えっ、地中熱ってこんなにあるの!!

2010.11.04

11月4日(木)朝のうちは冷え込みました。                   

雲の無い暖かで穏やかな日になりました。

CIMG0765見学会と新聞記事のことで、電話の多い1日です。

社長の友達も訪ねてきました。6日のセミナーの予約を受けました。

会社は昨日の代休ですが、モデルハウスに案内しました。

追いかけて又2名のセミナー予約を受けました。

今日の地中熱は、午後2時~3時で外気温、

北側16.8度

南側19.1度

室内、床下19.6度

居間20.8度    

地下1m 19.4度

  2m 19.5度

  3m 21.4度

  4m 22.5度

  5m 21.5度 ←この温度は地下水の関係で多少低くなっていると推測されます。

でも驚きです。地下の熱がこんなに高くて、それを利用する側は「すご~い!」と言って

手をたたいてみるのですが・・・・喜んでばかりもいられないような気になってきました。

ここに長野県の1944年~1948年の地下温度のデーターがあります。

特定した場所は定かではありませんので、一概に言えませんが

地下5mで約15.5度位ですので、約6度~7度、高くなっていることになります。

地球の温度がそんなに上昇しているなんて・・・

地熱センサーを見るだけでそんなことが解ります。

これからもデーター収集していきますが、この冬の過ごし方を考えさせられました。

長野の地中熱

一覧へ戻る