地熱センサーを地中に入れる為のパイプを埋め込みました

2010.07.17

7月17日(土)晴れ 昨夜のもの凄い雷も何処へやら・・・・

1日遅れの報告ですが、昨日、地中熱のデーターを取る為のセンサーを、地下(約5m)

まで入れる為の、パイプを埋め込む作業と仮説電気を引き込む工事を行いました。

DSCF0263 DSCF0262

左手のスクリュー金物でいったん地下5m程穴を空け、

そこにパイプを埋め込んで行きます(右手パイプ)

センサーはこの中を通って、地下5mほどまで、入れられます。

そこから、地下温度変化が地上に送られてきます。

センサーは小さい物です。(現在発注中)

また、お見せします。

DSCF0265 DSCF0272

汗だくでパイプを打ち込みます。穴の径が小さかったので苦労をしました。

途中でパイプを継ぎ足します。

DSCF0270

やっと1本埋め込みました。

向こうで、もう1本埋め込むための穴を掘っています。

パイプはもしもの時のために、2本埋め込んでおきます。

センサーは、地下5m、4m、3m、2m、1mと1本のパイプの中に入れられ、

それぞれその位置の地中の熱を表示してくれるはずです。

この地中の温度が、これからの地中熱住宅建築にとても重要な資料となるのです。

この温度変化のデーターが取れましたら、必要な方には、いつでも提供したいと思っております。

これからの、地球温暖化防止対策に役に立つよう、又そうでなくても必要な方に差し上げるつもりです。

一緒に研究して頂ければ、更にありがたいことです。

子供たちの、理科の時間に活用して頂ければ、特に嬉しいです。

16日は、電気屋さんの大活躍の1日でした。

本日は(17日)、基礎工事が現在始まっています。今日も暑くて大変です・・・

一覧へ戻る