風は入っても当たり前のように暮らしていました。

冬でもストーブも無く、部屋の中心に有る炬燵だけで暖まっていました。これが結構省エネ

に成っていて、大勢の人が一部屋で暮らすという事はそれだけでも省エネです。

又、風呂も食事も家の中で薪を炊いて作っていますので、一度に大勢の食事を作る事は

省エネに成り、一つの風呂を大勢が入る事もそれだけでかなりの省エネです。

もちろん給湯なども有りませんでしたし、風呂もトイレも外に出て別棟に有るご家庭も

有りましたので、その時代を考えますと現在の生活全てが夢の様な出来ごとです。

それでもそのご家庭では、現在のように室内に結露も無く、シックハウス症候群の様な病気も

無く、たまに風邪をひく程度で、お年寄りも子供もみんなで元気に一緒に暮らしていました。

最近、「子供は風の子元気な子」と言う言葉が有りますがあまり聞かれません。私たちが

子供頃のように夏でも冬でも家の周りで、学校から帰った後外で遊ぶ姿が殆ど

見られません、チョット残念なことです。

これも核家族化により、親の両親との同居する家族が少なくなり、子供達の両親が

共働きの家庭が多く、子供の人数が少なくなってきている事も有るのでしょうか?。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

一覧へ戻る