リフォームリノベーション・建替えどちらがお得

2015.08.03

家の建替えかリフォームリノベーションかで検討中の方その1

当時はまだ30代の、現役で働いていた頃建てた家も

築2・30年位建ちますと、水回りの設備機器が傷み

外壁等の外回りも傷んできます。

それと同時に子供達が成長し

家族構成も変わってきますので、子供部屋等がいらなくなり、

物置に成っている家庭も多いのではないでしょうか。

その後、定年に成り退職金も入りますので、思い切って建て替えか、

それとも傷んだ部分だけ直し、その都度リフォームで

このまま住み続けるかと悩む事に成ります。

そんな時、出て行った子供達が帰り、一緒に住む事にでもなれば

良いのですが、 一度出た子供達は戻らないご家庭が多いく部分的に修理をし、

我慢しながら以後又、30年間も住み続けてます。

しかし、この頃建てた住宅は、断熱性能が低い為、冬寒く夏は暑く

特に冬は結露に悩まされ、その事によって発生するカビ・ダニなどが

室内環境に悪い影響を与え、健康にも悪影響を及ぼします。

光熱費等のランニングコストも結構な費用に成っていますが

長年住んでいますと、その事に気付いている方が殆どいません。

又、最近はあちこちで大きな地震が発生している為、現在お住まいの家

身近で大地震が起きた時に本当に大丈夫なのか、不安の方も

多いのではないでしょうか。

その様な方の為に、現在各市町村では

昭和56年6月以前の木造住宅を無料で耐震診断を行っております。

築30~40年位の住宅はこれからどうするかが一番の悩み所です、

思い切ってここで費用を掛けて建て替えるか、それとも今まで

住み慣れた愛着のある家、思い出やこだわりの部分を残し

現代の性能や耐震に対応し、室内環境の良い住まいに大規模な改修

をするかは、以後のご家庭の家族構成等によっても変わってきます。

そして、子供達帰りたく成るにする事も、大事ではないでしょうか。

次は、日本の住宅事情等のお話をさせて頂きます。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使った省エネ改修等も行う

タイガハウス

一覧へ戻る