リフォーム(大規模改修)・建替えどちらがお得その3

2015.08.09

家の建替えかリフォーム(大規模改修)で検討中の方その4

在来木造住宅にお住まいで、家の建替え考え始めた人の多くは、

「我が家は築30年もたったから、建て替えなくてはいけない。」

最初から決めつけて、「改修して住みやすくしよう」という考えを

持たずにいる方が非常多いのです。

私達工務店やハウスメーカーの方も、最初からその様な

考えで訪れた方には、断熱改修やエコリフォーム等の

改修工事はおすすめしません。

それはなぜか?もちろん建て替えさせて頂いた方が、金額も

のしますし、解体して新しく作った方が仕事も楽です、あまり

経験が無くても出来ますから。

先日もお客様に、「築45年の家ですが本当に断熱改修等

出来るか、一度見て頂けますか?」と言われました。

最近このようなお話をうけることがございます。

本来在来木造住宅の場合、築年数にはあまり関係なく

何年経過しても、基本的には増改築や最近盛んに言われる

高断熱・高気密住宅に断熱改修することは可能です。

一般的には築年数が約75年以上経過した家の改修を、

民家再生」と言われますが、それ以後の建物が改修工事

と言われます。

改修工事とは、建築基準法では「大規模の修繕工事」と言い

建築物の主要構造部(壁・柱・梁・屋根・階段)の一部以上に

ついてほぼ同じ材料を用いて、同じ形状、同じ寸法で作り替え

性能や品質を向上させる工事のを言いますが、

異なる仕様でつくり替える場合は「大規模の模様替え」と

言われています。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使った省エネ改修等も行う

タイガハウス

一覧へ戻る