リフォームリノベーション・建替えどちらがお得その2

2015.08.05

家の建替えかリフォームリノベーションかで検討中の方その2

日本の住宅事情

住宅の耐用年数は木造で22年、軽量鉄骨造(3mm以下)

は19年、鉄筋コンクリートは47年と言われています。(国税庁資料より)

又、一般的には木造住宅の場合の耐用年数は、約20年位と言われています。

つまり、20年前に約2~3.000万円掛けて建てた家の

建物の資産価値は0円に成ります。これは家を売買しようか

と思っても、その時点の土地代金が売買価格になります。

現在、日本の住宅は世界一寿命が短いと言われています。

日本は30年、米国55年英国77年だそうです。

そして新築住宅の建設費は平均で2.958万円だそうです。

ではなぜ日本の住宅は寿命が短いか、戦後の住宅数の

絶対的な不足から、性能の悪い住宅を大量生産し住宅難を

解決した為に、造っては壊す時代が何年か続きました。

その後、少子高齢化や人口減少が進み、空き家が増加し

オイルショック等から資源や環境を考える様になりました。

生活様式も変わり、住宅の性能(耐震性、バリアフリー、

省エネ)等も以前と変わった造りになって来ました。

その為に、既存住宅があまり有効利用され来ませんでした。

そこで2008年に住生活基本計画が策定され、「住生活の向上」

「住宅ストックの管理・再生対策の推進」・「既存住宅流通・リフォーム

市場の整備と推進」が主なポイントとして閣議決定されました。

これにより住宅関係では、既存住宅の耐震診断耐震改修の促進

住宅の省エネルギー性能の向上、地域材を活用した住宅の新築・

リフォームの促進や景観形成等が推進されました。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使った省エネ改修等も行う

タイガハウス

 

一覧へ戻る