地中熱住宅・冬モードになりました!

2011.09.26

9月25日(日)

今日やっとエコシステムモニターの表示が夏モードから冬モードに変わりました。

春から夏にかけて地表面は太陽により暖められます。

その熱は地中を伝わり、建物の下にも伝わっていきます。

その熱を冬になっても冷やさないようにして利用するのが、エコシステムの床下システムです。

冬モードとは、夏に暖められた地熱を冷やさないようにするためのシステムです。

夏モードはこの逆です。

冬モードは外気温が25℃以下の日が5日以上続くと、自動的に切り替わります。

 今までは、冬モードになるのはだいたい9月10日頃だったようです(千葉県で)が、

この長野市で今年9月も末ですから、随分温かくなっているんですね。

とはいえ、16日~18日の連休までは寒い日が続いたり物凄く暑かったりして、台風15号から

いきなり涼しくなりました。

お彼岸の頃には本当に涼しくなるもんですね・・・。

最近は朝寒いくらいですよね。

そろそろ、コタツの欲しい季節になってしまいました。

温かさがちょっと恋しい季節です。

DSCF17316月

冬モードから梅雨モードへ

DSCF18587月

夏モードへ

冬から持ち越されて床下にたまった冷気を建物内に循環させます。

DSCF19929月

夏から冬モードへ

天井の温まった空気は床下へ放出され、床下の基礎コンクリートに蓄熱されます。

わずかな熱ですが、これにより建物下が冷え込んで来るのを防ぎます。

このように、わずかな地中の熱を利用するのですから、その熱を逃がさないように、外断熱の気密性の高い家にする必要があるのです。

「地中熱と太陽光の家」は今年2回目の冬を迎えようとしています。

床下の地中の温度はどのように推移していくのでしょうか・・・。

一覧へ戻る