お客様から頂いた嬉しいハガキ

2013.01.16

暮れに1通の絵葉書が届きました。

1年前に「地中熱と太陽光の家」に建て替えさせて頂きました

千曲市のAさまからでした。

DSCF3738昨秋、我が家に孫が誕生したことを当社「通信紙」で

知ってお祝いのお便りを下さったのでした。

読み進んで行くうちに、とてもありがたく

うれしい気持ちになりました。

〈全文〉

暮れもおしせまりあわただしい毎日です。

ご無沙汰しておりますが、お孫さんも無事誕生、お喜びのことと思います。

家族がふえることは何よりもうれしいことです。

おめでとうございました。

私どもも新しい家に住み一年が過ぎました。

夏冬通して住みごこちの良さを 実感致しております。

特に寒い冬の今は最高です。

 

大賀さんに出会えて本当に良かったです。

ひまを見てお出掛下さい。

A様は、子供さん達もそれぞれご家庭を持ち、現在はご夫婦2人だけの生活です。

ご夫妻の「終の棲家」を、との思いで建て替えを決意されました。

「年金暮らしの生活を豊かに暮らすためのいい家が欲しいの・・・」と

かなり「家」について勉強なさったようです。

その結果、外断熱の高気密住宅で光熱費のかからないあったかい家にしようと、

当社のモデルハウスにお出で下さいました。

「普段誰もいないモデルハウスだからきっと寒いだろう」と

防寒対策をしっかりしてお出かけになったようです。

お帰りにはコートも忘れて行くところで、みんなで大笑いしました。

初めてお会いになってから、そろそろ2年になろうとしています。

先日お邪魔した時、一年間の電気代の収支を頂きました。

A様はこの結果に、驚かれそして大満足のご様子でした。

地中熱住宅とは、言葉や文章ではなかなかお伝えできない部分があります。

タイガハウスにご興味のある方に、この空気感を体感して頂きたいと考え

只今、OBお施主様のお宅訪問を検討中です。

チョット欲ばって、新築されたお宅と断熱改修されたお宅と両方、お許しを頂けると更に

ありがたいな、と思っております。

詳細は追ってイベント情報でお知らせ致します。

OB施主様の、大賀も知らない本音を直接お聞きき下さい。

一覧へ戻る