国立長野高専の教授が「地中熱の家」に来館!

2011.02.25

2月22日(火)晴れ

先日テクノ財団の方がこの「地中熱と太陽光の家」に大変感動して下さり国立長野高専の熱の研究を専門にしている教授をご案内して、ご来館くださいました。天気はよく室内は20℃以上もあり早速、地中熱測定システム(エコシステム)を見ていただきました。

DSCF1888 DSCF1887

「今日は居室があったかいのでかえって床下に熱が移動しているのではないかな」

「そうです、温かい時はその熱も床下に取り込み、冷えてきたらその熱を使いますので、できるだけ昼間の熱は家の中に取り込んで欲しいのです」

「この熱の取り方は伝導100%と理解して、熱伝導率の問題がありますよね」「意地悪に聞こえるかもしれないけど、たとえばこの発想が正しいと思うし、理解もできますが、両隣りに家があった場合、熱の入り方は影響を受けますよね」

「それは多少あるかも知れません。でも全体的に見れば地面は広いですから、そう大きな問題では無いと思われます・・」 「なるほどね・・ 」

「地下1mとの温度差は熱が伝わりにくいから温度差があるんです。熱を取る時、効率をよくするには、床下のコンクリートの表面形状を変えてみるとか、鉄筋えを入れることによって、更に温度が上がりますよね、コンクリートの表面積を多くしてみるとか・・おもしろいですね」

「でも、鉄は腐食するので無理かと思いますが・・・」

「そうですよね、なにかもっと熱伝導率がよくて耐久性のいいコンクリートがあればいいんですよね・・」「地熱の取り方は色々な方法を見て来ましたが、一般家庭にはやはり費用のかからないのがいいですよね!」

DSCF1052《2階ロフト空調室》

DSCF1217《施工中》

空調室を見て・・「いいよ!いいね~、ここまでやるかね・・・(笑)」

「これだけ出来上がっているのならもう少し時間をいただいて・・・」

地中熱住宅第1号建設の話がでて、「そうですか、よかったですねー、そうしてお客さんに口コミで宣伝していただいて成功させてもらってね!応援しますよ!」・・・と財団の方。

いろいろな発想が次々提案され、目からウロコの半日でした。今後更に研究して、多くの皆さまに理解していただき、このような自然エネルギー活用の家が当たり前になって行くことを願っています。

一覧へ戻る