冷暖房の効率を自然エネルギーは補助します。

2015.10.16

これからの住まいは創りは、

自然エネルギー設備の導入は

必須に成ります。

気密性能や断熱性能が良くなりますと

冬、暖房機を止めた後でも、

急に冷え込んで来る事も無く

蓄えられた熱によって、

暖かさは維持しております。

又、昼間の強い日差しを

窓等から室内に取り込む事

(自然エネルギー利用)によって、

室内で空気循環をしていると、

その熱も蓄えられますので、

コスト面でも

かなりお得に成ります。

しかし、室内の温度を

一旦下げてしいますと、

又最初から

全ての物を暖める事に成りますので、

その分時間と光熱費の

コストがかかります。

蓄熱性を高め

一定の温度を保つ為には、

24時間暖房する事が

望ましいのです。

暖房を24時間していますと、

どうしても室内が

過乾燥に成りますので、

内装壁の仕上げ材に

調湿機能付きの物が有りますので、

その様な材料で

仕上げますと、

湿度調整もある程度は

出来ますが

場合によっては

加湿器も必要に成ります。

冷暖房機から吹き出す風は、

冬の暖房の場合は

どうしても暖かい空気が

上昇気流によって

上の方に行ってしまいますので、

足元周りが寒く

暖かさが余り感じませんので、

足元周りを

暖かくする事が大切です。

夏の冷房は

冷たい空気は

自然と下にきますので、

そのまま涼しさを

感じる事が出来ます。

では、

気密性も断熱性も

良い家は夏は

どうなんでしょうか?

夏は冬とは逆に成り、

窓などから入った熱は

なかなか外に出ませんので

非常に暑いため、

朝夕の涼しい時間帯に

窓を開けて

出来るだけ涼しい空気を取り込み、

昼間の暑い時間帯は

窓を閉め切り

出来ればヨシズなどを張って、

直射日光を避ける

必要が有ります。

この様な事を

知ったうえで

生活をして頂く事が

大変重要です。

長野市を中心に東・北信地域で再生可能エネルギー・自然素材を使って省エネ改修等も行う

タイガハウス

一覧へ戻る